「妊娠超初期症状・妊娠の兆候」の新着記事

「なんだか身体がだるいけど風邪?」「生理前の腹痛や腰痛がつらい」その症状もしかして妊娠兆候ではありませんか?ほかにも下痢や頭痛、胃痛など妊娠超初期症状が現れる場合も少なくありません。こちらではそんな場合にチェックしてきたい症状などの記事をまとめています。また化学流産についての記事も読めますので参考にしてください。

もしかして…妊娠?

女性の体にとって大きな変化となる妊娠。生理が遅れる、なんだか微熱が続く、おりものの変化などによって「もしかして妊娠してるかも?」と気付く女性も多いようです。

一方で妊娠初期症状は、生理前の症状に似ていることもあるため妊娠検査薬を使うかどうか迷う方もいるのではないでしょうか。普段から生理不順などの方は余計に判断しにくく、妊娠の判明が遅れることもあります。

ここでは妊娠超初期症状と初期症状、気をつけたいことなどについてまとめています。

妊娠超初期症状、妊娠の兆候

妊娠超初期とは厳密に定義されているわけではなりませんが、一般的に妊娠1ヶ月までのことをいいます。この時期は妊娠に気付かない人も多くいる一方で妊娠による体調の変化を感じる場合もあります。

妊娠超初期に感じる妊娠の兆候や、基礎体温、体の不調の原因と対処法についてまとめています。

妊娠超初期の基礎知識と症状

妊娠しているとこの時期に気付く人は赤ちゃんを授かるのを待ち望みにしている人かもしれません。妊娠検査薬を使ったり、産婦人科を受診したりする前に妊娠の兆候を感じる人も。

そうした体の変化にはどのようなものがあるのでしょうか。またこのころの胎嚢の大きさなどについても紹介します。

基礎体温の変化

妊活中の方は日頃から基礎体温をきちんと記録していることでしょう。その場合は妊娠に早く気が付くことができますね。妊娠したときは基本的に高温期が続きますが体温が下がるという体験談もあります。

ここでは妊娠した場合とそうでない場合での基礎体温の変化や、基礎体温が下がる原因などについて解説しています。

妊娠超初期のトラブル

妊娠超初期は流産の可能性が他の時期に比べて高く、少しのトラブルでも不安になってしまう場合もあります。出血や腹痛などがあれば些細なことでも病院を受診するのが安心です。

このように注意が必要な妊娠超初期のトラブルについて、症状や対処法の記事は下記で読むことができます。

妊娠の可能性が少しでもあったら気を付けたいこと

既に解説したような妊娠の兆候が表れているなど、妊娠の可能性が少しでもあったら気を付けたいことがあります。妊娠検査薬などで自宅で調べることもできますので早めに確認できると良いでしょう。

また検査薬で陰性が出ても妊娠している場合もあります。妊娠の可能性があり生理がまだ来ていない場合には日常生活に気を付けましょう。

妊娠している可能性は?高温期が続くとき

個人差はありますが平均で14日続くとされる高温期。それ以降も続く場合は妊娠の可能性があります。妊活中だと基礎体温グラフをじっくり観察して、高温期の日数を毎日数えてしまいますよね。

高温期の日数ごとの基礎体温や、気になる妊娠の可能性について詳しく解説しています。