夫のお小遣い額、平均でいくら?収入の何割が目安?やりくり方法も教えます

家計の中で重要な要素ともいえる「お小遣い」。金額や管理方法をどのように決めていますか?毎月足りないと言われながらも家計を守ろうと努力しているママ達も多いでしょう。妻にとってもにとっても悩み深いお小遣い問題。今回は新生銀行のデータから平均お小遣い額をご紹介します。また、収入における適切なお小遣いの割合ややりくり方法を、ファイナンシャルプランナーの意見をもとにお伝えします。

PIXTA

わが家は平均と比べて多すぎ?夫のお小遣い平均相場

家庭にとって、お小遣いの制度や金額はとても重要なものですよね。ご家庭ではパパのお小遣いはどのように設定していますか?新生銀行が2,300人の働く男女を対象に実施した調査「2016年サラリーマンお小遣い調査」で、今の日本の家庭におけるお小遣い額や生活の様子が少し見えてきました。みなさんの家庭でのお小遣い制度にも参考になるかもしれません。

お小遣い額は平均37,873円

男性会社員の月のお小遣い平均額は37,873円でした。年代によっても若干の差があり、20代は40,879円、30代では36,846円、40代では35,670円。一般的に給料がまだ低いはずの20代のお小遣い平均額が最も高くなっています。

その理由は、まだ子供がいない場合はある程度お互いに自由なお金を多く設定しているからだと考察できます。逆に30~40代は子育てや教育費に家庭として多くの支出があり、パパが自由に使えるお金は少なくなっているからだと考えることができるでしょう。

昼食代は平均587円

牛丼 PIXTA

同調査によると、サラリーマンの昼食代の平均は587円。この金額以下で食べられるものは、たとえば次のようなものでしょう。

  • 牛丼(吉野家) 並盛 380円
  • バリューランチセット(マクドナルド) 550円
  • おすすめ幕の内弁当(ローソン) 399円

マクドナルドなら飲み物が付きますが、その他のメニューに飲み物をつけると、ちょうど昼食代の平均額になりますね。昼食代を節約するためにお弁当を持参している方もいるのではないでしょうか。

お弁当にするとお小遣いを節約することはできますが、ママは毎日おかずを用意したりお弁当を詰めたりするのが大変ですね。

出典元:

飲み会代は平均5,102円

飲み会 PIXTA

同調査によると、お店に行って飲み会に参加した場合の平均出費額は5,102円。また、自宅でお酒を飲む場合の平均は2,734円でした。

昼食代で毎日587円を使い、約20日間通勤したとすると合計11,740円。お小遣いからの余剰は26,133円です。仮に月に2回の飲み会に参加したとすると、その合計は10,204円となり、お小遣いの残りは15,929円になります。

月2回程度の飲み会におさめていればお小遣いは足りる計算ですが、うっかり終電を逃してしまったり2次会に参加してしまったりすると、あっという間にお小遣いがなくなってしまう...と嘆くサラリーマンもいそうです。楽しい飲み会の場でも金銭感覚は忘れずにいてほしいものですね。

出来高制やご褒美制も!ママリ読者のお小遣い事情

井戸端 PIXTA

スマホアプリ「ママリQ」に投稿された、ママリ読者のお小遣い事情を集めてみました。お小遣い制度や金額も各家庭によってさまざまで、家庭によっての悩みも尽きません。

給料の「1割」で固定

給料の1割が旦那のお小遣いです(^^)
煙草はお小遣いから、お酒は別です(´•౪•`)♡
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

全体の給料から1割を夫のお小遣いと決めている家庭もあります。この方法なら「頑張った分だけ多くもらえる」という仕組みになるので、夫も残業や出来高制の仕事に気合いが入りますね。

煙草はお小遣い、お酒は別会計など、種目によって家庭から少し援助してあげるのも、妻の優しさを感じます。

頑張ったらボーナス!プラス現物支給も

給料によってですが平均30なので、
30万いってたら3万+煙草とビール1ケースの38000円。
100円でも30万に足りなかったら2万+煙草ビールの28000円です(*^^*)笑
(中略)
今年は赤ちゃんも生まれる予定なので私のお小遣いはなしでベビー用品を買うように貯金してます(*^^*)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

給料の平均よりも頑張ったらボーナス1万円というユニークな制度です。これなら「あと少し頑張らないと来月は1万円減額だ...!」と、夫はお尻に火が付いたように頑張って働いてくれるかもしれませんね。

しかし妻もただ愛のムチを振りかざすのではなく、自分のお小遣いは削って赤ちゃんのために貯金をしています。お互いに少しずつ我慢したり頑張ったりして、赤ちゃんを迎える準備をしていくのも必要ですね。

月1万円!ただしイクメンぶりによってプレゼントあり

サラリーマン PIXTA

私の旦那は、ギャンブル、お酒、タバコは一切やりませんので、月1万円ですね!

