1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食・赤ちゃんの食事
  4. 生後9~11ヶ月の離乳食(カミカミ期)
  5. 3回食が始まったら。フォローアップミルクが必要な栄養を全力サポート!

PR:アサヒグループ食品株式会社

3回食が始まったら。フォローアップミルクが必要な栄養を全力サポート!

満9か月頃のお子さまは、ハイハイで動き回ったり、つかまり立ちをしながら移動したりすることが増えて運動量が多くなってきます。離乳食も3回になる時期ですね。そんな成長するお子さまに合わせて、毎日必要な栄養をちゃんとあげていきたい!と思うママ・パパに朗報。このたび、「和光堂フォローアップミルク ぐんぐん」がリニューアルしました。牛乳や離乳食では不足しがちな栄養を、おいしくサポートしてくれるポイントを紹介します!

しっかり栄養バランスの取れた離乳食作り、正直自信が…

3回食が始まると、離乳食も本格的な時期になってきますよね。

そんな時気になるのは、やはりお子さまの栄養面のこと。

9ヶ月頃になると完母は特に鉄分が不足するので
離乳食に鉄分を取り入れてとよく聞きますよね。

どの程度取り入れたら足りてるのでしょう?😅
もうすぐ10ヶ月、完母、三回食です。
毎食ではないですが1日のうちのどこかには
ほうれん草30gや牛肉15gは入れてますが、
こんなんで足りてるのか??🤔

鉄分が不足してたら目に見える症状とか
でますか??
バランスよく作ってるつもりでも
いろいろ不安になって考えてしまいます😓
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

私たち、だからフォローアップミルクを使ってました!

そんな離乳食作りやお子さまの栄養バランスに悩むママ・パパたちの強い味方になるのが、普段の食事では補いきれない栄養をサポートしてくれるフォローアップミルク。

みんな実際どんな風に使っているんだろう?と、ママリ編集部のフォローアップミルクを使っていた先輩ママたちに、気になる使用時の感想を2022年3月にインタビューしてみました!

Q.使い始めたきっかけは?

Q.使っていてよかった!と感じたときは?

聞いてみて分かったのは、やはりフォローアップミルクを使用している「安心感」。

特にまだあまり食べることに慣れておらず、偏食になりがちなお子さまがいるママ・パパの強い味方になってくれるんですね。

リニューアルした「和光堂フォローアップミルク ぐんぐん」が、発育に大切な栄養をしっかりサポート

先輩ママも使っていて安心感があった!というフォローアップミルク。

よりお子さまの栄養サポートや、ママ・パパの使いやすさを考え抜いたという「和光堂フォローアップミルク ぐんぐん」が、この度リニューアルしました。

どんなところが発育に大切な栄養をしっかりサポートしてくれるポイントか、一緒に見てみましょう!

1日2回(400ml)で栄養サポート!
リニューアルした「ぐんぐん」

牛乳で十分?いいえ、そんなことはないんです

1歳になると、牛乳が飲めるようになるからこれでOK!と考えている方もいるかもしれまん。

でもグラフを見ると分かるように、実は牛乳では補いきれない、鉄やビタミンなどお子さまに大事な栄養素を「ぐんぐん」ならサポートすることができるんです。

好き嫌いや食べムラが激しいお子さまに、なんとか離乳食をたくさん食べさせなきゃ!というお悩みも軽くなるのでは?

お子さまに不足しがちな鉄をおいしくサポート!

急速に発育する乳幼児期には、たくさんの鉄が必要とされています。

1歳~2歳のお子さまに推奨されている1日分の鉄は、4.5mg*² 。これはなんと、ゆでたほうれん草だと約500gで*³、2.5束分にもなります!*⁴

※2 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」1~2歳の推奨量(男女平均算出値)
※3 日本食品標準成分表2020年版(八訂)参照
※4 調理のためのベーシックデータ第5版(女子栄養大学出版部)参照

でもお子さまに、全て離乳食から鉄を摂ってもらうのはなかなか大変なこと…。

実際に、平成28年度 国民健康・栄養調査によると、1〜2歳のお子さまは、食事摂取基準の推奨量を満たしていない結果も示されています。

「ぐんぐん」なら、400ml(コップ約2杯)で1日分の鉄の必要量を100%以上*⁷サポート!

