換気扇掃除の仕方は?フィルターの外し方や簡単なつけおき方法

つい後回しにしてしまいがちな換気扇掃除ですが、実は換気扇は見た目以上に汚れています。フィルターやファンを外して、中までしっかり掃除をしましょう。換気扇はタイプによって外し方が違いますので、家の換気扇がどのタイプなのか確認したうえで作業を開始しましょう。フィルターなどの着脱は意外と簡単です。年一回と言わずに毎月掃除をするようにしていきたいですね。おすすめの洗剤など換気扇掃除をするためのグッズもご紹介します。

換気扇掃除に必要な洗剤などのグッズ

換気扇の掃除はつい後回しにしてしまって、年に1回しかやらないという方も多いのではないでしょうか?換気扇は見た目以上に汚れている場合が多く、油とほこりが混ざってより落ちにくくなっている可能性も高いでしょう。

換気扇掃除を業者に頼まず自分で掃除する場合、実はそこまで手間ではないんです。フィルターやファンなどを順番に外して、洗剤に浸してつけ置き洗いをするだけです。

換気扇掃除自体も、年一回のペースではなかなか汚れが落ちにくく大変ですが、月一回のペースで行うようにするととっても簡単になりますよ。

換気扇掃除を自分で行う場合、準備するものはゴム手袋とスポンジ、専用洗剤だけです。必要に応じてコーティング剤を使用すると、より掃除が楽になるのでおすすめです。

ゴム製手袋

ショーワ ナイスハンド
ショーワ ナイスハンド

¥161

サイズ:全長30cm、手のひらまわり20cm 材質表:塩化ビニル樹脂(非フタル酸エステル系可塑剤)裏:キュプラ・レーヨン(植毛)  原産国:日本
販売サイトへ

換気扇掃除にはまず欠かせないビニール手袋です。換気扇は油汚れなど不衛生な汚れがびっしりついているので、素手で直接触るのも抵抗があるでしょう。手袋をつけておけば洗剤による手荒れも気になりません。

装着しやすいうえに厚手で丈夫です。なのに夏場は蒸れにくく、冬の季節でも水の冷たさが気になりません。購入者の間でも使いやすいと評判で、リピーターも多い手袋ですよ。

使い切りタイプのメラニンスポンジ

エコスポンジミニ
エコスポンジミニ

¥237

メラミンスポンジ
販売サイトへ

3分割して使えるメラニンスポンジです。茶渋汚れやキッチン汚れ、ヤニ汚れをすっきり綺麗に落とします。3分割できて使い切りタイプなので、汚いよごれがこびりついた換気扇掃除にもおすすめです。

換気扇の掃除をする際は洗剤をつける前にこのスポンジである程度の汚れを落としてから、洗剤に浸すとより効果的かもしれませんね。ぜひ試してみてください。

換気扇汚れにおすすめ洗剤

瞬間油汚れ洗剤 なまはげ
瞬間油汚れ洗剤 なまはげ

¥1,490

容量:400ml 成分:エタノールアミン(7%)、けい酸塩(5%)、グリコールエーテル系溶剤、 界面活性剤(ポリオキシチレンアルキルエーテル) 液性:アルカリ性
販売サイトへ

多くの雑誌や書籍で取り上げられている家庭用洗剤です。換気扇の油汚れや錆びつきなどもすっきり綺麗に落とせます。もし効果がなければ全品返金保証の対応もあるほど、汚れを落とすことにとても自信がある商品です。

換気扇だけでなく、電子レンジやオーブン、レンジ周りの汚れにも対応しています。ゴミ袋にフィルターやファンなど汚れを落としたいものを入れ、この液剤を入れてつけ置きするだけで綺麗に落ちますよ。

汚れのくっつきを防ぐためのコーティング剤

キッチン周り油はじいてコーティング
キッチン周り油はじいてコーティング

¥3,655

■容量:100ml■成分:変性シリコーン・フッ素樹脂・イソプロピルアルコール・イオン化水 ■液性:中性 ■原産国:日本
販売サイトへ

換気扇の掃除をした後は、次の掃除へ向けて対策をしておきましょう。掃除をして綺麗になったファンなどにこの液体を塗っておくだけで、油汚れの予防ができます。

シリコンコートとフッ素樹脂コート、イオンコートをこの1本ででき、これによって油がくっつくのを防いでくれます。換気扇だけでなく、ガス台やキッチンの壁にも使用できるのでとても便利ですよ。

年末の大掃除に。エアコンやキッチンのおすすめ掃除グッズ15選

関連記事:

年末の大掃除に。エアコンやキッチンのおすすめ掃除グッズ15選

年末の大掃除は手間も時間もかかる大仕事です。今は掃除用の便利グッズが数…

レンジフィルターとファンの外し方

換気扇

換気扇を掃除するときは、事前に必ず電源を抜くか、ブレーカーを切りましょう。換気扇は1ヶ月使い続けるだけでもほこりや油がたくさんこびりついています。

換気扇の部品によっては意外に重量があるものもあるので、厚手ですべり止め機能もついたゴム手袋を着用しましょう。最初に装着すれば、そのまま洗剤を使った掃除も取り掛かれるので便利ですよ。

