光化学スモッグとは何?赤ちゃんへの影響と、小児科医からのアドバイス

光化学スモッグは、化学物質が空気中に滞留した状態のこと。日差しが強く、気温が高くて風がない日には「光化学スモッグ注意報」が発令されやすくなります。光化学スモッグを浴びると、個人差はありますが、目が痛くなったり喉がイガイガしたりするなどの症状が出る場合があります。小児科医のばば典子先生は、暑い日に外で遊ぶ子供は特に症状が出やすいため、注意報発令時には注意して屋内で過ごすべきだと話します。光化学スモッグの影響や注意点についてご紹介します。

プレミアム記事

プレミアム記事を読むには?
こちらの記事は、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月400円[税込])に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする

「対策」「光化学スモッグ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