個人賠償責任保険とは?補償される事故と対象や体験談まとめ

個人賠償責任保険、入っていますか?日常生活で他人に対しての賠償が発生した時、子供・家庭を守ってくれる心強い保険です。他の保険の特約として契約できる保険で家族全員が補償の対象となり、出費も小さくいざというときに役立ちます。実際、どんな時に保険使うことになるのでしょうか。体験談を交えてご紹介します

個人賠償責任保険とは?どんな事故に備えられるの?

個人賠償責任保険とは、個人またはその家族が、日常生活で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりした時に助けてくれる保険です。

その事故によって発生した損害賠償金や弁護士費用などを補償してくれます。 火災保険や傷害保険、自動車保険などの特約として契約することができます。

個人賠償責任保険で補償される事故

実際この保険で補償される事故はどんなものがあるのでしょうか。例を見てみましょう。

事例

  • 駐車場に停めてある他人の車に傷をつけた
  • 自転車で走行中に人にぶつかって怪我をさせた(後遺障害を負わせてしまった、死亡させてしまった)
  • 誤ってお店の商品を落として壊してしまった
  • ケンカをして相手の子供に怪我を負わせてしまった
  • おもちゃを振り回していて誤って友達を怪我させた
  • 窓から誤って物を落として、下を歩いていた人に怪我を負わせてしまった

※保険会社によって違いはありますが、ケンカによる怪我などの補償は、子供が小さい時に限られます。

どうやって入るの?

個人賠償責任保険は一般的に他の保険に特約として付いています。もしすでにあなたが積立型の火災保険や自動車保険、傷害保険に入っていれば、個人賠償責任保険の特約をつけているかもしれません。またクレジットカードにも付帯されている場合も多くあります。

加入を考えている方は、まずご自身やご家族が加入されている保険、所有されているクレジットカードを確認するのがいいでしょう。

保険の対象は?

  • 個人
  • 配偶者
  • 同居している親族
  • 生計を一にする別居の未婚の子(仕送りを受けている学生など)

個人賠賠償責任保険の特徴として「対象となる人の範囲が広い」ことが挙げられます。

個人責任賠償保険には、家族型というものがないので、家族の中で一人が入っていれば、家族の全員が保険の対象になるということです。お子さんももちろん対象です!

月にいくらかかるの?

お金

おおよその目安としては、保険金額1億円で火災保険などに特約で加入する場合は月120円ほどです。100円弱でもしもの時1億円の保証があると思うと、どこか安心できますよね!

しかも月に120円だったら払ってもいい!という方も多いのではないでしょうか。

個人賠償責任保険の注意点!

個人賠償責任保険についての注意点についてまとめてみました。

  1. 個人賠償責任保険は単独で入ることはできず、特約として他の保険についてくる
  2. 他の保険に特約としてついてくるということは、個人賠償責任保険の加入が二重になってしまわないようにする
  3. 保険を解約する時は、個人賠償責任保険も一緒に解約されてしまう場合もあるので、加入している保険のことはきちんと把握しておく
  4. 家族のひとりが加入していれば、家族の全員が保証の対象になることを忘れないでおく

個人責任賠償保険を注意点に気をつけて、うまく利用していきましょう!

個人賠償責任保険に入っていてよかった!【体験談】

個人賠償責任保険 体験談

実際に個人賠償責任保険を利用することになった方の体験談を見てみましょう。

外車に傷を付けてしまった!

野球部に入っていた長男が、ボールを投げたら外車に当たり傷つけてしまったのです。早速お詫びにいき弁償することになりました。しかし外車ですので特殊な板金が必要で、小さな傷でしたがドア1枚をかえることとなりました。結局何十万もかかり倒れそうになりましたね。しかし子供の保険に加入していたことを思い出し、連絡してみました。すると賠償保険でお金がおりると聞き安心しました。 出典: guidatour.net

他人の車に傷を付けてしまう事、ありそうですね。しかも、車もピンからキリまでありますから、とんでもない修理金額になってしまう事もあります。自分の車が新車で買える値段・・・なんてことになっても、保険で補償されると安心ですね。

石を投げたら・・・

子供は3人いますが全員に賠償損害保険に加入しています。子供はいつなにをしでかすかわかりませんからね。無制限の補償の保険に入りました。そんな矢先早速長男がやらかしました。

石を投げて他人の車に傷つけたのです。すぐに保険の会社に電話すると申請できるとのこと。修理費の領収書やコピーなどそろえるものを丁寧に教えて下さり安心しました。相手の方にお詫びにいき書類をいただき申請するとすぐにお金が入金されていました。 出典: guidatour.net

悪気なく、なんとなくしてしまう事でも、子供はそれによって起こる事の危険性を察知する力が弱いため、事故を起こしてしまう事が多々あります。親が予測しないことが起こってしまうので、幅の広い補償が必要になります。

ケガをさせてしまった!

子供がうっかり他人にケガをさせてしまったときのこと。どうしたらいいかわからず、相談をしたところ、すぐにご対応いただきことなきを得ました。 出典: rcm3419.com

他人にケガをさせてしまったら、動揺も大きく対応に困ってしまいそうですね。示談代行サービスのついている保険であれば、金銭的な賠償の対応をしてもらえます。その際も、ケガをさせてしまった相手とはきちんと話をして、気持ちのケアを忘れないようにしましょう。

小さな出費で大きな安心を!

個人責任賠償保険 安心

個人責任賠償保険は、金額も年に1000~3000円程度と負担も小さく抑えられる保険です。この保険に入っていれば、何か事故を起こしてしまった時に、焦らずに対応できそうです。

特に小さなお子さんがいる方は日々、ヒヤヒヤする場面も多いのではないでしょうか。もしものことがあった時のために、保険でしっかりとカバーしておくことはお子さんのためにも、ご家族のためにもなりそうです。

注意点に気をつけてあなたも個人賠償責任保険を検討してみてはいかがでしょうか?

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!