沖縄在住、30歳でマンションを購入!マンションはメリットが沢山!?

30歳でマンションを購入した我が家。会社員の夫、専業主婦の私、4歳と2歳の4人家族。2匹のペットも飼っています。賃貸暮らしと家賃が変わらないというマンションのキャッチコピーに惹かれ購入を決意しました。この春からマンションで新生活が始まります。マンションのメリットや、私達が購入する際に注意した事などをお伝えします。

マンションを購入したいきさつ

30歳目前のある日。夫とそろそろマイホームが欲しいね!なんて話していました。結婚8年目、2人の子供たちが小学校にあがる前には決めたいなぁ。ぼんやり思っていました。

家族構成は、以下の通りです。

  • 夫:30歳
  • 私:30歳
  • 長男:4歳
  • 次男:2歳
  • ペット2匹:ダックス、チワワ

理想のマンションに出会いました。

  • 小学校から徒歩5分
  • ペット可
  • 2面ベランダ
  • 今までの家賃と支払いが変わらない

わたしたちの理想的なマンションをネットで見つけたのです。早速マンションの展示場に行きお話を聞きました。

マンションの支払いでかかる費用

新築3LDKマンションで、価格が2200万。金額の安さに驚き、これなら手が届くと思い即決しました。年収約400万の我が家の場合。月々の支払い5万円、ボーナス払い10万円で購入できるとのこと。

ちなみに50万円ほど諸経費で頭金の代わりに要ると言われました。(銀行、不動産へ支払うお金、マンションの修繕積立金など)

それ以外はローンで組みました。月々の支払いを少なくするには、頭金を入れると楽になります。

購入した地域は、沖縄県です。マンションより一軒家のほうが人気ですが私たち夫婦はマンションの良さにひかれました。

マンションのメリットとは??

マンション

私が思うマンションのメリットは、防犯面に優れていることです。セールスや、知らない人をチェックして居留守を使うこともできます。

一軒家だといるかいないかすぐ分かるのでマンションのインターホン機能はとてもありがたいです。また、マンション内でコミュニケーションがとれるのもいいなぁと思いました。

集合住宅なので、一人っきりではない、安心感が得られます。

間取り変更も可。

3部屋あったのが気に入って購入しましたが、購入した部屋の向きが北東で暗さが気になったためリビングと隣の部屋の壁を取り除き、2LDKにしてみました。

リビングにキッズスペースを作り子供たちが遊べるようにしたいと計画しています。新築マンションは間取りが変えれないと思い込んでいたのですがそんなことはありませんでした。

間取りを変えることで悩みましたが、住んでみて元の間取りに戻すことも可能とのこと。入居はまだのため室内はまだ見ていないのですが内部の様子を見るのがとても楽しみです。

最近はペットも飼える。

ダックス

ペットブームが続き、ほとんどのマンションがペット可で売り出してるそうです(沖縄県の場合)

小型犬2匹を飼える物件って結構限られてくるんです。私たちのペットのダックスとチワワが飼えることが重要ポイントのひとつでした。

そして、ペットを飼っている世帯には助かる広めのベランダ。ベランダで日向ぼっこもできます。

立地がいい

よく言われるのがマンションは立地が命。駅に近いことがよくあげられるかと思います。

今回選んだ地域は、コンビニもスーパーも小学校も徒歩5分圏内にあり高速道路からも車で10分以内とアクセスが非常に良いです。

沖縄県内どこにもすぐ行ける立地。とても気に入っています。

庭の手入れがいらない

ガーデニング

庭いじりが好きな人にはマンションは向かないかもしれませんが、私も夫も庭いじりに興味がありません。

お花は好きですが・・・。雑草を抜いたり、虫の駆除に困ったりするのはマンションでは少ないかと思います。

マンションを選ぶ際に気を付けたこと!

マンション

  • 小学校まで歩いて10分以内
  • ペット可
  • 交通アクセスがよい
  • 近くにコンビニ、スーパーがある

徒歩で学校にいける距離は、子供の安全面も考えて小学校から近いマンションが最重要ポイントでした。また、ペット可で、小型犬2匹飼えることも!

また、沖縄は車社会で、どこに行くにも車が必要なのでアクセスがいいところ。マンションから歩いてすぐにスーパーやコンビニがある便利なところ。

これらを満たしたのが私たちが購入に至ったマンションでした。

春からの新生活の期待。

桜

新しいマンションで過ごす初めての春が近づいてきています。

長男は、幼稚園年長さんになり徒歩で幼稚園まで登園することになります。今までは車で他区域から登園していました。

人生で一番大きい買い物を一目ぼれの即決という形で決めましたが、世帯収入で無理のないローンを組めたのがとてもよかったと感じます。

これから長い付き合いのマイホーム。あなたも素敵なマイホームに出会えますように!

「マンション」「マイホーム」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!