さらに、「鉄」のほかに「カルシウム」「ビタミンC」「ビタミンD」も400mlの「ぐんぐん」を飲むことで、1日分の必要量を100%以上*⁷サポートしてくれるんです。

※7 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」1~2歳の推奨量・目安量(男女平均算出値)に対する割合(1日あたり「ぐんぐん」を400ml摂取したとき)

鉄不足かも…
そのお悩み「ぐんぐん」で解決!

新たに配合!発育と健康に大切な「亜鉛」

今回のリニューアルで新たに配合された、乳児の発育に欠かせない必須ミネラルの「亜鉛」。

亜鉛も離乳食だけでは不足しがちな成分だから、「ぐんぐん」で補ってあげたいですね。

使いやすい3つのポイント

フォローアップミルクを試してみたいけど、うちの子はほぼ母乳だったから飲んでくれなかったらどうしよう…作るのは手間じゃないかな?

そんな「フォローアップミルク初めてさん」でも始めやすいように、「ぐんぐん」にはいろいろな工夫がされています。

1.普段の離乳食レシピに混ぜてアレンジ!

お料理に混ぜて使うこともできるので、普段作っている離乳食の栄養バランスをサポートできます。

なかなか飲みきれない…というお子さまにもぴったりの使い方です。

月齢別レシピも豊富なので、離乳食メニューがマンネリ化してきた方は「ぐんぐん」をプラスしたアレンジレシピを試してみては?

9〜11か月頃のお子さまへ、スイートベジタブル

なかなか野菜を食べてくれなくて…と悩んでいるママ・パパにおすすめなのが「スイートベジタブル」。

色どりも良く甘めの味付けなので、これならお子さまもパクパク食べてくれそう!

スイートベジタブル
詳しいレシピを見てみる

12か月頃のお子さまへ、きな粉のミルクおはぎ

おやつにはもちろん、朝ごはんのときにもおすすめの「きな粉のミルクおはぎ」。

ころんとした形が可愛く、手づかみ食べにもぴったりのレシピですね。

きな粉のミルクおはぎ
詳しいレシピを見てみる

2.満9か月頃から使用できる

使用できる月齢が満9か月頃からなのも、「ぐんぐん」が使いやすいポイント。

早めに卒乳・断乳をしていたり、3回食がはじまったりすると「これで大丈夫かな?」とお子さまの栄養バランスが気になるママ・パパも。

そんなとき、成長期の体づくりに大切な栄養素をサポートしてくれる「ぐんぐん」があれば心強いですよね。

3.水で溶けるから、欲しいときにすぐ作れる

保育園に通っているお子さまがいる家庭では、とにかく朝はやることがたくさんで大忙し!

登園前にちゃんと水分補給もさせておきたいと思ってたところに、お湯を沸かしておくの忘れてた!なんてことも。

「ぐんぐん」なら水でサッと溶けてすぐ作れるので、忙しい朝や外出時にもとっても便利ですよ。

お子さまの栄養に関するモヤモヤは、「ぐんぐん」がお助け!

いつも予想外のことが起きて、なかなか思うようには進まないのが育児の大変なところ。

栄養バランスの良い離乳食を作ろう!と思っても、毎日頑張るのはきっと疲れてしまいますよね。

フォローアップミルクはそんなママ・パパと、成長期のお子さまを栄養面でしっかりサポートしてくれる頼れる存在です。

「鉄」を代表とする牛乳や食事では不足しがちな栄養も、リニューアルした「ぐんぐん」でおいしく補って、家族みんなが健やかに過ごしていけるといいですね。

悩んだらまずは使ってみて
フォローアップミルク