この冬は北海道へ旅行しよう!おすすめの冬のイベント紹介☆

もう休み!?と思う時期ですが、連休の旅行は早めの予約が必須ですよね。当然、年末年始は実家に帰省します!という方も多いと思いますが、滅多に家族の休みが合わないから今年は、家族旅行に行きたいというご家庭もありますよね。今回は、年末年始に限らず、休みにピッタリの北海道旅行のおすすめイベントをご紹介します。

北海道旅行はエリアを絞って!

北海道旅行の基本はエリアを絞ることです。どうせ、北海道に行くならココもアソコも行きたい!と思ってしまいがちですが、ご存知の通り、北海道は広大なので、都市間の移動時間がとてもかかります。

特に冬は雪道のため、夏よりもかなり移動時間がかかってしまう場合もあります。なので、旅行先はエリアを絞って決めましょう。

移動時間が長いと、子供達も飽きて疲れてしまいますしね。子連れで楽しめる、北海道旅行の冬のオススメプランをご紹介します。

冬の北海道、おすすめイベント3選♡

それでは、冬の北海道旅行にオススメのプランをご紹介します。年末年始だけではなく、冬休みの家族旅行の参考にしてみてください。

プラン1:星野リゾート「トマム」で家族で冬の大自然を満喫!

「トマム」は、星野リゾートが手がけるリゾート地で、北海道の中央付近にあります。新千歳空港からJRで約70分程度で、トマム駅に着きます。

旅行日数にもよりますが、トマムでウィンタースポーツなどをアクティブに満喫し尽くすというプランはいかがでしょうか。

託児付きのレッスンや体験教室など、幼児から大人まで、多彩なプログラムが用意されています。トマムは子連れ旅行に嬉しいポイントがたくさんありますよ!

星野リゾート・トマムの基本情報

  • 住所: 〒079-2204 北海道勇払郡 占冠村中トマム
  • TEL:0167-58-1111
  • アクセス:新千歳空港より、JRで約70分(乗り換えあり)
  • スキー場営業: 2015/11/28-2016/4/3

星野リゾート・トマム

オススメポイント1.初心者スキーやそり遊びの「ニポタウン」

スキーが初めての初心者や、ファミリー専用コースなどが完備したエリアです。そり滑りのコースもあり、遊具(そり)も無料レンタルできます。

初心者のスキーの練習や、子供の雪遊びも楽しめる無料エリアです。子連れが気になるトイレや休憩所なども、隣接するホテル「ザ・タワー」内にあるので安心です。これなら、家族みんなで楽しめますね。

オススメポイント2.赤ちゃん連れでも安心のお宿

1番のオススメポイントは、何と言っても赤ちゃん連れにも優しいお宿という事です。トマムには「ままらくだ委員会」という、ママの意見や要望を参考して、子供だけでなく、ママのストレスも軽減してくれるサポートが充実しています。

ママらくだルームでは、移動可能な低床ベッドを採用している他、荷物を減らすために充実のアメニティーが揃えられています。

また、一部レストランでは、アレルギー対応の離乳食を無料で提供してくれたり、ロビーにキッズスペースがあったり、授乳室も設置されていたりと、託児サービスが利用できたり、と家族旅行に嬉しいサービスが盛りだくさんなのです。

ままらくだ委員会

オススメポイント3.夜まで楽しい!

トマムの冬の風物詩になっている、氷でできた「アイス・ビレッジ」はキレイなだけでなく、楽しい事もたくさんあります。

アイスリンクだけでなく、氷の教会、氷のカフェ、氷のバー、氷の学校などなど、まさに「村」ができあがります。

防寒をしっかりとして、極寒の地を体感しましょう!毎年、アイスビレッジの内容は少しずつ変わります。今シーズンの詳細はまだ、発表されていませんが、きっと楽しめるイベントが目白押しだと思います。

プラン2:冬の旭山動物園と雪遊びを満喫!

