ガスコンロに火がつかない時の原因と確認しておくべき項目

主婦にとって、ガスコンロはほぼ毎日使うものですよね。毎日使っていれば、ガスコンロがうまく点火しないことや、点火しても火が消えてしまうといったケースがあると思います。ガスコンロまわりやガスメーターを正しく確認するだけで、不調の原因がわかるかもしれません。確認すべき項目を9つと、ガスコンロが不調になってしまう原因の一つ「吹きこぼれ」を防止することができるアイテムをご紹介していきます。

PIXTA

ガスコンロに火がつかなくなったとき確認すべき9つの項目

ガスコンロに火がつかない時にどんな場所を確認するべきかご存知ですか。異常を発見した際、ガスや火が関わるため、慌ててしまいますよね。

まず確認しておくべき項目を9つ紹介していきます。確認する際には、しっかりとスイッチをオフにしてから、確認するようにしましょう。

1.ガスソフトコードは折れていませんか?

ゴム 管 PIXTA

ガスソフトコードとは、ガス栓とガスコンロをつなぐためのゴムホースのことを言います。このコードが折れている場合、ガスコンロにガスを供給できなくなってしまうため、火がつかなくなります。

コードが折れていたら、ガスが供給されるように直しましょう。

2.乾電池は切れていませんか?

電池 PIXTA

乾電池を使用しているガスコンロは、消耗した時に新しい電池に取り替える必要があります。ガスコンロによっては、お知らせサインや電池交換ランプなどがあるため、ランプが点滅・点灯している場合には、すぐに電池を取り替えるようにしましょう。

また、点火ボタンを押した時には火がついても、離した際に火が消えてしまうという時には、電池が消耗している可能性があります。

3.バーナーキャップはきちんとセットされていますか?

コンロ PIXTA

バーナーキャップとは、ガスコンロの中央に取り付いている部品のことを言います。コンロ本体から取り外し可能な部品で、バーナーキャップがずれていたり、指定の向き通りに取り付いていなかったりしますと、火がつかない場合があります。

正しい向きでバーナーキャップを取り付けましょう。

4.バーナーキャップは濡れていませんか?

コンロ PIXTA

バーナーキャップが濡れてしまいますと、立ち消え安全装置が付いているガスコンロの場合、点火ミスや漏洩事故などを防ぐために、火がつかないことがあります。濡れてしまう原因として、鍋の外側が濡れている状態でコンロに置くことや、吹きこぼれなどが考えられます。

バーナーキャップは、常に乾いた状態にしましょう。

5.コンロに鍋などを置いていますか?

鍋 PIXTA

鍋なし検知機能付ガスコンロの場合、鍋を置いていないとコンロは点火しません。また、点火後に鍋をコンロから離しますと、安全のために火が弱まり、一定時間後に消火するものもあります。

鍋を置いてから、コンロを点火してみましょう。

6.ガス栓が閉まっていませんか?

ガス栓 PIXTA

ガス栓が閉まっていますと、ガスが供給されないため、火がつきません。うっかり忘れてしまうことがあると思いますが、ガス栓のチェックをマメにしますと、安全に火を使うことができます。

ガスを使用する時は、ガス栓を開けましょう。

7.ガス機器が故障していませんか?

ガス PIXTA

他のガス機器が使えた場合や、上述の項目がすべてクリアしている中で、火がつかない時は、ガスコンロが故障している可能性があります。ガスコンロのメーカーやガス会社にお問い合わせして、交換もしくは修理などの対応をしましょう。

8.ガスメーターの元栓が閉まっていませんか?

ガスメーター PIXTA

ガスメーター下部に接続している左側の鉄管にあるものが、ガスメーターの元栓です。ガスメーターには、電気のブレーカーと似たような機能があります。異常なガスの使われ方がされている疑いがある時や、大きな地震が発生した非常時には、自動的にストップします。

異常がなければ、ガスメーターの元栓を開けましょう。

9.ガスメーターのランプが点滅していませんか?

ガスメーター PIXTA

数値メーターの上部にある丸いものがランプです。ランプが点灯していた場合、すべてのガス栓とガス機器を止めて、左側にある黒いキャップを外し、復帰ボタンを奥まで押して、すぐに指を離しましょう。そうすると、ランプが点滅しますので、ガス漏れがないかを確認します。ボタンを押してから3分ほど経ちますと、ランプの点滅が消え、ガスが使えるようになります。

ガスコンロに火がつかない原因となる吹きこぼれを防ぐアイテム3個

吹きこぼれ PIXTA

バーナーキャップが濡れてしまったり、汚れてしまったりする原因の一つに吹きこぼれがあります。吹きこぼれを防ぐことで、バーナーキャップが綺麗に保つことができ、火がつかないなどの不具合を防ぐことができます。

