妊娠超初期症状でおこる、14の症状と体験談まとめ

「もしかして妊娠したかも?」そんな疑問をもっている人のために妊娠超初期症状とよばれる、妊娠超初期にみられる体の変化を紹介します。腰痛や眠気・下痢・違和感のある生理痛など、いつもと違う体の異変は、もしかすると妊娠超初期症状かもしれません。体験談もたくさん紹介しますので是非、自分の体の様子や変化と比べて参考にしてみてください。

そもそも妊娠「超」初期症状って何!?

妊娠超初期症状とは妊娠してからみられる「妊娠初期症状」より、もっと前に体にあらわれる小さな変化のことを指しています。

厳密に医学的な言葉ではないですが、「妊娠検査薬で陽性が出る前」に起こる体の変化を指すことが多いようです。

妊娠超初期の時期は?

妊娠初期は大体妊娠が判明する妊娠2ヶ月(妊娠4週)頃から、妊娠4ヶ月(妊娠15週)までを指します。実は妊娠してもすぐに気づける人というのは少なく、赤ちゃんがお腹に宿ってから約2ヶ月目でようやく「あら?」と思い始める女性が多いのです。

では、妊娠超初期とはいつかと言いますと、妊娠初期より前の妊娠0週から妊娠3週までの一ヶ月間のことを指します。妊娠週数の数え方は最終月経が始まった日からなので、妊娠2週0日が排卵日に当たり、妊娠0週目から2週目にはまだ子宮には何の変化も起こっていません。

そして受精卵は分割をしながら子宮を3日間かけて移動し、しばらく子宮内を漂ったあと、ようやく子宮大部に着床してここまで経て初めて「妊娠」となるのです。

この頃には既に妊娠3週になっているため、ようやく「妊娠したかな?」と実感する頃には妊娠4週の妊娠2ヶ月目に入っていることが多いのです。

妊娠超初期の基礎体温グラフの変化!体温が下がることはあるの?

関連記事:

妊娠超初期の基礎体温グラフの変化!体温が下がることはあるの?

妊娠超初期の症状を基礎体温から読み取ることはできるのでしょうか?妊娠超…

妊娠超初期症状はどうして起こるの?

妊娠超初期に体の中で受精卵ができ着床することで、ホルモンの分泌に変化が現れ始めます。妊娠超初期にはhCGと呼ばれる別名「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンの分泌が始まります。そのため、生理前とは違う変化が体に起こると言われています。

このhCGというホルモンは妊娠をして初めて分泌されるホルモンと言われていて、このhCGが尿中に含まれているかどうかで妊娠しているかどうか判断するのが妊娠検査薬になります。

このhCGは妊娠超初期の時期にはとても大事なホルモンとなっていて妊娠に重要と言われるプロゲステロンの産生を保つ働きがあります。妊娠初期によくある症状のひとつの「眠気」は、プロゲステロンという黄体ホルモンの増加によって引き起こされることがあるそうです。

そのプロゲステロンとは、子宮に妊娠の準備をするよう促す働きがあり、妊娠状態を保つために必要なホルモンです。このホルモンがこれから説明する様々な症状を引き起こしていきます。

妊娠検査薬はいつから陽性反応がでるの?仕組みと種類フライング検査が可能な時期

関連記事:

妊娠検査薬はいつから陽性反応がでるの?仕組みと種類フライング検査が可能な…

妊娠検査薬にはいろんな種類があり、大きさや陽性反応の表示方法は多岐に渡…

妊娠中の不安定の原因はエストロゲンとプロゲステロンだった!!

関連記事:

妊娠中の不安定の原因はエストロゲンとプロゲステロンだった!!

妊娠すると情緒不安定になりやすくなります。何だか急に悲しくなって涙が出…

体験談!14の妊娠超初期症状

「実際にこんな症状がでた」という体験談を元に、よく見られる妊娠超初期症状を14つのタイプにわけて紹介します!

