「毎日2時間歩け」?!かたくりこさんの4コマ妊婦生活で描かれる臨月妊婦さんあるある!

ブログ4コマ妊婦生活」には、作者のかたくりこさんが漫画やイラストで綴ってくれる、妊娠時代のあるあるネタが満載!特に臨月中の妊婦さんのネタが豊富でおもしろいです。妊婦さんならあるある〜と頷くこと間違いなし。今回はその中から厳選ししたエピソードと、筆者の臨月時の体験談を紹介します!

画像:ameblo.jp

プレママブログナンバーワン!4コマ妊婦生活、ご存知ですか?

ブログ「4コマ妊婦生活」は、つい先日出産報告のブログがアップされた「かたくりこ」さんが投稿する、妊婦生活を漫画やイラストで綴ったブログです。

アメブロのプレママ部門では連日1位を飾っている人気ブログなので、ご存知の方も多いかも?

妊婦さんなら、あるある〜!ママさんなら、懐かしい〜!と感じる、クスッと笑える漫画が多いです。

かたくりこさんって、どんな人?

かたくりこさん 画像:ameblo.jp

ブログの作者、かたくりこさんは30代の女性で、IT関連のお仕事をしていたそうですが、不妊治療のため退職、その後めでたく赤ちゃんを授かったママさんです。

不妊治療時代のエピソードを綴った、「不妊治療、はじめました」というブログもあるそうです。

旦那様もIT関連のお仕事をなさっている、40代の方だそうです。

1ヶ月だけの貴重な期間…臨月に起こるあるあるとは!

40週前後のながーい妊婦生活のうち、最後のたった1ヶ月ほどの臨月期間。ラストスパートをかけるかのように、様々な変化があり、様々な感情が湧き起こります。

そんな貴重な期間に発生するあるある、紹介します!

毎日2時間?!急にスパルタになったお医者さん

4コマ妊婦生活 画像:ameblo.jp

臨月あるあるの一つに、今まで腫れ物を触るかのように扱ってくれていた人たちが急にお尻を叩きスパルタになることがありますよね。

かたくりこさんもそれを経験し、漫画に綴っています。

毎日2時間?!普通の大人でも2時間歩くのってしんどいのに、お腹の大きい妊婦さんにそれを言うお医者さん…!

かたくりこさんの様子を見て、平気と判断して言っているのでしょうが、いきなりハードですよね。

筆者も共感…ゆっくり楽しんでね、が、急に?!

筆者にもありました、臨月を迎えたら急に周りの言うことが変わったこと。

臨月までは、親族や周りの友人にゆっくりこの期間を楽しんでね〜と言われていたのに、臨月を迎えた途端、予定日いつだっけ?まだ生まれないの?まだ生まれないの?と聞かれました(笑)

臨月となると、急にみんな早く赤ちゃんに会いたくなるのでしょうか?

本人としても、もう少しこの妊婦生活を味わっていたいような、早く赤ちゃんに会いたいような、複雑な気持ちだったことを覚えています。

ただ、早くこのお腹の重さから解放されたかったかも?!

嬉しかった変化も…♡

臨月に入ると、急に主人に変化がありました!

赤ちゃんの誕生は心待ちにしていたものの、あまり妊婦生活や出産、育児に対して具体的なイメージを持っていなかった主人ですが、臨月に入りググッと大きくなったわたしのお腹を見てだんだん実感が湧いてきたのか、出産の流れや、生まれてからの生活について積極的に考えてくれるようになりました。

これはとってもいい変化でした!

他にもたくさん!かたくりこさんの妊娠期あるある

4コマ妊婦生活では、臨月のみならず、他にも妊娠期あるあるがたくさん掲載されています。

その中でも筆者のツボだった4コマを3つ、紹介させていただきます!

ご利益ありそう?よくお腹を触られる

妊娠期あるある 画像:ameblo.jp

女性のお腹だというのに、妊娠していると、気軽にお腹を触られるようになりますよね!

「触っていいですか?」と聞いてくれる人もいましたが、いきなり「わー!」と触られるの、たしかにびっくりします。

もしかしたらビリケンさんを触るノリで触っているのかも…そう考えると触らせてあげてもいい気になってきました。

よくわからない、アレ・・・!

妊娠期あるある 画像:ameblo.jp

これ、まさに、「あるあるー!!!!」です。

張りとか痛みとか感覚的なものって、人に説明するのも難しいし、これが果たしてそうなのか?非常に悩みますよね。

筆者も張りがよくわからなかったので「これ張ってますか?」とよく先生に触ってもらい「張ってませんね」と返答されていました(笑)

謎だらけの言葉のオンパレード!

妊娠期あるある 画像:ameblo.jp

出産準備品、リストを見て「初めまして」の言葉の多いこと!

お産パッドと産褥パッド、母乳パッドなど、パッドだけでもこんなに種類があるし…

赤ちゃんの肌着だけでも、何種類もありますよね。このなかで実際にどれが必要なのかも見極めなければならないし、出産準備、奥が深すぎました。

一生のうちの限られた期間・・・妊婦生活の思い出は永遠に!

かたくりこさんのイラスト 画像:ameblo.jp

いかがだったでしょうか?長いようで短いような妊婦生活。しかし様々な出来事、感情が巡り巡る期間です。

妊婦健診、戌の日、出産準備、臨月、陣痛…産んだ後は忙しくてなかなか振り返ることもできませんが、ちょっと時間が出来た時にはこの4コマ妊婦生活を読んで、ご自身の妊婦生活を振り返ってみては?

こんないろんなことを経て生まれてきた子なんだなぁ~と、しみじみしちゃいそうですね♪

※なお、画像の引用についてはかたくりこ様より許可を得ております。

4コマ妊婦生活

「ブログ」「4コマ妊婦生活」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!