育児休暇中の強い味方!育児休暇手当てのお得な申請方法!

出産をすると出産手当などの他に、育児休暇中に貰える育児休暇手当て(育児休業給付金)があります。赤ちゃんが出来たら押さえておきたいこの制度!育児休暇中の手当についてや、支払日、給付金の受給額の目安になる計算方法、お得な受給方法などをご紹介します。育児休暇中の経済的な負担を上手に減らしていきましょう。

育児休暇中にもらえる手当て、育児休業給付金ってなに?

働いているママやパパは、赤ちゃんが1才になるまでの期間、育児休暇を取得することが出来ます。育児休暇中はお給料がほとんどの場合、会社から貰えません。

給料が発生しないと家計のやりくりも大変になってしまいますよね。そんなときに嬉しい制度が、育児休業給付金というものです。

育児休暇手当てとは?

育児休暇手当てとは、育児休暇中のママやパパに生活保障として雇用保険から支払われるお金です。

受給資格について

ではどのような人が育児休暇手当てを貰えるのでしょうか?

育児休暇手当てを貰える人の条件

  • 雇用保険に加入している
  • 育休中、休業開始前の給料の8割以上の賃金を支払われていない
  • 育休前の2年間のうちで、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  • 就業している日数が各支給単位期間ごとに10日以下である

上記の条件を満たしていれば、正社員でなくパートのママや契約社員のママも受給対象になります。

育児休暇手当てを貰えない人の条件

  • 雇用保険に加入していない
  • 妊娠中に退職する人
  • 育休開始時点で、育休後退職する予定の人
  • 育休を取得せず職場復帰する人

雇用保険がない自営業のパパやママは受給対象にならないので注意が必要です。産後退職する予定のママも受給対象には含まれません。

育児休暇手当ての金額・計算方法・手続き!

お金の計算

産後は何かとお金がかかりますよね。上手に育児休暇手当ての申請を行うと、お得になるケースもあります。

いくらお金をもらえるの?

育児休暇手当ては、育休開始日から180日目までは月給の67%が支給され、181日目〜育休最終日までは育児休暇手当てが50%が支給されます。

月給の上限は426,300円、下限は69,000円となります。

いつもらえるの?気になる支給日!

最初の支払いは育休が開始してから2ヶ月から5ヶ月先になるケースもあるようです。すぐに受給できる訳ではない為、日頃から余裕を持って貯金をしておきましょう。

育児休暇手当ての手続きは一般的に会社が行うことが多いので、会社の手続き時期よっても、給付金を受け取る日数が変動します。

もらえる期間は?

悩みを持つ女性

育児休暇手当てが貰える期間は赤ちゃんが1才から、条件を満たすと最長1才6ヶ月まで受給が出来ます。

育児休暇手当ての期間延長

  • 配偶者の死亡や怪我、病気などで養育が困難な場合
  • 保育所の入所待ちがある場合
  • 婚姻の解消などにより配偶者が子供と同居しない場合
  • 6週間以内に出産する予定または、産後8週間を経過しないとき

保育所とは、無認可保育施設は含まれないので注意が必要です。

計算方法は?

育休はママもパパも取得できるので、実はママが1年間取得するよりもパパと交代で6ヶ月ごとに取得した方が得をする場合があります。

例1:ママ:月給170,000円(10ヶ月の育休を取得した場合)
■170,000円×0.67×6ヶ月+170,000円×0.5×4ヶ月=1,023,400円

例2:ママ:月給170,000円、パパ:月給250,000円(パパとママが6ヶ月ずつ12ヶ月の育休を取得した場合)
■170,000円×0.67×6ヶ月+250,000円×0.67×6ヶ月=1,688,400円

ママだけでなく、ママとパパが一緒に育児休業を取得した方が665,000円も多く支給されます。例2の申請は、パパ・ママ育休プラスという制度です。

この制度を利用すると、1才2ヶ月まで育児休業が取得可能なので、育児休業給付金がもらえる金額も多くなります。

パパ・ママ育休プラス

手続き方法は?

育児休暇手当ての手続きは、基本的に勤務先の会社が行ってくれることが多いようです。産休予定などをあらかじめ会社に伝えておきスムーズに会社が申請できるようにしておきましょう。

会社には、「育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付受給資格確認票」を産休の1ヶ月前までに提出する必要があります。また、受給の手続きは2ヶ月ごとに追加の申請が必要になるので、注意してくださいね。

手続き方法も会社と相談し、自分で行うか会社で行うか把握しておきましょう。申請する際は事業所の所在地を管轄するハローワークに提出します。

育児休業給付金

夫婦で相談して上手に育児休暇手当てを利用しよう!

仲が良い家族

育休育児休業給付金制度は育休中の強い味方です。パパにも育休を取ってもらうことで、ママだけが育休を取得するよりお得に受給することが出来るので、パパとよく相談して育児休暇手当てを利用しましょう。

ただし、支払われるのは少し間が空く可能性もあるので、日頃から貯金等で家計に余裕を持っておく事が大切です。少しでも男性が育児休暇を取りやすい社会になり、ママと協力して子育て出来るといいですね。

「育児休暇」「手当」「育児休暇手当て」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!