インスタグラムで大人気。ぷっくり赤ちゃんが可愛いtomo.kameさんの育児絵日記

インスタグラムで人気沸騰中の、男の子2人育児を描くtomo.kameさんの絵日記をご存知ですか?ユーモアたっぷりの長男くんと、パワフルな赤ちゃんの次男くんの2人育児を面白おかしく描いた絵日記に、ファンからは共感の声が多数寄せられています。また、tomo.kameさんの描くぷっくりで可愛い赤ちゃんの絵に読者は癒されます。そんなtomo.kameさんの育児絵日記を今回はご紹介します。

画像:www.imgrum.net

tomo.kameさんってどんな人?

tomo.kameさんは2児の男の子のママ。4歳の長男くんと0歳の次男くんの子育てに毎日奮闘中です。

長男くんは恐竜や虫が大好きで、ユーモアあふれる弟思いの男の子。次男くんは4ヶ月半で9キロという、なかなかのビッグベビー!インスタグラムでの絵日記では、2人のお子さんのことを中心に、様々な「育児あるある」を見ることができます。

ご主人は「平日は夫とほとんどを合わせない」と言われるほどお仕事がお忙しいようですが、インスタの絵日記に時々登場されます。長男くん同様、面白い方のようです♪

tomo.kameさんはイラストレーターとしても活躍中

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

実はtomo.kameさんは母親業の傍ら、在宅ライター・イラストレーターとしてもご活躍されています。

繊細なタッチとあたたかい色合いの人物画が印象的です。特に子供のイラストは、やわらかい表情がtomo.kameさんならでは!実際にお子さん2人を育てているからこそ、描けるあたたかい絵ですね!

可愛いけど笑える!2児のママの「育児あるある」な絵日記をご紹介

日常で起こる長男くんの面白い勘違いや、次男くんのビッグベビー育児あるあるを、tomo.kameさんがおもしろおかしくイラストで表現してくれます。また、むちむちの赤ちゃんのイラストがたまらなく可愛いんです!

そんなtomo.kameさんの絵日記を一部ご紹介します☆

予告なしの「ぐいん」禁止

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

この重さで急に反り返られると母体に危険を感じます(ーー;) 出典: www.imgrum.net

ママの肩や腰に非常に負荷がかかる、この予告なし「ぐいん」。tomo.kameさんは「反り返りテロ」と名付けました。ビッグベビーにこれをやられると、本当にツライんですよね。そして、気をそらして反り返りテロを誘う上の子も育児あるあるです。

筆者もビッグベビーの我が子で何度も経験しました。落とすわけにはいかないので何とか受け止めましたが、腱鞘炎になりました。

ちぎりパン商品化

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

最近の彼は、毎日自分の腕を惚れ惚れと眺めては商品化を真剣に検討中。 出典: www.imgrum.net

生後2~3ヶ月ぐらいの赤ちゃんに見られる「ハンドリガード」。じーっと見つめている様子が「ちぎりパンを商品化しようか検討中」に見えたんですね!

何段にもなっているぷくぷくの赤ちゃんの腕や足…、肉づき・色つや・ふんわり感とおいしそうなちぎりパンと確かに瓜二つ!期間限定販売となっております!たまりませんよね!

同じ誕生日のはずなのに、1人どアップ

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

満月パワーで同じ日に生まれた産院の戦友5人が一堂に会しました。まだギリギリされるがままでいてくれる赤子たちをいろんな並べ方して撮影会するのも3ヶ月ならではw でもその中で群を抜いてでかい次男は1人どアップで写ってしまうのでした…(^^;; 出典: www.imgrum.net

満月の日に同じ産院で出産した方々で、ママ友会をしたtomo.kameさん。規格外のビッグベビーの次男くんは、他の赤ちゃんと並ぶとなかなかの貫禄で、写真撮影をすると1人どアップに写ってしまうというエピソード。

「オムツのMサイズがもうピチピチになってしまった」と話したら、他の赤ちゃんはSサイズに変えたばかりで驚かれたそうです。

高い高いは自分との戦い

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

私、何故こんなに毎回覚悟が必要なんだろう? 高い高いとか、やっぱ喜ぶのでやってあげたいけれど、この重さだと腰と肩が逝ってしまわないようにかなり準備して足を踏ん張って一回、二回… _| ̄|○ハァハァハァハァ… 筋トレはまだまだ続きます。 出典: www.imgrum.net

「我が子が喜ぶなら…」とたくさんやってはあげたい「高い高い」。しかし、ビッグベビーのママには結構ツラく、ちょっとしたトレーニングになります。高い高いをしてあげる前に、結構な覚悟が必要なんですよね。終わった後には、息切れと腕と肩のピクピク感…。ちょっとした重量挙げ状態です。

そして、笑っているようだけど、ほっぺたが重くて口角が上がってないという次男くんの表情にもご注目です!