1.微熱が出たようなだるさが続く

まず多いのが「風邪を引いた時のように、体が熱っぽくなった」「微熱が続いた」という体験談です!中には、他人が触っただけでも体が熱いのがハッキリわかった、という声もありました。

妊娠初期のだるさはほとんどの人は約1~2ヶ月の間悩まされることになります。まれに妊娠中期までこの症状が続く方がいらっしゃいますが、その原因は栄養不足や体力不足からくる方が多いようです。

「微熱が出た!」という体験談

生理予定日3日前の夜から37.5度程度の発熱があり。でも他の風邪症状はなく、汗もかかずとにかく熱がこもった状態 出典: www.ikujizubari.com

妊娠している場合には市販薬よりも、病院で処方される薬を服用されることをおすすめします。また、休んでも大丈夫な場合は、気分転換や、もしくは無理をせず休養することも大切です。

2.頭痛がする・頭がズキズキする

頭痛が起こる原因として、始めにあげたホルモンの変化による作用の他に、妊娠による体調変化、ストレスなどが原因となる場合があります。

痛み方は人それぞれですが、頭の片側がズキズキ痛む偏頭痛を感じる方が多いようです。偏頭痛は、先ほど挙げた要因によって脳血管が拡がり、神経が圧迫されたり引っ張られることで生じます。

まれに「頭痛」も見られるようです。普段はめったに頭が痛くなることないのに、眠れないくらいの頭痛があったという方もいるようです。

「頭痛がありました」という体験談

生理予定日の1週間前くらいから、頭痛と下腹部痛を感じて体が火照ったような症状 出典: www.flatironpublishing.com

偏頭痛のような激しい痛みがある場合は、痛む箇所を冷やして安静にしましょう。体調が安定するまでは、無理をしないのが一番です。

また、仕事や家事の量を減らすなど、ストレスを溜めないことも大切です。あまり神経質にならないようにしてリラックスすることを心がけましょう。

首や肩の凝りがある場合は、上半身のストレッチやマッサージなど、血行を促進させるのも効果的ですが、症状がひどい場合はお医者さんに相談してみてください。

風邪かな?私が体験した妊娠超初期症状【体験談】

関連記事:

風邪かな?私が体験した妊娠超初期症状【体験談】

妊娠超初期症状があるかどうかは、人それぞれです。とはいえ、妊娠の兆候を…

3.肌荒れ、ニキビができる

妊娠すると、以前に比べて肌トラブルが増えてしまうという方がいます。これは冒頭にあげたホルモンバランスの変化によって引き起こしやすくなります。

また、そのほかにも体内の水分不足や睡眠不足、化粧品があわないと肌荒れになってしまうことがあります。

「肌荒れがありました」という体験談!

大きいニキビは、できても生理の時ぐらいなのに、生理予定日1週間前くらいに大きいのが2つもできた。その頃くらいから、口内炎がひどくなって、手の甲に湿疹ができた。 出典: ikujizubari.com

一般的には、中期には肌トラブルもおさまりますが、スキンケアやUVケアなどで肌の手入れを行うことで軽減できます。また、そのほかにも栄養バランスのとれた食事や睡眠時間をしっかりとるなど、生活習慣にも気をつけてみて下さい。

4.いつもはない眠気が襲ってくる

眠くて仕方ない猫 画像:album-seisaku.blogspot.jp

妊娠すると、疲れが溜まっていたり睡眠不足になっていたりしていなくても眠くなってしまうことがあります。これはプロゲステロンという黄体ホルモンが増加することで眠気を引き起こします。

妊娠によるホルモンバランスの変化に身体が追いついていけないために起こるといわれています。

「眠くて眠くて大変だった」という体験談

理予定日の2~3日前から異様な眠気と胸の張りがありました。でも、生理前の症状と変わらず、今回もそろそろ来るなと思っていました。 出典: www.ikujizubari.com

