無認可保育園とは?認可保育園との違いって?手続きや保育料金、時間外保育などの特徴まとめ

保育園には「認可保育園」と「認可保育園」の2種類があることを知っていますか?このうち今回は認可保育園について調べてみました!認可保育園とはどんなところ?認可保育園との違いやその特徴について紹介しちゃいます。働きに出ようと思うママが最初に悩む保育園選び…違いなどを知って参考になれば幸いです☆

無認可保育園と認可保育園の違いについて!

働こうと思ったママが一番最初に考えるのが、どこの保育園に子供を入れるのか?という事ですよね。そんな時に気になるのが無認可保育園や認可保育園の違いです。

こちらの記事ではそんな無認可保育園と認可保育園の違いについてと、無認可保育園の特徴などを解説したいと思います。保育園について悩んでいるママはぜひ参考にしてください!

無認可保育園ってどんなところ?

無認可保育園というのは国の児童福祉法に基づく認可を受けていない保育園のことです。「認可外保育園」と呼ばれることもあります。

国の認可は受けていないですが都道府県で独自の認可基準を設けている場合もあります。例えば東京都の場合は「認証保育園」という制度を設けていますが、これも無認可保育園に入ります。

保育所と保育園の違いって?認可・認可外・認証、どう違う?何が違う!?

関連記事:

保育所と保育園の違いって?認可・認可外・認証、どう違う?何が違う!?

「保育所」と「保育園」の違いとは何でしょうか?実は「保育所」が正式名称…

認可保育園との違いについて

認可保育園と無認可保育園との違い

児童福祉法に定める保育園は、保育される人数に対する保育士の数や施設の広さ、設備などが決められています。この基準に当てはまっていて国から認可を受けた保育園が認可保育園となります。

設備が整っていない、広さが無い、保育士の人数が足りない、により公的機関から認可を受けていない保育園が無認可保育園という事になります。

国から認可を受けていない=危ない?

女性 不安

国から認可を受けていないと聞くと、なんだか危ないイメージを持つ人も少なくありません。しかし無認可保育園は危ない保育園というわけではありません!

実際には認可保育園よりも特色があり、子供の成長にプラスとなるような園もたくさんあります。例えば認可を受けるに条件のひとつに一定の広さの園庭・施設が必要です。

そのため園庭を持たない保育園はいくら内容の濃い保育をしていても認可保育園になることはできません。また国からの制約を受けたくないためにあえて無認可保育園としている園も中にはあるのです。

保育園、私立と公立何が何が違うの?それぞれの特徴や園児数を徹底比較!

関連記事:

保育園、私立と公立何が何が違うの?それぞれの特徴や園児数を徹底比較!

保育園には、私立と公立の2種類があります。それぞれ費用やサービスなど大き…

保育園のイベントや行事まとめ。保育園の年間行事って?

関連記事:

保育園のイベントや行事まとめ。保育園の年間行事って?

入園式から始まる保育園では一年を通してどんな行事やイベントがあるの?行…

無認可保育園だからこそ!その特徴は?

無認可保育園の特徴は?

では無認可保育園というのは具体的にどのような保育園なのでしょうか?無認可保育園の特徴についてまとめてみましたので紹介します♪

保護者の状況に関係なく入所できる◎

認可保育園は保護者が子供を保育できない状況、例えば就労や疾患などがあることが入所の条件になっています。それに対して無認可保育園でこういった入所の条件は施設により異なります。

そのため保育できない事情があるわけではない保護者も子供を入所させることができます。なお、都道府県で独自の入所基準を設けている場合もあります。

手続きも簡単なところが多い

書類

先ほど説明したとおり保護者の状況に関係なく入所ができるため、認可保育園に入所する場合には必要な就労証明書などが必要ない場合も多いでしょう。

それ以外にも認可保育園に比べると入所の際の必要書類が少ないケースが多いのも無認可保育園の特徴といえます。忙しいママには助かりますね。

時間外保育などが充実!

認可保育園に比べると無認可保育園の方が延長保育・夜間保育・休日保育などの時間外保育が充実していることが多いです。また園によっては病気の子どもを預かってくれる病児保育をしてくれる園もあります。

認可保育園は病児保育を行なっていないところがほとんどで、子供が病気になると保護者が仕事を休まなければいけないケースが多くあります。こういった点は無認可保育園の強みと言えるでしょう。

無認可保育園の方が教育が充実している場合も?

保育園

無認可保育園は国の認可を受けていない事により法律による制約が少ないです。そのため園によって教育面の充実にかなりの差があります。

園によっては認可保育園よりも教育的な内容が充実しており、英語教育やリトミックといった特色ある保育をしている園も多くあります。この点は無認可保育園を選ぶ際の1つの基準となりますね!

保育園の口コミ。知っておきたい評判まとめ!

関連記事:

保育園の口コミ。知っておきたい評判まとめ!

初めて保育園に子供を入れるときは、保育園を比較したくてもどこが違うのか…

料金は認可保育園に比べるとやや高め

最後に気になる保育量についてです。無認可保育園では年齢にもよりますが、1ヶ月の保育料が50,000~70,000円という園が多いです。

特に先ほど紹介したような教育面の充実を売りにしている保育園は、その分保育料も高いところが多いでしょう。一方認可保育園は自治体や保護者の収入によって保育料が決まっています。

おおむね無認可保育園よりも安い場合が多いようです。自治体によっては無認可保育園への入所でも補助金が出るケースもありますので、詳しくは園や自治体に問い合わせてみましょう。

幼稚園・保育園の補助金制度ってどんなもの?基礎知識と必要書類や申請などの手続き方法まとめ

関連記事:

幼稚園・保育園の補助金制度ってどんなもの?基礎知識と必要書類や申請などの手…

子供を保育園や幼稚園に入れようと思っているママたちにとって、気になるの…

保育園の平均料金はどれくらい?保育料の計算方法とは

関連記事:

保育園の平均料金はどれくらい?保育料の計算方法とは

働くお母さんの強い味方、保育園。実際に預けようと思ったら、保育料はどれ…

認可保育園と無認可保育園、違いはあるけどしっかり下調べを☆

子供に合わせた保育園を選ぼう

認可保育園と無認可保育園の違い、その特徴についてまとめてみましたがいかがでしたか?国から認可されていないからという理由で悪いイメージもある無認可保育園ですが、メリットもあるんですよ!

またそれぞれの園に特色があるという点では、無認可保育園の方が子供の個性に合わせた保育が受けられますね。いずれにせよ認可保育園でも無認可保育園でも、しっかり下調べをして子供の保育園を決めましょう♪

「無認可保育園」「認可保育園」「違い」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!