リッチェル、ピジョン。ママたちが買ったおすすめの「ベビーマグ」

毎日育児に奮闘していると、いつの間にかわが子がいろいろなことをできるようになってきますよね。離乳食が始まると、母乳やミルク以外の飲み物も少しずつ飲ませるように。そろそろストローの練習をさせたいと思いつつ、どんなマグを使えばよいか迷っているママもいるのではないでしょうか。今回は、先輩ママたちが実際に使っているベビーマグを感想とともに紹介していきます。どんなものがよいか、参考にしてください。

PIXTA

ストローの練習をさせたい。でもどんなマグを使うか決められない…

子育てグッズはさまざまなメーカーから数多くの種類が出ており、どれにするか迷ってしまいますよね。月齢によっても使うものが変わっていくため、どんなふうに選べばよいか迷っている方もいるのではないでしょうか。実際の使い勝手なども気になるところです。

あるママから、ママリへこんな投稿がありました。

飲み物を飲む練習で、スパウトを使っていたんですが落として壊れてしまいました😅
9ヶ月になるので、ストローに移りたいんですが、まだ上手に飲めないし、今更ながらどんなマグが良いか悩んでいます。
皆さんはどんなマグを使っていますか..??
使っていておすすめのマグがあったら是非教えてください
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今まで使用していたマグが壊れてしまい、これをきっかけに新たなステップへの挑戦もさせたいママからの投稿です。ストローを使えるようにさせたいけれど、まだ上手に飲めないので、どんな物がよいか悩んでいるようですね。

ママたちのおすすめグッズはどんなものでしょうか。いくつか紹介していきます。

ママたちのおすすめはどれ?

ストローを飲む練習のために使わせたいと思うものの、なかなか購入の一歩が踏み出せないママへ、実際に他のママたちが使ってみたマグや、感想をまとめてみました。

それぞれいろいろな特徴があるので、これからマグを使おうと思っているママも参考にしてみてください。

ストローの練習をさせたいママや、今使ってるもの以外にどんなマグがあるか気になるママも必見です。

リッチェルのストローマグ

ストロー PIXTA

リッチェルのストローマグ(蓋を押したら中身が出てくるもの)から始めました!
今は蓋を押さなくても上手に飲めますよ😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
いきなりストローマグを使って、2日でマスターしましたよ!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

いきなりストローを練習させるのに不安があるママにおすすめなのが、リッチェルのストローマグ。ふたを押すと飲みものが出てくる作りになっていて、吸うのに慣れていない子でも飲める仕様になっています。

吸うことを認識させるのに、まずはこちらで慣れさせるのも良さそう。コップとしても使えるようになっているので、ストローをマスターしたあとでも活用することができますよ。

リッチェル アクリア いきなりストローマグ セット

リッチェル アクリア いきなりストローマグ セット (リッチェル ストローマグ カップ リッチェル いきなりストロー)

倒してもこぼれにくい作りになっているストローマグ。ふたを押すと中身が出てくる仕様で、初めてのストロー練習に持ってこいな一品です。

ハンドル付きで、子供の小さな手にもなじみやすいですよ。

ピジョンのマグマグシリーズ

ストロー PIXTA

うちはPigeonのマグです。でも同じ月齢の子ですが、まだ男の子の方はまだストロー上手く使えません
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
Pigeonのマグマグです。蓋ができるので水筒代わりに持ち歩いています。家ではストローの前にコップ飲みを練習させたので普通のコップとマグマグと半々の利用です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
離乳食始めたと同時にピジョンのストローマグで飲ませたら1週間ほどで上手に飲めるようになりました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
ピジョンのマグで5日ほどでストロー使えるようになりました(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ストロー部分も含めてふたができるタイプは、持ち運びに便利という声が多くありました。外出中、出先で飲み物を飲ませたいときにピッタリですね。

いずれは飲めるようになるからと、ストローの時期まで練習マグを使わなかったというママの声も。個人差はあるものの、早い段階でストローを使えるようになったという子供もいるようですね。

