子供の養育費の平均はいくらくらい?生活費と幼稚園から大学までの教育費など、かかる費用の内訳

赤ちゃんが生まれてから大学卒業の22歳まで、その間にかかる養育費はなんと3000万円にもなると言われています。しかし、公立や私立・短大や4年生大学などではだいぶ値段も変わる様です。今回はその平均について紹介します!

養育費とは

養育費とは、我が子が社会へ出て自立するまでに必要なお金のことです。

そして、子育てには「生活費」と「教育費」の両方が必要となってきます。

子供の生活費はこのくらい

子供一人当たりにかかる、産後から22歳までの生活費の平均は以下の通りです。

  • 食費:約670万円
  • 衣料費:約141万円
  • 医療費・理容費:約193万円
  • お小遣い:約451万円
  • 子供の私物代:約91万円

平均で合計約1549万円となっておりますが、同居であったり兄弟の有無であったりと、生活背景により多少前後します。

子供の教育費はこのくらい

こちらは、一般的に子供一人に対して約1500万円が必要であるといわれています。

以上より、生活費と教育費を合わせて「約3000万円」が子供一人を養育するうえで必要となります。

教育費について次のセクションで詳しく紹介します。

教育費の内訳

教育

では、今度は教育費に関してのみスポットを当てていきたいと思います。

教育費となると、今度は私立と公立で大きな格差が出てきますね。ここでは私立・公立ともにいくらかかるのか、比較しながら見ていきましょう。

幼稚園の費用

  • 公立:三年間の総額…約66万2340円(一年あたりの平均…約22万780円)
  • 私立:三年間の総額…約161万918円(一年あたりの平均…約53万6973円)

公立と私立では年間「約30万円」、3年間では、「約90万円」の差が生まれてきます。

小学校の費用

  • 公立:六年間の総額…182万1397円(一年あたりの平均…30万3566円)
  • 私立:六年間の総額…881万687円(一年あたりの平均…146万8488円)

小学校ではなんと、年間「約110万円」6年間では、「約660万円」の差が生まれてきます。

中学校の費用

  • 公立:三年間の総額…137万9518円(一年あたりの平均…45万9839円)
  • 私立:三年間の総額…383万9621円(一年あたりの平均…1279874円)

中学校になると、年間「約80万円」3年間では、「約240万円」の差が生まれます。

高校の費用(全日制)

  • 公立:三年間の総額…117万5267円(一年あたりの平均…39万1756円)
  • 私立:三年間の総額…275万5243円(一年あたりの平均…91万8414円)

高校生になると、年間「約50万円」3年間では、「約150万円」の差が生まれます。

大学の費用

ここでは「入学費」+「在学費」の合計金額を示していきます。

  • 短大:約381万4000円
  • 国公立大:約516万3000円
  • 私立大学(文系):約688万円
  • 私立大学(理系):約803万3000円

短大では約400万円、公立大学では約500万円となりその差はあまりない様に見えますが私立大学ともなると一気にかかる費用は跳ね上がります。

また、一番高額な私立大学の理系では、約800万円と、短大と比較すると400万円も違ってくるのですね。

その他の費用

その他の費用として、学習塾や予備校、家庭教師等に費やす教育費があります。こちらは、公立・私立ともに幼稚園から大学までの間に70万円~125万円程度かかるといわれています。

将来のためにコツコツと!

全て公立に進んだ場合でも、教育費だけでも約1000万円は超えてしまい、それが私立であった日には教育費だけで約3000万円もの費用が一人当たりにかかることとなります。


そして、お子さんの数も2人3人と増えればかかる費用もそれなりに増えてくることとなります。

将来を見据えて、今のうちからコツコツと貯金をしておくことは大切ですね。

「養育費」「平均」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!