光熱費の節約術!明日からLet's節約!

節約方法を色々実践してみたけれど、それでもこれ以上は落ちないというママに、5つの節約方法を体験談とともにご紹介します。「光熱費」とは電気・ガス・灯油・熱供給。ここではさらに水道料金をいれた「水道光熱費」でご説明します。まずはお家で今払っている支払明細を確認してみてください☆

ガス☆節約方法いろいろ 

ガスよりもお得な電気を使ってみましょう。

「エコキュートとは(オール電化.net)」によると、エコキュートは従来の電気温水器の1/3、都市ガス給湯機の1/8程度の光熱費でお湯を作ることができるとされています。
設置には機器の購入などが必要になりますが、現在の電気代・ガス代単価で考えると平均して5年~6年で元が取れる計算になります。 出典: www.setuyaku-guide.net
IHクッキングヒーターの熱効率はおよそ90%であるのに対して、ガスコンロの熱効率はおよそ40~56%となっており、IHクッキングヒーターの効率性がわかります。 出典: www.alldenka-life.net

他にも

  • 圧力鍋や加熱調理機、電子レンジを活用してガスを使わない
  • 火加減を調節、鍋の底を拭く、コンロを掃除するなどの工夫で熱効率を高める
  • 蓋や保温シートを活用して風呂のお湯の温度を下げないようにする
  • シャワーのお湯を一日1分短縮すれば、年間でガス代1300円の節約。
  • 連続して一つのコンロを使う

などのガス代金を節約する方法があります。

水道☆グッズを使う水道料金の節約方法

節水グッズを使ってみましょう。節水コマやシャワーヘッドを使うと、水の量を減らすことができます。

例えば、(節水コマで)洗いものなどで水を流し使いする場合、1分間に最大で約6リットルの水道代を節約することができます。1日に20分の洗いものをした場合、一ヶ月で600リットル、864円の水道代節約になります。 出典: muryou-kakeibo.drwallet.jp
「節水シャワーヘッド 」。値段は1000円台のお手ごろ品から、1万円以上のものまで様々。タイプによって節水効果も、4人家族で一年間4000円~20000円位まで様々。
出典: www.777money.com

節水グッズで不要な水を使わないようにすると節約も出来てエコにもなります。自宅の水道にはどんなタイプの節水グッズが合うのかをよく調べてから購入しましょう。安価なものだと、100円ショップでも購入できますよ。

電気☆電源OFFで節電

主電源を切ること、コンセントを抜くこと、ちょっとした心がけで節約ができます。

ビデオの待機電力はTVよりも大きめ。使っていない時に主電源オフを徹底することで、年間約1700円の節約が出来ます! 出典: www.777money.com
電気ポットの消費電力は、なんと冷蔵庫と同等レベル!使わない時はコンセントを抜くことで、年間約2400円の節約に! 出典: www.777money.com

他にもテレビや給湯器の電源など、電源をコンセントから抜いても差し支えないものは抜いてみましょう。節電タップを使って待機電力を押さえる方法も有効ですね。

設定温度を調節して節電

冷房時に1℃上げ、暖房時に1℃下げれば、年間約2000円の節約!たった1℃の差ですので、体感的にはほとんど変わりませんよ。 出典: www.777money.com
寒い冬は冷蔵庫の設定温度を「中」や「弱」に。これだけで年間約1700円の節約!(中略) 冷蔵庫の内容物を適量以下に減らせれば、年間1500円程度の節電になります。 出典: www.777money.com

衣替えをするように、季節に合わせて調整をするだけでこんなにもお得になります。また、冷蔵庫とは逆に冷凍庫の中身を増やすと電気代の節約になりますのでお試しあれ。

電球形蛍光灯を活用しよう

電球の形を変えるだけで、かなり電気代金を抑える事ができます。

電球形蛍光灯(でんきゅうがたけいこうとう)とは、中身は蛍光灯だけど形は従来の白熱電球(シリカ球)と同じタイプの電球です。これは消費電力が従来の電球の1/4程度に抑えられていてしかも長寿命。価格は高いけど寿命と電気代を考えると断然お得です。 出典: www.setuyaku-guide.net
一般的な白熱電球の寿命はおよそ1000時間、60Wタイプのものだと、1日6時間の点灯で年間に2890円の電気代がかかります。また、利用時間が約2000時間だから2回交換する必要があります。対して電球形蛍光灯の寿命はおよそ6000時間、60Wタイプのものだと電気代は1/4なので722円。そして、3年間は交換しなくてもいい計算になります。 出典: www.setuyaku-guide.net

電気代がお安くなり、しかも寿命が長いので取り換えもゆっくりになるので、取り替えることができるものは積極的に取り替えてみましょう。

ガソリン☆ガソリン代を節約する以外な方法

毎週価格が変動するガソリン。通勤に使う家庭にとっては大きな出費になります。

10km 走行毎に急発進・急加速をした場合と、しなかった場合とを比較すると、年間でガソリン28リットル=約3000円分の節約になるとか! 出典: www.777money.com
タイヤの空気圧を適正に保って走行した場合、適当な空気圧の場合と比べて、ガソリン15リットル=約1600円分の節約に! 出典: www.777money.com

ガソリン代が高騰すると家計が圧迫されます。運転の仕方やメンテナンスでガソリン代が節約できるなら、ぜひやってみたいですね。

トータルでいくらの節約に??

いかがでしたか?これまで紹介した方法を実践すると、合計で19,232円の節約になります!浮いたお金で家族が喜ぶものを買えちゃうかもしれません。かと言って、頑張りすぎは禁物です。楽しく節約生活を送りましょう。

「光熱費」「節約」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!