お願い、離して

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

赤ちゃんの握力って意外に強いですよね。 おまけに細い指に絡まったおもちゃがなかなか取れない。 結果、お気に入りのおもちゃを握ったまま授乳することになり、ただでさえ重いのに更に無理な姿勢に… これ、反対の乳に変えると今度は脇腹がオーボールに圧迫されることになります… 出典: www.imgrum.net

こちらは授乳あるあるです。

赤ちゃんの指からおもちゃをはぎとったら泣かれてしまうかもしれないし…と思って、そのまま授乳するとなかなか大変です。特にオーボールは握りやすくて、赤ちゃんの手から取りにくい!

かといって、そのまま授乳すると赤ちゃんとママの間にはさまれて痛かったり、喉元に攻撃されたりしながらの授乳はママにとってはなかなかツライ修行状態です。

スイカ大好き

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

長男は西瓜が大好物。 お前はカブトムシかと突っ込みたくなるくらい、赤いトコが皆無になるまで、いやむしろ白いトコさえうっすらしか残らないレベルまで食べ尽くします。 出典: www.imgrum.net

こちらは長男くんについての絵日記。

子供がスイカを食べると必ずびしゃびしゃになりますよね。机も床もベタベタになるスイカあるある。しかもスイカ好きな子は、甘い甘くない関係なしに、赤いところがなくなるまで食べ尽くしてくれます。

スイカで漬物を作るのは、しばらく無理そうですね。

恐竜のためならなんだってできる!

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

CMでマックのハッピーセットが恐竜だと知ってしまった長男。 前日はいつまでも着替えないでダラダラしてたので叱り、ハッピーセットはお預け‼︎ となったため、次の日は寝起きダッシュで完璧に支度を整え、朝からずーーーーっとハッピーセット連呼してました(ーー;) 出典: www.imgrum.net

恐竜が大好きな長男くん。ハッピーセットのために朝の準備はばっちり!午前7時から食い気味に「買いに行く?」とおねだり。朝の準備を素早く済ませてくれるのは嬉しいですけど…、母親としてはちょっと複雑ですね。

ちなみに、ハッピーセット購入後、2口食べてハンバーガーを落としてしまったそう…。しかし、長男くんはおまけでハッピーな気分、母親としてはアンハッピー。おまけだけで満足しちゃうのも育児あるあるですね。

大きな勘違い

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

どっかの家の子とスワッピングされると思ってたらしく、本気の涙声。 半期に一度日本全国で繰り広げられる、四季のある国ならではの良き(?)慣習だよ。 出典: www.imgrum.net

「ころもがえ」を「こどもがえ」と聞き間違えた長男くんが本気で涙。「大好きなママと一緒にいられなくなる!?」と大きな勘違いを。大人にはない発想ですが、「先生、ちゃんと衣替えの意味も説明してあげてー!」と思ってしまいますね。

長男くんの気持ちを思うと不安いっぱいで可哀想ですが、笑えちゃう衣替え騒動エピソードです。

ヒロシじゃなくてもいいの?

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

突如勃発した父への疑念。 父親なのにヒロシじゃないってどういうこと? 名前一字間違って付けられちゃったの? 長男の心配は尽きません。 確かに昔ながらの漫画でのお父さんヒロシ率は高いけれども。 出典: www.imgrum.net

こちらも長男くんの笑える勘違い話。

確かに何故か「ヒロシ」という名前の父親が出てくるアニメは多い気がしますね。世の中のパパ全員が「ヒロシ」という名前だと思っていたのでしょうか。間違えたわけじゃないよ!ヒロキでも大丈夫だよ!

