子供に自転車を教えるステップは?安全と上達のためのアドバイス

大人になると多くの人が乗っている自転車。子供たちも成長につれて自転車に興味を持つことがあるかもしれません。しかし、自転車は練習せずにすぐ乗れるものではなく、パパやママと一緒に練習が必要でしょう。自転車を教えるには、まずは安全のための点検をし、ヘルメットや手袋などのグッズを用意することが大切です。練習では焦らず、バランスを取ることからゆっくり教えていきましょう。

amana images

自転車の教え方に困っているママたちの声

自転車教えるコツありませんか?( ;∀;)一番上が小学生になったんですが、まだ乗れません(。>д<)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
自転車ってどうやったら乗れるようになりますか??
つい先日3歳になった息子なんですが、三輪車を嫌がり自転車を欲しがったのでお誕生日に自転車を買いました。
ですが、まったくこげるようになりません…。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

子供に自転車の乗り方を教えたいとき、その方法に悩むことがあります。幼いころに練習したパパやママも、自分がどのようにして乗れるようになったか忘れてしまっている方は多そうです。

子供に自転車の乗り方を教え、安全に乗れるようにするための方法をまとめました。

自転車を教える前の注意点&準備

ヘルメット PIXTA

自転車を教える前に、自転車本体の確認と、練習をする子供の装備の確認をしましょう。練習で上達する前に、安全に楽しめることが自転車の練習の基本ですね。

自転車利用するための安全アドバイス

自転車の練習をする前に、自転車が安全に乗れる状態か、以下の項目をチェックしましょう。

  • ブレーキは前後ともよくきくか
  • タイヤには十分空気が入っているか
  • ハンドルやサドルはガタつかずに固定されているか
  • チェーンはゆるんでいないか
  • ネジ類はきちんととまっているか

自転車に安全に乗るためには、安全点検の他に、サドルの高さを適正にすることも大切です。サドルは、両足先がしっかり地面につき、膝が少し曲がる状態がベストです。

自転車を乗る前の準備

子供 自転車 PIXTA

自転車を乗る前に、ヘルメットと手袋を着用し、頭と手のひらを守ります。自転車は転んでしまう乗り物と考え、転んだ時に体を守れるように準備をすることが大切です。服装は運動しやすいものとし、車輪に巻き込まれてしまいそうなマフラーやスカーフは避けましょう。転倒に備えて、長袖長ズボンが理想的です。

自転車はバランスを取って乗る乗り物です。まずはペダルをこぐのではなく、バランスを取る練習をしましょう。ペダルを取り外して足で蹴って進む練習をします。ペダルの取り外し方は、自転車の販売店で確認してください。

練習する場所は、広くて障害物がなく、人が多くない場所が良いですね。また、一般公道ではなく、公園や空き地で行いましょう。ゆるい勾配がある坂を利用すると、効率よく練習できる場合があります。

出典元:

自転車を教える&乗るコツ

自転車 PIXTA

自転車の乗り方を教えるための手順をご紹介します。焦らず、前向きな気持ちで子供が練習に臨めるよう、明るくサポートしてあげましょう。

1:ペダルを外し、バランスを取る

まずはペダルを取り外し、バランスを取る練習をします。初めて自転車にまたがった子供は緊張し、体が硬くなっているかもしれません。体が硬くなるとうまくハンドル操作をできなかったり、転んでしまったりするため、リラックスできるように声を掛けてあげましょう。

両足でスピードを出して蹴り進めるようになったら、両足を離してバランスを取って進む練習をします。これができるようになれば、ペダルを漕げるようになるまであと少しでしょう。

止まる時には左手の後輪ブレーキをかけて止まるように教えます。

2:ペダルを取り付け、進行方向を見て進む

自転車 PIXTA

ペダルを取り付けて進む練習をスタートしたら、進行方向を見ることを意識するよう伝えましょう。ペダルがつくとついペダルが気になり、下を向いたり近い地面を見たりしてしまいやすいでしょう。進行方向をしっかり見ていないとバランスが取れません。

進む方向に何か目印を見つけるなど、前を意識できるように工夫してみましょう。また、肩の力が入っているとふらつきやすいため、リラックスできるよう明るく声をかけてあげましょう。

3:ペダルをこぎ続ける

ペダル 自転車 PIXTA

進行方向を見て進めるようになったら、ペダルをこぎ続けられるように練習してみましょう。自転車はペダルをこぎ続けることでバランスを取る乗り物です。フラフラしない程度にスピードをつけて漕ぎ、足ではなくブレーキで止まるようにしましょう。

こぐことが難しいようなら、走らずにスタンドを立ててペダルをこぐ練習をしてみましょう。

出典元:

「早く」は厳禁、焦らずに楽しく練習を

褒める 外 PIXTA

子供にとって自転車に初めて乗る体験はとても緊張するもの。うまくいかなくても気長に見守り「気楽にやろうね」と声をかけてあげてください。「早く」「なんでできないの?」という言葉は控えましょう。

少しでも上手にできたら「すごいね!」と褒め、本人のやる気を大切にして練習を進めます。自分で乗れるようになるまでの期間には個人差があるため、周囲の子供と比べることなく、わが子のチャレンジを見守ることが大切です。

また、上手に乗れるようになっても一般公道を走るのは交通ルールを守れるようになってからにしましょう。

出典元:

安全に気をつけて、正しく教えよう

自転車 PIXTA

自転車に乗り、一人で漕げるようになるまでのステップをご紹介しました。自転車は転んでしまう乗り物で、怖い気持ちが先行して固まってしまう子がいるかもしれません。

万が一転んだ時のため、自転車に乗るときはヘルメットをかぶる、手袋をするといったルールを、子供にしっかり伝えましょう。ケガなく「自分で乗れる」という楽しい体験をさせてあげることが、子供が自転車を好きになる一番のステップになるでしょう。

「自転車」「乗るコツ」「教えるコツ」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!