第3弾!まーるん(maaarun.maaarun)さんの妊活インスタ日記

妊活をされている方、不安な気持ちになってしまうときもあるかと思います。そんな妊活期間をポジティブに描いているインスタグラマー、まーるんさんをご存じですか?フォロワー数2000人越えの人気インスタグラマー、まーるんさんの妊活絵日記はカラフルでかわいらしく、妊活中の女性にエールを送ってくれますよ。ネガティブな気持ちになってしまったり、つらい気持ちを抱えてしまったりしたときこそチェックして、元気をもらいましょう。

画像:www.instagram.com

まーるんさんはインスタで話題のポジティブ妊活絵日記を連載中

インスタで話題のまーるんさんは、現在27歳で結婚2年目。32歳の旦那さんと夫婦ふたりで過ごす中、日頃の妊活期間をポジティブに絵日記形式で更新しています。

高校野球やクイズ番組が好きなまーるんさんは2016年2月から妊活をスタート。妊活期間は気分が上がったり下がったりするものですが、まーるんさんはこの期間を「心の成長をさせてくれる期間」としてインスタ絵日記にアップしています。

そんなポジティブ思考を持ったまーるんさんの妊活絵日記を、今回は第3弾として紹介したいと思います。

カラフルであいらしいポップな絵日記は、妊活を頑張る女性たちに大きなエールを送ってくれます。絵日記を読み、思わず共感したくなるエピソードもあるかもしれません。

まーるんさんのポジティブ妊活絵日記

妊活の悩みはひとそれぞれであり、不安な気持ちを抱えているママも少なくありません。同じように妊活に励むまーるんさんの絵日記を読めば、気持ちが落ち着くかもしれませんよ。

思わず「分かる!」と言いたくなるような絵日記を覗いてみましょう。あいらしい絵のタッチにも注目です。

やっぱりタイミングはむずかしい

妊活の一つとして行うタイミング法は、二人の気持ちや生活リズムを合わせる必要があるのでなかなか難しいもの。

このときテレビではWBC(ワールドベースボールクラシック)が放送されており、日本が勝ってくれないと旦那さんの気持ちが下がり、それどころではなくなってしまうと焦るまーるんさん。

見事日本が勝利し、タイミングを測れたそうです。果たして結果は…?

悪い顔でスタミナ注入

旦那さんへスタミナ注入をするために、からあげの下味にちょっと多めのニンニクをプラス。そのときの表情はなんともいえぬ悪い顔。

この絵日記だけでまーるんさん本人の表情が目に浮かびますね。たくさんからあげを食べてスタミナをつけてほしいものです。

リラックス期間も大切に

妊活は精神的にも体力的にも消耗するものなので、リラックスすることも大切だとまーるんさんは伝えています。

リラックス期間を設けることで、妊活に旦那さんと共にゆっくり向き合うとのことです。まーるんさんだけでなく、旦那さんも休む期間が必要なんですね。

なんだか主人が協力的

今回はタイミングを重視していなかったまーるんさんですが、旦那さんから積極的にタイミングを考えてくれていたそうです。

なんとも頼もしい発言にまーるんさんも驚いたようです。妊活は女性だけでなく、男性の協力なくてはできないものなので、とてもうれしいですよね。

重い腰をあげてクリニックへ

期待をしていたわけではないですが、いざリセットされてしまうと落ち込んでしまいますよね。筆者も同じように妊活していた時、リセットしてしまうと気持ちが下がっていました。

そんな落ち込んだ気持ちを絵日記につづっていますが、小さく「もう大丈夫ですが!(笑)」と書いてあるのもまーるんさんらしさがでています。

それは突然やってきた…

妊活は女性だけでなく、男性の精液を調べることがあります。いつでもいいよと旦那さんに言っていたそうですが、なんとすぐに協力してくれたんだとか。

妊活はタイミングを一度逃してしまうとすぐにやってきてはくれないので、協力してくれる旦那さんだと助かりますね。旦那さんではなく、なぜかまーるんさんの気合いが入ったそうです。

とても救われた言葉

なんだかかっこいい主人の言葉シリーズとして紹介している絵日記には、旦那さんの頼もしい言葉を載せています。

旦那さんの精液には問題がないことが分かった際、まーるんさんは自分に問題があるんだと落ち込んだそう。

そんな姿を見た旦那さんは、「2人の問題でしょ」と。この言葉にとても救われたまーるんさんは、妊活は夫婦二人で頑張っていかないといけないと感じたそうです。

心がぎゅーってなるとき

妊活中の女性とは別に、病院には多くの妊婦さんや子供がいますよね。子供がほしいまーるんさんは、このとき心がぎゅーっとなると語っています。心が強くなったと思っていたのに弱さを感じたんだとか。

同じように悩むママにとって共感するところなのかもしれませんね。筆者も妊娠しない時期はマタニティマークをつけている妊婦さんがとても羨ましかったのを覚えています。

焦らずゆっくり妊活を、今を大切に

妊活に励むママにとって、まーるんさんの絵日記は少しでも力になっているのではないでしょうか。妊活は一人でするのではなく、夫婦二人三脚で進めていくので旦那さんの協力無くしてはできません。

一歩進んだかと思ったら戻ったり、また進んだり…その繰り返しで気持ちが疲れてしまうこともあります。筆者の友人は3年妊活に励み、妊娠することができました。リセットするたびに落ち込んだけど、頑張って良かったと話してくれました。

妊活は大変なことですが、まーるんさんは「子供がいないから不幸というわけでは無い。旦那さんと一緒にいられることが何よりも幸せなんだ」と言っています。

これからもまーるんさんの絵日記をたのしみにし、今を大切に過ごしながら焦らずゆっくり妊活していきましょう。

「妊活」「インスタ」「絵日記」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!