無理に練習させず、まずは使ってみるという方法もあるようです。

ピジョン マグマグ セット

ピジョン マグマグ セット

3ヶ月から使用できるマグマグベビーから、8ヶ月頃から使えるマグマグストローまで、時期に合わせて四つの飲み口と三つの取っ手を付け替えられるマグセットです。

マグの底にはシリコンゴムがついており、テーブルに置いても倒れにくい仕様に。同じマグで飲み口だけが変えられて長期間活用できますよ。

コンビのテテオ

ストロー PIXTA

パーツごとに買い替えしたかったので、コンビのテテオを使ってました!
ストロー噛み噛みしたい年頃でもストローだけなど買い替えができたのと、コップの練習などのものとフタだけ付け替えて長く使えたので良かったです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
コンビ のテテオ使ってました。
スパウトの時から使っていて、そのまま飲み口変えてストロー、直飲みと使い続けました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ストローだけを替えられるなど細かく分解ができるのは、衛生面や使い心地などの面でうれしいですね。さまざまなアイテムがセットになっているので、時期に応じて長く使えそうです。

子供が使いやすいかどうかもきちんと考えられているので、気に入ってくれるかもしれません。

コンビ テテオ パーティーマグ 離乳ナビセットNeo

コンビ テテオ パーティーマグ 離乳ナビセットNeo

パーツごとに付け替えられるので、成長に合わせた使い方ができるとママから人気のセット。お出かけ用に便利な300mlの大容量サイズや、持ち運びに便利なストラップも付いています。

持ち手や飲み口がななめに傾いたデザインで、飲みやすい作りに。

コンビのラクマグ ストローマグ

ストロー PIXTA

コンビのストローマグで1日で飲めるようになりましたよ!
上の子も普通のマグで飲めるようになりました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

コンビのストローマグだけでもうまく飲めるようになったというママの声もありました。ラクマグはデザインがいくつかあり、かわいらしくポップで気分が上がりそうです。

子供がマグを気に入ってくれたら、意欲的に練習してくれるかもしれませんね。

ラクマグ はじめてストロー(マリン)

ラクマグ はじめてストロー (マリン)

くわえるだけで飲み物が出る作りのマグ。新形状のストローを採用し、4ヶ月頃から使用することができます。

その後も5ヶ月、6ヶ月と、成長に合わせて飲み口だけ変えることが可能。お気に入りのボトルを長い間使うことができます。

西松屋のマグ

ストロー PIXTA

西松屋のスパウトとストローが一緒のマグ使ってます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2人目だったので手頃なものを探していたら西松屋が販売しているマグがあって、安くて使いやすくてオススメです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お手頃価格が人気な西松屋のマグも、使いやすそうなものがいくつかあるようす。低価格のものをまずは使ってみたいというママにおすすめです。

スパウトとストローが一緒になっているものなどバリエーションがいくつかあるようなので、お子さんにはどれが良いか店舗で比べてみると良さそうです。

安いのに使いやすいと高評価! 一つは持っておきたい「西松屋の離乳食アイテム」10選

関連記事:

安いのに使いやすいと高評価! 一つは持っておきたい「西松屋の離乳食アイテム…

生後5〜6ヶ月から始める離乳食、初めての方は楽しみであるとともに何から準…

ストロー付きの紙パック

赤ちゃん PIXTA

うちはマグで飲むことができなかったので、パックで練習しました!
押して中身が入ってるのを教えてあげて、そのあとは口に咥えさせて中身を押してあげたりしたら、
3本目で飲めるようになりました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
紙パックの麦茶で飲むときに押してあげたらいつのまにか飲めるようになりましたよー!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ストローを使うコツがなかなか習得できていない場合、いきなりマグで挑戦するのではなく、紙パックのストローで少し練習するとよいという声も。

まずはストローを使えるようになってから、マグの購入を考えるママもいるようですね。

子供に合わせ、相性のよいものを選ぼう

ストロー PIXTA

せっかく買ってもうまく使えなかったり、意外と使いこなせてしまいちがうものをすぐに買い直したりなど、子供によって相性のよいものはさまざま。

紙パックのストローを使わせてみてまずはようすを見るママや、付け替えて使えるようにセットを購入するママなど、子供のようすを見てじょうずに選んでいるようですね。

月齢や周りの子を気にしすぎず、子供が使いやすそうなものをママが見極めてあげてください。お気に入りの一品が見つかりますように。

おすすめ記事

「おすすめ」「ベビーマグ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