お料理が上手になる方法って?誰でも上達できる基本のコツを大公開

冷蔵庫に残っているものでパパっとおいしいお料理を作ったり、レシピ本を見なくても目分量で作れちゃう人って憧れませんか?実はお料理上達にもちょっとしたコツがあったんです!レシピが覚えられない…。お料理が苦手…。というママ必見!これさえ押さえればお料理上手になる、お料理上達のコツを7つご紹介します。

PIXTA

料理上達のコツ

皆さんお料理はできますか?出来るかと聞かれたらまあできますよ、という方が多いのではないでしょうか。では、お料理上手ですか?と言われるとどうでしょうか?

自信を持ってハイ!と言われる方は少ないかもしれません。

お料理が上手な方は冷蔵庫にあるものでチャチャッとお料理したり、レシピ本を見なくてもお料理したり出来ます。さらに自分でレシピを考えたりなんて方も。

お料理上手な人はどうやってレシピを覚えているんでしょうか?実はレシピを覚えているのではないようです。では、なぜお料理が上手なのでしょう。

お料理が上手になるためのコツをいくつかご紹介します。

料理上達のコツ①料理の基本を覚える

調味料 PIXTA

お料理が苦手な方は、いつもなんとなく作っていて、お料理の基本を知らないという方が多いです。お料理には基本があります。

きちんとした出汁の取り方、下ゆでの必要なもの、野菜の切り方など基本をとばして作ってもおいしいものにはならないかもしれません。

美味しい調味料のは配合などを一度覚えておくと便利かもしれないですね。こういった料理の基本を書いた本もありますので、1冊あると重宝します。

料理の基本BOOK

いまどきの料理の基本 だれでもおいしく作れる [ 瀬尾幸子 ]

包丁の使い方から調理法別のポイント、下ごしらえのコツなどお料理の基本が実際のお料理と共に紹介されています。

料理上達のコツ②食材の大きさをそろえる

食材の大きさをそろえるのも大切です。なぜなら味付けや火の通りが均一にならないからです。

火の通りが均一にならないと、煮崩れをして見た目が悪くなってしまったり、食材が固くなってしまったりしますよね。

これができれば、レシピ通りに作ってもうまくいかないということは少なくなります。

料理上達のコツ③何度も作る

調理 PIXTA

とにかく何度も作ること。それが大事なんですが、家庭料理を何度も作っているとすぐに飽きてしまいます。

ですので、レシピを覚えるのではなく、お料理の工程を覚えるようにしましょう。意識して作っていると実はほとんど似たような工程であることが分かってくると思います。

そうすると同じ料理を何度も作らなくても毎日違う料理で覚えることが出来ます。たくさん作ることでその工程を覚えるようにすると良いです。

料理が苦手でも大丈夫!簡単に美味しく作れる、お弁当のおかずベスト7

関連記事:

料理が苦手でも大丈夫!簡単に美味しく作れる、お弁当のおかずベスト7

多くのママが日課となっているパパやお子さんへのお弁当作り。限られた時間…

料理上達のコツその④たくさん失敗する

失敗してしまうと覚えます。次からそれをしないようにすれば正しい工程が身に付きますよね。

失敗しなければなぜこういう作り方をするのか分からずに丸覚えすることになります。

理由が分かれば必ず気を付けますのでその都度覚えればいいんです。どんどん失敗しましょう!

料理上達のコツその⑤出来上がりをイメージする

料理 PIXTA

同じお料理でもレシピ本によって入れるものや分量が違ったりします。これだとお料理初心者の方には何を信じたらいいのか、どう作ったらいいのか迷ってしまいますよね…。

とにかく出来上がった料理の味をイメージしておくのが大事です。味付けをしたら必ず味見をします。

その時に調味料の味を知っておくことも必要です。砂糖や塩ならすぐにわかると思います。では酒やみりんは分かりますか?

少しきりっとした味にしたい場合は「酒」を足します。逆に少しまったりとした味にしたい場合は「みりん」を足します。

また、何か足りないけど何かわからないという場合は塩が足りない場合が多いですよ。ちょっと足して味見してみましょう。

料理上達のコツその⑥外食をして味を知る

お料理初心者さんはまずお料理の味を知ることも大事です。外食することで食材の切り方や盛り付け方なども意識して見るようにしましょう。

ただ外食を楽しむのではなく、学ぶ意識で外食をしてみましょう。

味を知っていれば作ってみようと思えますよね。全く同じ味ではなくても似たような味に近づけられたら上出来です!

料理上達のコツその⑦目標を持つ

料理以外でも同じことが言えると思いますが、自分はこうなりたいという目標を持つことも上達の秘訣です。「お料理上手になりたい」など大雑把に目標を立てても目標には近づけません。

包丁づかいがうまくなりたいのに、ぼ~っと切っていては上達しません。具体的な目標たとえば「包丁で千切りを細く切れるようになる」など小さな目標を立てて「今日はこの量を何秒で切ろう」など日々努力することが大事なんです。

レシピ本に頼ってしまう人は見ないで作ってみる。おいしく出来ると自信にもつながりまた頑張ろうという気にもなりますし、失敗したらそれも勉強の一つでどうしたらうまくいくのか考えるきっかけになります。

上手に効率良くおいしい料理を作ろう!冷凍食品アレンジ法10選

関連記事:

上手に効率良くおいしい料理を作ろう!冷凍食品アレンジ法10選

家事や育児で毎日忙しいママ。少しでも効率良く家事を済ませたいものですよ…

愛情も忘れずに

料理 PIXTA

いかがでしたか?

お料理って奥が深いですが、ちょっと分かるととっても面白くなってきます。

ただレシピ本に書いてある通りにボーっと作っていても覚えられませんが、同じレシピ本を見て作るにしても、これとこれを入れるとこんな味になるっていうのを意識して作ることで覚えることが出来ます。

その時これが大さじ1で・・・なんて分量を覚えるのではなく味を覚えるようにしましょう。

でも、結局はおいしいものを大好きな人たちに食べてもらいたいという気持ちが一番大切ですね♪愛情のおまじないでおいしさも1.5倍増しです♡

今話題の記事

「料理」「上達」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