PR:株式会社ベネッセコーポレーション

どうする?幼児期からの英語教育!ママの疑問をプロに聞いたら目からウロコだった

「いつか子供に英語を学ばせたい」…そう考えるママが多い一方で、英語学習を始める時期は?どんな教え方がいいの?など、 幼児期の英語学習については疑問がいっぱい! 今回は、幼児期からの英語学習でママが知っておくべきことを、英語教材のプロにママが疑問を聞いてきました!英語に関心のあるママ必見ですよ♪

ママが抱く英語教育についての疑問って?

子供の将来を考えると、「小さいころから英語に触れさせておきたい!」…と考えていても、習い事となると慎重になりますよね。

英語を学ばせたいママたちは、どんなことに疑問を感じているのでしょうか?

英語学習を始める時期っていつがいいの?

英語学習について質問です。みなさん、子供に英語学習はいつから、させていますか?またはさせる予定ですか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

小さい頃から英語を始めて、日本語は大丈夫なのかな…

英会話教室に申し込んだのですが、やっぱり日本語もまともに話せないのに早かったんじゃないかな?と後悔していています。1歳11ヶ月から始めるのですが早かったでしょうか?早くから始めて日本語に影響とかは、ないですか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

英語の習わせ方に迷っています

子供の英語、塾に通わせるか教材でうちで英語のCDやDVD流したり金銭的にも教育的にもどっちがいいですか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

1歳からの英語教育、早い?遅い?

ママの疑問、英語教材のプロに聞いてきました!

今回は、そんなママの疑問を、〈こどもちゃれんじ English〉教材開発に携わる坂本佳哉子さんに、直接お話を伺いました!

国際結婚だけど…家での会話は日本語オンリー

坂本さんに質問をしてくれるインタビュアーは、フォロワー数が2万人以上のインスタグラマーbaby.tomtomさん!

もうすぐ2歳になる男の子のママなんです。

国際結婚をしたbaby.tomtomさんのパパは日本語が堪能なので、日常生活で英語をまったく使わないそうです。

将来的に英語教育も検討していたbaby.tomtomさんが、ママ代表として英語教育の疑問を直撃取材してくれました。

Q:英語を始める時期について、おすすめのタイミングはありますか?

早く始めるほうがメリットがあります!それには理由があるんです。

「早く始めるほうがメリットがあるんですよ。

実は、生まれたばかりの赤ちゃんは、世界中のどんな音でも聞き取れるんです。

でも、生後11ヶ月頃までに日常生活で触れていない音は、だんだんと聞き取れなくなってきます。

英語の音を聞き取りやすい、まだ月齢の低い時期に英語独特の音に触れさせてあげることがとても大切なんですね!」

幼児期に英語をはじめるメリット

Q:我が子はもうすぐ2歳!英語を学ばせるのには遅いでしょうか…

「楽しむ」気持ちを引き出してあげれば大丈夫!

「小学校で英語が得意だと言ったお子さんの大半が、幼児期から英語に「触れていた」というデータがあるんです。

幼児期から英語に触れるという経験が、その後の英語学習に影響していることが多いんですね!

このデータをとってみても分かるように、まずは幼児期から英語に触れること、そして楽しむことが大切です。」

「えいごころ」を育てよう!英語を楽しく学ぶコツ

Q:日本語がわからない年齢から、英語を教えても問題ないでしょうか?

問題ないという研究結果が出ています!自然と鍛えられる「英語を聞いたまま口にする力」

「NHK Eテレ『えいごであそぼ with Orton』総合指導なども務める玉川大学院教授の佐藤先生の話によると、ここ4年ほどの研究でその心配は全くないという結果が出ているのだそう。

むしろ、まだ日本語の分からない0歳から英語の音に触れさせることで、それが長期記憶の中で蓄積、聞いた音をそのまま発音できるという力を育ててくれるんです。

英語の絶対音感のようなものでしょうか(笑)すごいですよね!」

日本語にも良い影響も!家庭で楽しみながら英語を学んで

「また、0歳からの英語は『集中力』も養われ、それが日本語を聞き分ける力の習得にも繋がると言われているそうです。

あるデータによると、0歳から英語に触れている子供たちは、英語をやっていない子供たちよりも日本語における『聞いて話す』という力が3倍ほど上手になったといいます。


5歳頃に出てくる子供自身のモチベーションや自主性をよりプラスに繋げられるよう、幼いうちから親が英語に触れさせてあげるという選択をしてあげることが大切なんですね!」

英語に触れると、日本語のコミュニケーション能力も向上?!

Q:幼児期に英語を習わせるメリットを教えてください

英語が「好き」になる、英語が「苦手」でなくなる

「これから日本もどんどん外国人の人が増えていきます。

いくら柔軟な子供たちでも、緊張したり、慣れない外国人と話すことをためらったりするもの。

幼児期から英語を学ぶことは、英語が好きという気持ちをはぐくみます。

そして、その気持ちが、外国人にも物怖じせずコミュニケーションを取りたい!という気持ちを育ててくれるんですね。」

プレッシャーは禁物!英語は楽しみながら学ぼう

「1・2歳」のためにつくられた英語教材の裏側も聞いてみました!

そんな坂本さん、3月開講となった新コース〈こどもちゃれんじぷち English〉の教材開発にも関わっているんです。

イード・アワード「子ども英語教材」幼児の部で、最優秀賞を4年連続で受賞した〈こどもちゃれんじ English〉から誕生した、1歳からの楽しく英語を学べる新コースです。

今回は、その〈こどもちゃれんじぷち English〉の教材の魅力や開発の裏側についても、お話を伺ってみたいと思います。

ママも納得!4年連続受賞の理由を見る

Q:1歳・2歳のために作られた〈こどもちゃれんじぷち English〉には、どんな特徴があるのでしょうか?