眠気は子宮が妊娠の準備をしているために生じるものですので、もし眠ってしまっても大丈夫な環境であれば、我慢せず眠ってしまうのが一番です。

眠気に襲われた時の対処法

しかし、仕事中など眠るのが難しい場合には、以下の中からできるものを選んで実践してみてください。

  • 伸びやストレッチをするなど軽く体を動かす
  • 目薬をさす
  • ガムを噛む
  • 手や耳のツボ押しマッサージ
  • 顔を洗う

5.胸やお腹が張っているような気がする

お腹の張りは、妊娠したために子宮が大きくなることで起こります。子宮の筋肉が伸びることや、子宮への血流が増加することが主な原因となります。

この時期には、軽い下腹部痛であったり、引っ張られる、またはつっぱっているといった感覚があります。生理前は胸が張るけど、いつもより張りました!という声や、お腹が少し張っている気がするいった体の変化を敏感に感じる方も多いようです☆

「お腹や胸が張って大変でした...」という体験談

胸がパンパンに、痛いくらい張ってました。激しく動かなくても、ピキピキと胸が張って痛いような感じがしました。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

子宮の成長による痛みではなく、「子宮の収縮による張り」の場合は注意が必要です。この場合は流産の心配があります。恥骨の少し上にある子宮の一部がバレーボールのような硬さに感じる場合、子宮が収縮している可能性があります。下腹部を手のひらで触れて、違和感を感じる時は、まず安静になってください。

上記のような場合が続いたり、張っている時に痛みも伴う、または出血があるときには、すぐに病院・産院を受診してください。

胸の張りの原因は妊娠超初期症状?生理前の症状との違いも解説

関連記事:

胸の張りの原因は妊娠超初期症状?生理前の症状との違いも解説

妊娠超初期症状の一つとして胸の張りを感じる場合があります。胸の張りは生…

6.頻尿や下痢、トイレが近くなる

妊娠すると子宮が徐々に大きくなり膀胱を圧迫するために、頻尿になりやすい状態になります。膀胱への刺激による尿意のため、実際にはトイレに行ってもあまり尿が出ないことが多いです。

また、自律神経のバランスが崩れやすく、腸の活動が落ちてきます。更に子宮による腸の圧迫も加わり便秘になりやすくなります。人によっては逆に下痢の症状を示すこともあります。

このような場合の時は、我慢せずにトイレに行きましょう。水分を摂取することは便秘予防にも効果がありますので、水分補給は十分に行いましょう。

「トレイが近くなって困る・・」という体験談

生理1日前には異常なトイレの近さ。「ウソでしょ?」ってくらいさっき済ませたのにすぐまた尿意が。 出典: www.ikujizubari.com

原因がわかっていても、我慢せずにトイレに行きましょう。水分を摂取することは便秘予防にも効果がありますので、水分補給は十分に行いましょう。

カフェインには利尿作用があるので、コーヒーや緑茶などは控えるようにしましょう。妊娠中の水分補給には麦茶やお水がおすすめです。

もし、残尿感、排尿時の痛みや尿に濁りなどの症状が出る場合は膀胱炎を起こしている恐れがあるので、早めにお医者さんに相談してくださいね。

妊娠超初期症状、下痢が起こるの原因とは?

関連記事:

妊娠超初期症状、下痢が起こるの原因とは?

妊娠超初期または妊娠初期に起こりがちな症状である「下痢」について説明し…

7.生理日前なのに出血した

排卵の時期である生理予定日の一週間前から生理予定日の前までに微量の出血をすることがあります。卵子が子宮に着床するときに、まれに出血してしまうことがあります。

これは「着床出血」と言われるもので、色は茶色やピンク・真っ赤まで様々で、個人差が多くあります。

「着床出血があった!?」という体験談

生理予定日8日前に鮮血がドバっと・・・出血は一度だけで一度拭いたらもう次は何事もなく、これがもしや着床出血か!と思いました。 出典: www.ikujizubari.com