準備ができたら、換気扇の部品の取り外しを行います。換気扇にはいろいろと種類がありますが、ブーツ型とも呼ばれる深型のレンジフードで、シロッコファンタイプとプロペラファンタイプの2種類の換気扇についてご紹介します。

深型シロッコファンタイプの換気扇

換気扇

シロッコファンタイプの換気扇は、ドラム状の羽がついた換気扇です。まず、フィルターの取っ手を持ち上げて手前に引くように取り外します。

ファンの縁を抑えるように装着されているベルマウスは、取付ネジを緩めて下にスライドして外します。このとき取付ネジは紛失防止のために外れないようになっていますので注意しましょう。

次にツマミをゆるむ方向に回してファンを外します。レンジフードは、コネクタのツメ部を押しながら引き抜き、本体内部にある前板固定金具を内側に上げれば、前板の下部分を手前に引きながら外せます。

深型プロペラファンタイプの換気扇

プロペラファンタイプの換気扇は、扇風機の羽根と同じような形のプロペラがついていることが特徴で、屋外へ直接排気している場合が多いでしょう。

パーツを取り外す際は、取っ手を持ち上げて手前に引けばフィルターが取り外せます。ファンを軽く手で押さえながらツマミをゆるむ方向に回すと、ファンがシャフトから抜き出せます。

換気扇カバーの部分は、下部を手前に引いて上部にある2ヶ所のツメを抜けば外れるでしょう。レンジフードは、本体内部にある前板固定金具を内側に上げ、コネクタのツメ部を押しながら引き抜きます。

そして前板の下部分を手前に引くように動かせば外れます。

浅型レンジフードの換気扇

換気扇

浅型のレンジフードの場合、整流板の左右を両手で支えながら押し上げます。そして左右の突起を押し込んだままゆっくり下ろし、整流板を奥に持ち上げるように手前から金具を外します。

レンジフードを取り外す際は、調理直後の場合熱くなっている可能性があります。完全に冷めていることを確認してから作業を始めましょう。また、オイルパックが設置されていないタイプの場合は、整流板に油が溜まっていることがあります。

外す際に流れ出してしまう可能性があるので、念頭に置いて慎重に作業しましょう。オイルパックが装着されている場合は、オイルパックも外して掃除が可能です。

また、フィルターの外し方は、フィルターを手で支えながら固定している押さえの部分を手前に引き出します。そしてフィルターの取っ手をしっかり持ったまま手前の下側方向へ向けて引き出せば取り外せます。

ベルマウスとファンは、深型の換気扇と同様にネジを緩め、ツマミをゆるむ方向へ回せば簡単に外れます。

エアコン掃除は自分でできる?掃除の頻度やカビを防ぐ使用方法

関連記事:

エアコン掃除は自分でできる?掃除の頻度やカビを防ぐ使用方法

年末の大掃除、せっかくだから普段しないところも綺麗にしたいもの。エアコ…

簡単なフィルター掃除の仕方

換気扇

換気扇のレンジフードの部分は、中性洗剤溶液を浸した布で拭きましょう。角の部分は油が溜まっていることが多いので丁寧に拭きましょう。

フィルター部分は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯を大き目のごみ袋に入れ、そこにフィルターを浸すと掃除がしやすくなります。フィルターの目に沿ってスポンジもしくはブラシで汚れをこすり落とします。

ブラシは、フィルターの目に対して斜め15度くらいの角度で当てると汚れが落としやすくなります。最後は水洗いで洗剤を落とし、しっかり乾燥させれば完了です。

業者に頼むとどれくらいの料金がかかる?

換気扇

換気扇には、レンジフードタイプとプロペラタイプに分かれますが、レンジフードタイプであれば、5,000円~15,000円程度の料金となり、プロペラタイプの場合は3,000円台~10,000円程度の料金で依頼できます。

業者によっては掃除を行う際に、万が一の場合に備えて損害保険に加入しているところもあります。どの業者も事前に予約制となっており、年末などの時期によっては混み合っていて予約が取れない可能性もあります。

業者に依頼する際は、なるべく早い時期に予約をするようにしましょう。

くらしのマーケット

換気扇掃除は月1回くらいのペースで行うようにしましょう

換気扇

換気扇は一見すると綺麗に見えても、ファンやフィルターは油がびっしりとついてしまっています。この状態を長く放置すればするほど汚れが落ちにくくなっていくので、最低でも月1回は掃除をするように心がけましょう。

油などの汚れが溜まると、換気機能が衰え、ファンが動いていても換気ができていないという状態になります。火を扱っている場合は一酸化炭素中毒などの原因にもなりかねません。しっかりと定期的に換気扇の掃除をしていきましょう。

「掃除」「換気扇」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!