自然に学べる英語の「音」と「リズム」

「英語と日本語は、「音」と「リズム」が異なるものなんです。英語のほうがよりリズムの強弱があり、日本語にはない母音や子音も多く含まれます。

〈こどもちゃれんじぷち English〉の教材では、その音やリズムが自然に学べるように工夫されています。

英語の音やリズムが、英語学習の中でシンプルに伝わるよう作られているんですよ。」

生活リズムは変えずに、日常で英語に触れられる

「ママって、子供が何歳でも忙しいですよね?でも、子供のためにも英語は学ばせてあげたい…。

〈こどもちゃれんじぷち English〉の教材は、今の親子の生活リズムは変えずに、いかに日本語でやっていることを英語に変えられるかという発想の元、作られています。

今までは「ねんね〜」と日本語で歌ってあげていた子守歌も、ベッドタイムの曲を流せば、自然と英語が日常生活の中に馴染んでいきますよね!」

Q:教材を使って自宅で英語を学ばせることで得られるものは?

ふれあいの中で親しむことができる!ママがいるから子供も安心

「特に1歳は、家庭で学ぶのが一番です。

一番安心できるママのひざの上、ママのそばで英語を学ばせてあげるということがとても大切なんですよ。子供は、いつでもママに見てもらいたい!という気持ちでいっぱいです。

『できたね!すごいね~』という声がけをすることで、もっと頑張ろう!という気持ちが育まれます。

また、日本語でも言葉を教えるときに、ジェスチャーを使うと思いますが、英語も同じように、大きい時には手を広げ『Big!』、小さい時には指を使って『Small!』など、この時期は、体を使って英語を体得するといいですね。」

1歳からの英語!〈こどもちゃれんじぷち English〉

Q:教材はママと子供が安心して使えるのでしょうか?

ママが「触って触って!」と言えるような教材を目指しています

「子供たちは、とにかく自分で触りたい!自分で見たい!自分で確かめたい!そんな時期である子供たちが使う教材だからこそ、どこを触っても痛くないように作られています。

また、パーツの取り付けを簡単にしたり、幾度となく落下テストを行ったり。まだ力加減の分からない子供たちの意欲を損ねないよう努力しています。

ママがどんどん「触って触って!」と言えるような教材を目指していますね。」

ママも子供も安心!未来の英語力を「今」はぐくもう!

英語教材のプロに話を聞いてみて…

取材を終えたbaby.tomtomさんに、英語教材のプロと対談した感想を聞いてみると

「坂本さんのお話を聞いて、英語教育は早く始めてもいいなと思いました。

〈こどもちゃれんじぷち English〉の絵本は日本語も英語も両方書いてあるので、パパは英語、ママは日本語という使い方もできていいですよね!」

と、これを機会にパパにも英語を話してもらい、教材を活かしつつ、お子さんに英語を教えたいという意欲が湧いたそうです!

〈こどもちゃれんじぷち English〉3月開講号!気になる英語教材をチェック♪

〈こどもちゃれんじ English〉3月開講号のテーマは、「Listen!」

音楽や絵本で、自然に英語の音に触れることができる、楽しみがいっぱいの教材が届きます。

英語玩具「My Rhythm Player マイリズムプレーヤー」

専用のディスクをセットすると英語の歌が流れるCDプレーヤー型の教材です。

ディスクをセットし、再生ボタンを押すだけで操作は完了!

英語の音がスタートします。子供ひとりでも簡単に操作でき、親子でも音とリズムを楽しむことができます。

DVD・絵本・おうちのかた向け冊子

英語ならではの音やリズムを自宅で体感できるDVDや、やりとり遊びなどにも役に立つ絵本、そして、ママやパパが教材を使って子供とどうかかわっていけばよいかをサポートする冊子も届くんです。

1・2歳の日常で、実際に使える英語の声かけフレーズなども紹介されています。

テーマは「Listen!」子供たちの大好きがいっぱい

4/11(水)まで! さらに今なら期間限定特典でマザーグースブックがもらえる

また、今入会すれば、「マイリズムプレーヤー」の遊びの世界がさらに広がる特典ブック、マザーグースブックがもらえます!

マザーグースとは、英国圏で昔から親しまれている童謡のこと。

「マイリズムプレーヤー」で聞けるマザーグースなどの英語の歌や歌詞の意味が、分かりやすく書いてある絵本です。

どんな内容の歌が流れているのかを、親子で理解することで、やりとりのバリエーションも増えていきますね!

もれなくDVDをプレゼント!資料請求してみる

大切な時期を逃さないでほしい!年齢に応じた英語の学び方がここにありました

基本的に、英語はいつ初めても良いと語る坂本さん。

今できることを英語を楽しむことで、それが英語を学びたいという気持ちにはぐくんでいくんですね!

子供たちがいつ英語を始めても大丈夫なように、〈こどもちゃれんじ English〉と〈こどもちゃれんじぷち English〉の教材は発達年齢に合わせて作られています。

ママ、そして子供たちの気持ちに寄りそって作られた教材をうまく活用して、英語教育に踏み出してみましょう。

さあ、始めよう!〈こどもちゃれんじぷち English〉を今すぐチェック

撮影:岡村大輔