旭川に滞在するプランはいかがでしょうか。札幌からJRで約1時間20分で旭川に着きますし、電車の本数も多いです。有名な旭山動物園は、冬でも人気で、雪の中で元気な動物の姿を見る事ができます。

また、東門の近くに期間限定の「旭山雪の村」という遊び場ができるので、そちらで雪遊びも堪能できます。

天候の悪い日や、寒くて暖かい場所で遊びたいという時は、無料で木のぬくもりを感じながら遊びる室内遊戯場もあります。

旭山動物園基本情報

  • 住所:〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
  • アクセス:JR札幌駅〜旭川駅(1時間20分) 旭川駅より園までバス(約40分)
  • 冬期営業:平成27年11月11日〜28年4月7日
  • 営業時間(冬期):午前10時30分~午後3時30分
  • 入園料:大人820円、中学生以下無料

旭山動物園

オススメポイント1.雪の動物園を堪能しよう!

冬でも動物たちは元気です。特に寒い地方に生息する動物たちは、当然活き活きとする季節です。ペンギンのお散歩や、透明な筒を泳ぎながら通るアザラシなど、大人も子供も楽しめます。

年中人気の動物園ですが、さすがに夏よりは来場者数の減るので、並びながら混雑した園内を見るより、ゆったりと動物を観察する事ができます。

旭山動物園は、園全体が坂道なので滑らないように気をつけてくださいね!

オススメポイント2.「雪の村」で雪遊び!

期間限定で、旭山動物園の東門の向かい付近に、「雪の村」がオープンします。バナナボートや、そり・チューブ滑りなどが楽しめます。

スキーやスノーボードのレンタルなどもあります。ただし、チューブ以外は各種料金がかかります。

旭川に来たらここもオススメです!

天候を気にぜず遊べる室内遊技場「もりもりパーク」が、旭川駅徒歩3分の好立地にあります。森の中の冒険遊びをテーマにしており、こだわりの木の遊具は、どれも温かみがあるものばがりで、キッズデザイン賞も受賞しています。

初回のみ事前に登録は必要になりますが、なんと無料で遊べます!0歳の子でも楽しめますよ♪

もりもりパーク基本情報

  • 住所:北海道旭川市一条通八丁目108番地フィール旭川6階
  • TEL:0166-56-0760
  • 利用時間:10:00~18:30
  • 休業日:元旦

もりもりパーク公式サイト

プラン3.札幌で有名お菓子工場や、温泉を楽しもう!

拠点を札幌におくプランは、その時の状況によって自由度も高いかもしれません。昔から札幌の有名なお菓子「白い恋人」の工場見学は、様々な体験教室も開催されています。

そのあとは、市内という近場にあり、無料直行バスで行ける温泉街で、親子とも旅の疲れを癒してはいかがでしょうか。

オススメポイント1.白い恋人パーク

ヨーロッパのお城のような建物の工場内を見学できるほか、クッキー教室などの体験教室も開催されています。カラフルなキャンディーの実演や購入ができる、キャンディーラボもあります。

白い恋人パーク詳細

  • 住所:北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36
  • TEL:011-666-148
  • 営業時間:9:00~18:00(最終入館受付 17:00まで)

白い恋人パーク公式サイト

オススメポイント2・近場にある温泉街

札幌市内で、直行無料バスで約50分で行ける定山渓は、地元でも人気の温泉街です。特に「定山渓ビューホテル」は、「水の王国ラグーン」という、大きな温水プールがあり、子連れが多い宿です。

冬は露天風呂で、雪を見ながら、さむーい外の空気と温泉の温かさとのギャップを楽しむのが、雪国の温泉の醍醐味と言えるでしょう。

定山渓ビューホテル詳細

  • 住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
  • アクセス:無料バス毎日運行
  • 予約・問い合わせ:011-598-3339

定山渓ビューホテル公式サイト

冬の北海道への旅行はしっかりと防寒して楽しみましょう!

雪遊びをする子供

冬の北海道は、当然雪が積もります。中心部は年末年始でも気候によっては路面が出ている場合もありますが、観光等することを考えると、やはり冬靴を用意した方が良いでしょう。

長靴も夏のレイン用ではなく、滑りにくい厚手の雪用のブーツをおすすめします!スキーウエアや手袋、帽子など、大人も子供も防寒対策はしっかりとする事が大切です。

準備は大変でも、一面の雪景色にお子さんも大喜びしてくれるのではないでしょうか。楽しい家族旅行になると良いですね。

「冬」「北海道」「旅行」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!