パパへの最高の賛辞

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

父の日とは関係なく、必要に迫られてスーツを仕立てに行きました。 試着した父を褒めるよう促された長男。各国のカブトムシ、クワガタムシに付けられたキャッチフレーズを父に浴びせまくってあげたのでした。 父、公の場で辱めを受けるの巻(^^;; 出典: www.imgrum.net

父の日に一緒にスーツを買い物に行った時のエピソード。長男くんの褒め言葉が、何故かカブトムシやクワガタのキャッチフレーズ。「ラストサムライ」もカブトムシの名前です。

きっと「パパ、カブトムシみたいにかっこいいよ!」って純粋な褒め言葉だったんでしょう。しかし、カブトムシの名前とは分からないであろう店員さんに聞かれてると思うと、お父さんは非常にいたたまれない気持ちだったでしょうね…。

洗濯機から巨乳登場

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

たまにやる失敗。 外し忘れた母乳パッドから、最近の吸水ポリマーの実力を実感。 出典: www.imgrum.net

筆者も経験済みのこの失敗。紙オムツだけでなく、授乳パッドを洗濯機で洗ってしまうと、給水ポリマーが膨らんで、洗濯機からずっしり巨乳が出現。破れてポリマーが破裂すると、さらに大変なことになりますよね…。

出産後の一生忘れられない思い出

tomokame 画像:www.imgrum.net

当時はあまりの疲労感と、聞いてた話と違いすぎる状況にショックを受けていてそれどころじゃなかったけど、こんなシュールな画滅多に撮れないんだから写真撮っとけば良かったなぁ… と思ったので描いてみました。 出典: www.imgrum.net

次男くんを出産された日は満月の日でお産が6組続き、デザインホテルのような個室が売りの病院なのにお部屋が満室。tomo.kameさんは6組目だったため、部屋が空くまで分娩台を簡易ベッド化したという経験をされました。

産後の体でコレはツラい!しかし、なかなか経験できないシュールな画だった…と後日イラストで描かれました。tomo.kameさんご本人はお辛かったでしょうけど、想像するとちょっと笑ってしまいますよね。ごめんなさい。

tomo.kameさんの育児絵日記を読んだ方々の声

tomo.kameさんのインスタ絵日記に共感した方々は多数いらっしゃいます。「育児あるある」にはたくさんのコメントが寄せられていますので、そちらを一部ご紹介します。

「わかる!」がたくさんで笑える

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

「わかる!」がたくさんあって、笑いました(*´∀`)♪育児疲れがぶっ飛びました!うちの双子もタイミングをはかっての脱糞です(笑)。 出典: www.imgrum.net

何故かラーメンを用意すると、いいタイミングで目覚めてうんちしてしまう赤ちゃん。のびてない麺を食べられるのはいつの日か。これも育児あるあるですよね。そんなtomo.kameさんの絵日記に、赤ちゃんがいるママは「わかるわかる!」と笑いながら癒されます。

ビッグベビーあるあるにも共感

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

うちの上の子もずっと上にはみ出ててます!4ヶ月の下の子もはみ出てそうだけど怖いからあんまり計らないことにしてます笑 20人に1人は必ずはみ出ると聞いてとても心強く思いました。うちも母乳なので、とても親近感湧きました。 出典: www.instagram.com

次男くんの4ヶ月健診時点での体重は8730g。体重計からははみ出てしまうためか、しばらくエラー値が出てしまったそうです。お医者さんからは、「母乳育児だし、20人に1人は成長曲線から上か下に必ずはみ出すものだから気にしなくていい」と言われたことを書くと、同じくビッグベビーのママたちから「安心しました」「心強く思いました」との声も。

tomo.kameさんの絵日記は、ビッグベビーに悩んでいる母親にも希望を与えます。

2人目育児あるあるにも共感の声

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

思わず分かるー!!と思いコメントさせていただきました🎵子どもってホントに親の話してる事をきいてますよね!3歳の長男はアタシの口調そっくりですww絵のお兄ちゃん実は弟くんを優しくトントンしてるところにキュン♡としてしまいました(*´ω`*) 出典: www.imgrum.net

夕方の赤ちゃんの「黄昏泣き」に悩まされるママはたくさんいますよね。あやすのに疲れてうっかり呟いた一言を、4歳児の長男くんが真似してしまったというエピソード。2人目育児あるあるに、ママたちも共感してしまいます。

tomo.kameさんのインスタ絵日記で笑って、育児を乗り切ろう

tomo.kame 画像:www.imgrum.net

tomo.kameさんご自身の趣味&ストレス解消法になっている絵日記。しかし、逆にtomo.kameさんがおもしろおかしく絵日記にしてくれることで、読者にとってはママの失敗や辛かったことを「笑い」に変換することができます。

また、今はぷくぷくで可愛らしい赤ちゃんの次男くんも、成長して歩き出したら一体どうなるのかも楽しみですね!子育て中のママはぜひ、育児あるあるがたくさんのtomo.kameさんの絵日記で癒されてみてください!

※なお、画像の引用についてはtomo.kame(@tomekomet)様より許可を得ております。

tomo.kame(@tomekomet)さんのインスタグラムはこちら

公式サイトはこちら

「tomekomet」「インスタ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!