まさかの悲報!オールドネイビー日本撤退のニュース!

カルフォルニア州サンフランシスコ発のブランドのオールドネイビー。やっと日本に入ってきた〜!と大喜びして、子供服からママや家族みんなの服まで揃うファストファッションブランドとして愛用していた方も多いのでは?そのオールドネイビーが日本から撤退してしまうのです!このショッキングなニュースの訳を見てみましょう。

ショック!オールドネイビー日本撤退のわけは?

オールドネイビーはGAP(ギャップ)傘下のブランドで、全米に店舗がある他アジアやヨーロッパでも店舗を展開しています。

ここ2014年の日本参入から店舗が急に増え、現在53店舗ある日本国内のオールドネイビーを2017年の1月末までに閉鎖・撤退すると発表しました。

ブランドとしての成長が最も見られる市場にターゲットを絞り成長戦略を練っていくとのことです。
今後は北米や中国などの市場に拡大していくようですね。

なんとも、急なニュースでとてもショックです・・・

オールドネイビー愛用者の悲痛な叫び・・・

SNSでは、残念だという声が続出!その悲痛の声の一部をご紹介します。

可愛いくて安くて助かってたのに〜

他にも、子供服は安くて可愛くておしゃれで、すぐ着れなくなったり汚す子供服にはもってこいなのでほとんどオールドネイビーで揃えていた!というママも多いのも納得です。
私も子供服や自分のTシャツなんかは着心地が良くて愛用しています。

コストパフォーマンスを考えてもここしかない!

年中何かしらのセールをやっていて、本当にこのお値段でいいの?!というくらい安くて値段の割に生地の持ちも良く人気だったようですね。

ワクワクする店内も人気だったのに・・・

本場アメリカの店舗を体感できる広々とした店内と、カラフルで見ているだけで楽しいのに見るところに困っちゃうあのワイワイした雰囲気が好きだった方も多いのではないでしょうか?

ズボンの履き心地がいいという声も多数ありました☆

閉店までに買っておきたいオールドネイビーおすすめアイテム!

なくなってしまうとわかった今、買っておきたいアイテムはありませんか?

また今度でいいか!と思っていたママも、撤退に向けて品薄になってしまう前に急いで店舗へゴー!!

一着は持っていたいオーバーオール

ベビーからママまで、オーバーオールでお揃いができます!

もう定番アイテムとなったオーバーオールもこんなに安く手に入るのはなかなかないかも?!

サイズ違いで購入しておく手もありますね!

グラフィックTシャツもワンピースも

キッズTシャツのグラフィックTシャツ、本当に大人が欲しくなっちゃうくらい可愛いものがたくさんありますよね!

ガールズのワンピースもたくさん種類がありますが、このアメリカンカラーのものはオールドネイビーらしさを感じますね!

マルチボーターのマリンTシャツ!

一枚あると色んな着方ができて重宝しそうですね☆

爽やかだしこんな可愛いボーダーサイズ違いでゲット!

全身コーディネートもお任せ!

このボーダーTシャツ、とても人気です!マリンテイストはいつの時代も人気なのですね〜♡

オーバーオールスカートもシンプルで、胸のポケットが可愛いですね!

靴もすぐ小さくなってしまう子供には、このお値段は嬉しい^^

華やかなボタニカル柄

ハッ!と目を引く綺麗なパステルカラーのボタニカル柄ですね!

このボタニカル柄は色んなタイプのお洋服が出ているようです^^

星条旗Tシャツ☆_

ブランドロゴの星条旗アイテム!ネイビーもあります。ザ・アメカジスタイルが完成する一点☆

デニムも子供が動きやすい子供が動きやすいカットになっているので、持っていたいですね!

ファミリーでお揃いにできるアイテムです^^

シューズや小物も!

小物類も豊富なのがオールドネイビー!

子供が脱げにくいようにストラップが付いてあったり、幅広になっていたり、なのにとってもキュート♡

靴は人気でサイズがなくなるのが早いので急いでくださいね!

全身フローラル☆

上記にもあったボタニカル柄のスカートのパターン違いです!

セットアップにしても華やかで上品な柄なので、これからの季節にピッタリ!

このシリーズはフルライン押さえておいても損はないかも?!

惜しいけれど、惜しんでいる暇はない!

欲しいアイテムはありましたか?

ママのアイテムも素敵なお買い得なものが沢山あります。セールも随時行っているので、手に入れておきたいアイテムはゲットしましょう!

本当に惜しいですね…。スピード撤退ですが、なくなってしまう前に足を運びましょう♡

「オールドネイビー」「日本撤退」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!