けれど、調理中に子供が泣いたり、危ないことをしたりした時など、どうしても中断しないといけない時がありますよね。そんな時に便利な吹きこぼれを防止するアイテムを3つご紹介していきます。

1.対流効果を活かした吹きこぼれにくい鍋

吹きこぼれにくい鍋 カクセー

電磁調理器、ガスコンロ、どちらでも使用可能の両手鍋です。飽きのこないシンプルなデザインで、お手入れしやすいステンレス製です。直径24cmで対流効果を利用した吹きこぼれしにくい形状となっています。

ガスコンロの場合は鍋の内側に対流が発生し、IHヒーターの場合は鍋の外側に対流が発生します。そういった対流効果を活かした形状の鍋です。

パスタなどを茹でている時に、丁度良い茹で時間に達することなく、吹きこぼれが起きることってありますよね。アイテムを取り付けることなく、吹きこぼれを防ぐことができる便利な鍋です。

2.鍋底に置くだけで吹きこぼれを防ぐ!なべぞこくん

吹きこぼれ防止器 なべぞこくん

ゆで汁などの吹きこぼれを鍋底に置くだけで防止することができる便利なアイテムです。スパゲティーやそうめん、うどんなどの麺類をゆでる時にご使用できます。

使用中の鍋に入れるだけで吹きこぼれを防ぐことができます。なべぞこくんがコトコト上下に動き、大きな泡が生まれますが、細かい泡となり、吹きこぼれがありません。

お気に入りの鍋や、色々なサイズの鍋を同じデザインで統一している人も、鍋を変えることなく吹きこぼれを防ぐことができます。

3.アク抜きや蒸し料理にも!吹きこぼれを防止する鍋フタ

吹きこぼれ防止鍋ぶた コモライフ

吹きこぼれないシリコン製のフタです。通常のフタの代わりに使い、吹きこぼれを防止します。アクも取り除くことができ、シリコンスチーマーとしても使うことができます。鍋の中は煮物、フタの上で蒸し料理といった2段調理という方法も可能です。

吹きこぼれを防止する以外にも使い道が色々とあるシリコン製のフタです。これ一つで煮物も蒸し料理もできるため、洗い物も増えずに、時短にもなります。

また、ガスコンロが少ないご家庭も、一つのコンロで二つの調理を進めることができるため、便利です。

いくら確認しても直らない!そんな時に連絡すべきところは?

業者 PIXTA

さきほどご紹介した9つの項目を確認しても、火がつかなかったり、ガスコンロ自体が故障していたりした時は、使用中のガスコンロメーカーにお問い合わせしましょう。

多くのご家庭で使われているガスコンロのメーカーとお問い合わせ方法をご紹介します。

リンナイ

ガスコンロ PIXTA

リンナイは、家庭用ガスコンロ、給湯器などのガス製品を主に製造しているメーカーです。お客様サポートから365日24時間、修理の受付をしています。

修理には、部品代と工賃、出張費が必要となります。部品代と工賃に関しては、修理する箇所によって変わります。出張費に関しては、20kmまでの場合は2,500円程度となっています。

もし、原因がわからない場合などは、平日の9時から18時30分、土日祝日の9時から17時に、相談することもできますので、一度ご連絡してみると良いかもしれません。

リンナイ お客様サポート

パナソニック

ガスコンロ PIXTA

パナソニックの修理サービスには4つの種類があります。電話やFAXで修理のお申し込みができますが、インターネットでも簡単にお申し込みができます。

パナソニック修理サービスを使いますと、インターネット上で修理前にある程度調べることができます。以下がお申し込みの流れです。

  1. 製品品番と保証書を確認する
  2. 修理のお申し込みページに製品品番を入力する
  3. 修理サービスタイプを選択する
  4. ご利用料金を確認する
  5. 各情報を入力して申込を完了する

便利なパナソニック修理サービス

パロマ

湯沸かし PIXTA

パロマは、ガスコンロや湯沸かし器、ガス暖房装置などを主に製造しているメーカーです。

お問い合わせページには、よくある質問が充実しているため、実際に起きている現象をお問い合わせすることなく、解決できるかもしれません。

出張修理には、部品代と技術料、出張費が必要となります。技術料と部品代に関しては、修理によって変わりますが、出張費は2,500円(40kmまで)~4,500円(80km以上)となっています。

修理のご案内

安全にガスコンロを使って、大きなトラブルを予防しましょう

安全 PIXTA

ガスコンロに少しでも違和感があったら、今回の記事で紹介した項目を確認して、常に安全な状態で火を使っていくことが大切です。だけど、家事や育児の疲れがたまると注意力が散漫となってしまいますよね。いつもは行っていることでも忘れてしまうこともあると思います。

そういう時は、火を使わない料理を作ったり、お弁当を買ったりするなど、無理せずに家事に取り組んでいってください。安全にガスコンロを使って、毎日の料理を楽しみましょう。

「ガスコンロ」「火がつかない」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!