「普段とは違う出血かも?」と感じたら必ず産婦人科を受診して下さい。着床出血の場合は問題はありませんが、他の病気や胎児の異常である場合には早期治療が必要です。

着床出血とは?生理との違いは?体験談まとめ

関連記事:

着床出血とは?生理との違いは?体験談まとめ

妊活中は生理前になるとドキドキします。心待ちにしていたのに生理が来てし…

8.おりものがいつもと違う

受精卵の着床によって、ホルモンバランスに変化が起こります。妊娠によって黄体ホルモンの分泌・女性ホルモンが分泌されることで、おりものの量が増えます。粘り気のある乳白色やクリーム色のおりもので、いつもと違うおりものが出るのが特徴です。

「おりものの様子がいつもと違う?」という体験談

出血だけでなく、おりものの様子が少し違ったかも...という声がありました。おりものは目で見える色などの変化があるため、気づく方も多いのかもしれません。

生理予定日3~4日前から薄いピンク色のおりものが出て、それからは茶色(カフェオレ)みたいなおりものが3日間出る。 出典: www.ikujizubari.com

おりものは妊娠超初期症状の一つではありますが、いつもと違うおりものが出る場合には、病気など体内に異常がある可能性もあります。もし不安がある方は病院を受診してみてください。

妊娠超初期のおりものの特徴と変化、生理前との違い

関連記事:

妊娠超初期のおりものの特徴と変化、生理前との違い

おりものは女性にとって馴染み深く、ずっと付き合っていかなければならない…

9.基礎体温が不自然に変化する

基礎体温の変化を感じ取る女性

そもそも高温期には、排卵後に受精卵がうまく育つように体を温める作用がある「プロゲステロン」というホルモンをだします。

しかし、受精後に着床しなかった場合には、受精卵を育てる必要がなくなるため、プロゲステロンの排出がとまります。これにより、低体温期に移行していきます。

一方で妊娠すると生理が止まり排卵が起こらないため、高体温が3週間以上続いた場合や今までにない程基礎体温が上がってしまうことがあります。このような状態になると妊娠の可能性が高くなります。

「基礎体温が2段階で上昇しました」という体験談

私も同じような感じで体温が2段階に上がりました。高温期に入ったときは36.8度くらいが続いてたのに、高温期12日目に突然37度越えでした。基礎体温はもう5年以上もつけていて、子待ち3年めに入ったところでしたが、この状態は初めてでした。 出典: www.jineko.net

実際にあらわれる症状は、生理前や風邪にかかった時のものとかなり似ています。また、この他にも個々人によって違った症状が見られることもあるようです。

ですので、「これが妊娠超初期症だ!」と断言するのではなく、あくまで当てはまるものがあればそうかもしれない、、というきっかけとして考えましょう♪

妊娠超初期の基礎体温グラフの変化!体温が下がることはあるの?

関連記事:

妊娠超初期の基礎体温グラフの変化!体温が下がることはあるの?

妊娠超初期の症状を基礎体温から読み取ることはできるのでしょうか?妊娠超…

10.匂いに敏感になる

匂いに敏感になる 画像:ninsin-akachan.com

妊娠すると匂いに敏感になる女性が多くいらっしゃいます。今までは平気で毎日付けていたお気に入りの香水が、ある日を境に少し匂いを嗅いだだけでも気持ち悪くなってしまったり。