旦那のイクメンぶり具合によっては、洋服を買ってあげたり欲しいものを買ってあげたりしてます✨
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

サラリーマンの平均額よりも大幅に少ないお小遣いで頑張っているパパ。お酒、ギャンブル、煙草はお金が飛んで行ってしまう3大ポイントなので、1つもやらないパパはとても省エネです。

しかしそれだけで終わらせるのではなく、育児を頑張ったら洋服や欲しいもののプレゼントも。ママのニンジン作戦が功を奏し、パパがさらにイクメンになってくれるかもしれませんね。

「足りない」と言われることも…

我が家はお小遣い3万なのですが、2カ月連続足りないと言って1万追加しています。
貯蓄があまりできてないのもあり、家計の見直しをしているところですが、よくよく考えるとお小遣い多くないかと思いまして。。
ちなみに手取りは250000くらいです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

お小遣い制度の金額内でなかなかおさまらないという声も。先ほどの計算の通り、お弁当なしで平均額の昼食を取り、月2回の飲み会に参加すると月に21,944円。月3万円のお小遣いでは1万円も残りません。

毎日コーヒーを買ったり、1回終電を逃してしまったりしたらアウト。本来ならそうならないようにコツコツ節約をするべきなのですが、つい足りなくなって妻に助けを求めてしまう夫もいるようです。家計は有限なので、いつも援助をするわけにはいきませんよね。

夫はどう思う?「オレのお小遣い」

サラリーマン PIXTA

家庭ごとに工夫されているお小遣い制度ですが、夫たちはそのお小遣いについてどう思っているのでしょうか。実際の男性会社員の声を集めてみました。

毎月決まった額を貯金し、後は担当制

「わが家はお小遣い制ではありません。共同口座に2人で決めた金額をそれぞれ毎月貯金し、生活費は種目ごとにどっちが払うか決めています。(外食は自分、家で食べる食材は妻など)残った金額はそれぞれ自由に使っています。収支が変わるときは、都度話し合いをしていて、2人とも大体限界近いくらいまで貯金する口座に入れていると思っているので信頼し合っています。自由さもあり、いい雰囲気で続いています」(30代男性・子供なし・東京都三鷹市在住)

少ないなとは思いつつ納得感はある

「月3万円のお小遣いで生活しています。昼食代込の額です。毎月足りなくなってしまって追加でお願いしたり、自分の貯金を使ったりしています。お小遣いが少ないと思うことはありますが、お金を持っていると使ってしまうタイプなので、必要な縛りだと思って納得しています。自由に使えるお金を増やしたいので収入を増やそうと仕事を頑張っています」(30代男性・子供なし・神奈川県川崎市在住)

昼食込で3万円は全然足らない

「昼食込みで3万円です。仕事柄外でご飯を食べることも多いので、正直3万円では全然足りません。5万円くらいは必要だと思います。しかし、子供も2人いるので仕方ないと感じており、不満はないです」(30代男性・子供2人・東京都江戸川区在住)

ほかには、お小遣い制を導入しておらず、決まった額を共同の口座に入れて貯金する制度としている家庭もありました。お互いに共働きで、ある程度自由にお金を使いたい家庭には、お互いの裁量に任せるしくみが受け入れられているようです。

とはいえ子供がいる家庭や、結婚後はお小遣い制としている家庭の場合には、男性たちから「足りない」という声も。しかし、自分よりも妻が家計を管理することは適正だと考えている男性が多く「不満はない」「納得している」という声が聞かれました。

お小遣いは収入の何割が目安?

電卓 PIXTA

多くの家庭で起こっている、全体の収入からいくらをお小遣いにするかという「攻防戦」。世間の平均額を意識したり夫の言い分をある程度聞いたりと、その家庭ごとにお小遣い額の決め方は違いますが、適正な目安を知っておきたいものですよね。

今回はファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さんに、お小遣い額の目安とやりくり方法を聞きました(プロフィールは記事の最後にご紹介します)。

お小遣い額の目安は収入の10~15%

鈴木さんによると、家庭における適正なお小遣い額の目安は全体の収入の10~15%です。理由は、手取り月収のうち毎月固定で支払う光熱費や住居費などの「固定費」を「55%以内」にするため。55%以内におさめておくことで、残りの食費や日用品、レジャー費を考えても少し貯蓄ができる計算になります。

例えば住居費25%、水道光熱費5%、通信費3%、保険料4%とすると、余りが18%です。この部分をお小遣いにすることができるのですが、ここに、教育費7%が加わると11%になってしまいます。また、実際には家賃などの住居費は25%を上回っている家庭もあります。子供がいない場合のお小遣い額は10~15%、子育て中の家庭では10%以内にとどめるのがよいでしょう。

計算例:手取り30万円の家庭の場合

「固定費55%」でのやりくりを手取り30万円に当てはめると、住居費7.5万円、水道光熱費1.5万円、通信費0.9万円、保険料1.2万円、教育費2.1万円、お小遣い3.3万円。合計15.5万円。

残り14.5万円から、食費・日用品費・娯楽費・被服費、そして貯蓄(家具家電の買い換えなどの臨時支出分を含めて20%など)をしなければならないことを考えるとギリギリのやりくりになることがわかります。手取りによっても変わってきますが、できるだけ固定費全体が、手取りの55%の範囲で抑えられるように考えてみましょう。

