光化学スモッグとは何?赤ちゃんへの影響と、小児科医からのアドバイス

光化学スモッグは、化学物質が空気中に滞留した状態のこと。日差しが強く、気温が高くて風がない日には「光化学スモッグ注意報」が発令されやすくなります。光化学スモッグを浴びると、個人差はありますが、目が痛くなったり喉がイガイガしたりするなどの症状が出る場合があります。小児科医のばば典子先生は、暑い日に外で遊ぶ子供は特に症状が出やすいため、注意報発令時には注意して屋内で過ごすべきだと話します。光化学スモッグの影響や注意点についてご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

光化学スモッグって何?

真夏になると発令されることがある「光化学スモッグ」の注意報や警報。よく聞く言葉ではありますが、光化学スモッグとは何か、知っていますか?

工場や自動車などから大気中に排出された窒素酸化物と揮発性有機化合物が、紫外線と化学反応を起こして変質してできた「光化学オキシダント」という物質が、空気中に滞留している状態のことを、光化学スモッグといいます。

光化学スモッグの状態になると、空気中に白いもやがかかった状態になり、遠くが見えにくくなります。

出典元:

光化学スモッグによる健康への影響

目 こする 子供 PIXTA

化学物質がもやとなって滞留している「光化学スモッグ」。外気に直接触れる目や、スモッグを吸い込んでしまう呼吸器には悪影響があるとされています。スモッグとは「煙」や「霧」を表す言葉です。空気を吸い込むと同時に勝手に吸い込んでしまうことになります。

光化学スモッグによる健康への影響は以下のようなものがあります。

  • 目の症状:目の痛み、めまい、涙が出るなど
  • 呼吸器の症状:息苦しい、せきが出る、喉が痛いなど
  • その他の症状:頭痛、嘔吐など

症状の出方には個人差が大きく、周囲の人が症状を訴えても自分は異変を感じない場合があり、その逆もあります。

光化学スモッグ注意報が出やすい条件として「日差しが強い・気温が高い・風が弱い」という特徴があります。このような日には光化学スモッグによる健康への影響があるかもしれないと考えられます。

万が一何か体調に変化が現れた場合には、窓を閉めた屋内で休みます。水道水で目を洗い、うがいを行いましょう。症状がよくならない場合は、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「対策」「光化学スモッグ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