他にも炊き立てのご飯の匂いがだめになったり、シャンプーの匂いがだめになるなんて人も多くいらっしゃいます。

原因としては妊娠によるホルモンバランスの変化での影響だそうです。また、一説として母体や赤ちゃんに悪影響な物を入れたくないとする体からのサインとも言われています。

「急に匂いが気になるように!」という体験談

においにやたら敏感になり、生理前の症状とは似てるけど、でもいつもの感じと違うなって思ってました 出典: www.ikujizubari.com

生理前に匂いに敏感になる女性もいますが、普段は少し気になる程度だったものが急に少し嗅いだだけで吐き気にまで繋がる人もいらっしゃるそうです。

妊娠してもそこまで匂いに気にならない人もいますが、元から生理前にそういった症状の出やすい方でしたら妊娠してからも匂いに敏感になりやすくなるかもしれませんね。

あまりに酷く、ご飯も食べれないという場合には迷わず病院へ行きましょう。

11.唾液や鼻水が増える

妊娠をすると体が様々な変化をします。その変化の中で消化機能が低下してしまうことで母体の水分代謝が悪くなり、体の中でドロドロの水のようなもの(水毒)が溜まっていきます。

その水毒が増えてあふれてきたものが「よだれつわり」の原因となり、それが妊娠すると唾液が増える原因となっています。

また鼻水に関しては妊娠性鼻炎が原因で増えていくそうです。この妊娠性鼻炎はタバコの煙やハウスダスト、花粉などが影響で悪化する可能性があります。

「風邪とはちょっと違うな・・と思ったら」という体験談

妊娠初期に鼻水は止まらないし喉は痛いし・・・しかし、咳もでずに体調も風邪とは違うのでインターネットで調べたら「妊娠性鼻炎」というのがあるそうです 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

鼻水が止まらなかったのは妊娠性鼻炎のせいで、喉が痛かったのはきっと唾液が増えたことで脱水気味になっていたのかもしれませんね。

風邪みたいな症状なので見落としがちですが、他に症状がないかどうかなど色々客観的に探してみて気になる点があるならば病院に行ってみてもらうのがよいでしょう。

12.下腹部・腰に痛み

妊娠すると体は自然と赤ちゃんを育てる準備をするようになります。赤ちゃんを育てる準備として、子宮は収縮や拡大を始めます。その子宮の収縮によって起こるのが下腹部の痛みになります。

また子宮が拡大されることで膀胱や恥骨などの器官を圧迫してしまうため、腰なども痛むことがあります。

また下腹部の痛みに関しては「ちくちく痛む」のような人もいれば「ずきずきした鈍痛」のようなより生理通に近い痛みを感じる人もいるようです。

受精卵が着床することによって子宮あたりが痛む女性は多いようで、この痛みのことを「着床痛」と呼ぶこともあるそうです。

「下腹部がちくちくと痛い!」という体験談

排卵前日からチクチクと左下腹部の痛み…その後もずっと痛みは続き、排卵後に卵巣が腫れてるのかなと思ってました。検査薬でくっきり陽性が出てからも下腹部の左側の違和感や痛みを感じたので、子宮外妊娠?と不安になりましたが、ちゃんと子宮内に胎嚢が確認できましたよ! 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ちくちくとした痛みが続く女性は多くいらっしゃいます。子宮外妊娠を心配される方もいらっしゃいますが、上記でも説明したとおり子宮が収縮・拡大を繰り返しているだけなので「痛むから異常がある」というわけではありませんので、安心してください。

ただし、痛みのあまりに立てないなど過度の痛みを感じる場合にはすぐに病院に連絡をしましょう。

13.胃がムカムカ

上記でも紹介した、妊娠超初期の時期にとても大事なホルモンのプロゲステロンというホルモンは胃腸の働きを弱めてしまうという作用もあります。

人によって感じる度合いは様々で胃がムカムカしてなにも受け付けられないという人はこのプロゲステロンの影響を受けていると言えます。

「四六時中胃がムカムカする」という体験談

四六時中胃のところがむかむかしていて、食べた後の食べ物が胃の中に入っている感覚が耐えきれず、トイレに駆け込んで吐くといった毎日でした。 出典: www.pixy.cx

食べたものが胃の中に入っている感覚も耐えられなくなるほどのムカムカを感じてしまう方もいらっしゃるようです。

極度の胃のムカムカを感じ、ご飯も食べられなくなってしまう場合にはすぐに病院に行くようにしましょう。場合によっては入院や点滴などの処置をすることもあります。

妊娠中期にも続く吐き気や胃のむかつきについて

関連記事:

妊娠中期にも続く吐き気や胃のむかつきについて

つわりは妊娠した女性の約9割が経験すると言われています。妊娠中期のつわり…

14.好みの変化

妊娠すると人によっては食べ物や飲み物などの好みが変わる人もいます。今まで好きだったものが突然吐き気を催すほど嫌なものになったりすることがあります。

また、よく妊娠すると「すっぱいものが欲しくなる」なんて聞きますが、すっぱいものだけではなく急に甘いものが好きになる人や、しょっぱいものが欲しくなる人など嗜好の変化については人それぞれです。

ただ多くの人は妊娠中のムカムカや気持ち悪さを無くすために「さっぱりとしたもの」を好むのですっぱいものが食べたいという方が増えるようです。

「あっさり系しか受け付けません」という体験談

パン、フルーツ、ゼリーなどあっさりしたものしか食べれなくなりました。つわりが始まってからは肉・魚・ごはん・油物や匂いの強いものがどうしても食べれません。 出典: www.ikujizubari.com

ご飯の匂いがダメになる方や、油もののこってりとしたものがダメになる方は多くいらっしゃいます。ただ、吐き気を催すほどまで辛いものを無理して食べようとしても体が受け付けず、ただ吐いてしまうだけです。

もし好みに変化が出てきたら、自分の食べれるものを食べれるだけ食べるようにしましょう。栄養を気にする方もいますが、もちろんバランスよく食べれることに越したことはありませんが、妊娠初期の段階でそこまで栄養については気にしなくても大丈夫です。

つわり対策におすすめ生姜レシピ5選☆

関連記事:

つわり対策におすすめ生姜レシピ5選☆

つわりの時は、なかなか食べ物が喉を通らず、嘔吐などの症状もあり辛いです…

妊娠超初期症状に惑わされないで!

妊娠超初期症状ですが、これはあくまでも参考程度に考えるようにしましょう。特に妊活をしている夫婦は「妊娠かも?」と思わせる症状というものにかなり敏感になりがちです。

いま市販で売られている妊娠検査薬と言うのはとてもしっかりしていて、使い方さえしっかり出来ていればとても正確な結果が得られます。

ですが妊娠しているかどうしても気になる方は妊娠検査薬よりも先にその症状を気にする方が多いようです。なんだか最近やけに眠たいような気がする、なんて感じたらすぐに「妊娠かもしれない」という思考になってしまうのです。

妊娠初期症状を気にしすぎることはあまりよくないことと言われています。理由としては妊娠を強く意識し過ぎることで女性ホルモンが崩れてしまったり、いつもと違う症状が出て想像妊娠になってしまう方もいます。

妊娠しているか気になる女性は妊娠検査薬をきちんとした方法で使い、結果を見るようにしましょう。

陽性?陰性?想像妊娠の際の検査薬の反応って?

関連記事:

陽性?陰性?想像妊娠の際の検査薬の反応って?

想像妊娠って知っていますか?想像妊娠とは、実際は妊娠していないのに妊娠…

想像妊娠とは?症状や基礎体温は?妊娠検査薬は反応する?

関連記事:

想像妊娠とは?症状や基礎体温は?妊娠検査薬は反応する?

想像妊娠は、妊娠を待ち望んでいる方・妊活中の方・不妊治療中の方に多く見…

それでも妊娠しているか気になる方は...!?

自分の体の変化や、妊娠しているかどうかが気になる方は、無料で質問できるママリのQ&Aアプリがお勧めです。妊娠を経験した先輩ママや、同じ不安を持ったことがある女性があなたの質問に答えてくれます。

「妊娠したかも!?」と、自分の体が気になる方は、今すぐママリのQ&Aアプリを利用してみましょう。

無料で相談できる女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちら!

「妊娠超初期症状」 についてもっと詳しく知る

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!