お小遣いの範囲内でうまくやりくりする5つのコツ

貯金箱 PIXTA

「お小遣いを少なくしなくては」と考えることは多いものの、毎月「足りない」という気持ちで生活するのもストレスがたまるものですね。

前出の鈴木さや子さんに、お小遣いの範囲内でストレスなく生活し、少しずつでも貯金をするアイデアを聞いてみました。

1. 固定費を見直してお小遣いにまわす

毎月同じ金額としている場合、お小遣いは家計の中では「固定費」にあたります。同じ枠の中にある住居費・光熱費・通信費・保険料を見直してみましょう。

無駄に支払ってしまっているものがあれば削り、浮いた部分をお小遣いにまわしても良いですね。固定費は一旦削るとその節約効果も大きいので、ぜひ夫婦で話し合い、無駄がないか考える時間を持つとよいのではないでしょうか。

2. お小遣いの使いみちを1ヶ月間見直してみる

毎月ただ何となくお小遣いを使い、月末になると「足りないな」と感じている場合、もしかすると無駄な出費をしてしまっているかもしれません。

お小遣いの使いみちを一度じっくりと見直し、必要のない出費をなくすと、意外と足りていたということもあるかもしれませんね。何となく払っているお金や、何となく買ってしまっているものがないか確かめましょう。

3. 夫婦の共通貯金箱を置いてお小遣いから貯金する

夫婦それぞれでお小遣いを使っている場合、共通の貯金箱を設置し、2人の目標を決めてお小遣いの中から貯金していくのもよいですね。

この場合、いったんお小遣いは少し額を上げますが、目標に向かってお小遣いから貯金することでお互いのモチベーションになり、必然的にお金の使い方を考え直せそうです。お互いの大好きなお店への外食や、映画を見に行くなど、手の届きやすい目標から設定するとモチベーションを保ちやすいかもしれません。

4. 確定拠出年金などで節税し、浮いた分をお小遣いに

2017年1月から公務員や専業主婦も対象となり、原則全ての60歳未満の人が加入できるようになった「個人型確定拠出年金(通称iDeCo)」(お勤め先によっては加入できない場合もあります)。収入の中から確定拠出年金に積み立てした場合、積み立てた額に対する税金が非課税になるしくみです。

収入の中から確定拠出年金にいくらか拠出して、還元された税金分を貯金するのが最良ですが、お小遣いに回すこともできます。加入する手続きは少し難しいですが、運用方法によってはリスクなしで活用できる点が便利ですね。

5. ふるさと納税を利用して節約しながら贅沢気分に

好きな地域(都道府県や市町村)を選んで寄附をする「ふるさと納税」という制度を利用する手段もあります。寄付金控除の上限額内で寄付をすれば実質自己負担は2,000円のみでふるさと納税ができます。自己負担は2,000円でも地域からはたくさんの食べ物や特産品が送られてくるため、とてもお得感のある制度です。

ふるさと納税を活用して自宅でおいしい物を食べたり、おうち飲み会を開催したりすることで、外食代を節約しながら贅沢な気分を味わうのも良いアイデアです。

お小遣いが少ないと感じたら「なぜ足りないのか」見直しを

貯金箱 PIXTA

家庭の中で必要なお金はさまざま。毎月の収入の中から何にどのくらいお金をかけるのかは重要な問題ですね。中でもお小遣いは「なるべく少なく収めたいけれど毎月ストレスがたまるのはイヤ」と考えている方も多いのではないでしょうか。

お小遣いが少ないと感じたら、まずはなぜ足りないのかを見直してみましょう。なんとなく買ってしまっているものや、使っていないのに固定で引き落とされている会費などが見つかるかもしれません。

また、削るだけではなく削った中にも満足を感じられる仕組みがあると、つらい気持ちだけはなく頑張れそうです。ストレスなく決められた額の中でやりくりするためには、楽しんで生活するためのアイデアも必要ですね。

鈴木さや子さんプロフィール

鈴木さや子さんプロフィール写真(ご本人提供)

1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP(R)・キャリアカウンセラー。家族が笑顔になれるための生活に役立つお金の知識を、主に女性向けに、セミナーやコラム記事などを通じて情報発信。保険などの商品を一切販売しないFPとして活動中。

専門は教育費・保険・住宅ローン・マネー&キャリア教育、確定拠出年金。女性の心に寄り添う個人相談にも力を入れている。企業講演の他、小・中学校や地域コミュニティなどでの講演やワークショップなど、保護者や親子向けイベントも行う。中学生・小学生の母。

また、女性に特化して相談・講演を行う「みらい女性倶楽部」も運営。同団体での活動は、加入サポートや相談など主にiDeCoに関する情報発信をしている。

mamaTanoマネーサロン

記事の感想を教えて下さい

5月11日〜5月31日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様に「アマゾンギフト券」500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「夫」「平均」「お小遣い」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!