戌の日に行きたい!安産祈願で有名な京都の神社5選

日本では、妊娠5ヶ月に入って初めの戌の日に安産祈願を行うのが古来からの風習でした。京都には多くの寺社があるため、どの神社に行ってお参りすればいいのか悩んでしまいますね。また、妊娠中は体調が変わりやすい時期でもあるため、できるだけ自宅から行きやすい場所で祈祷を受けたいという方もいるでしょう。この記事では、京都にある安産祈願で知られている5つの神社をご紹介します。

PIXTA

京都府で安産祈願といえばここ!戌の日におすすめの神社

妊娠5ヶ月目の戌の日は、安産祈願をするという日本古来からの風習があります。無事元気な赤ちゃんを出産できるように、安産祈願で有名な神社で祈祷をしてもらうとよいでしょう。京都界隈にお住まいの方や、京都で安産祈願を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

戌の日カレンダー2019!安産祈願をする日を決めよう。大安など六曜もご紹介

関連記事:

戌の日カレンダー2019!安産祈願をする日を決めよう。大安など六曜もご紹介

犬は子供を多く生み、お産も軽いことから戌の日、として安産祈願にふさわし…

出典元:

1.京都市北区「敷地神社(わら天神宮)」

神社 PIXTA

京都で安産祈願といえば一番に名前が挙げられる敷地神社。安産と子授けの御利益があり、別名わら天神宮として古くから多くの人々に慕われています。

安産祈願の際に授与されるお守りの中に藁(わら)が入っており、その藁に節があれば男の子、なければ女の子が誕生するといういい伝えがあります。

また、わら天神宮では出産間近の時期でも安産祈願を行っています。出産予定日の一週間前から15日間、毎朝妊婦の名前を読み上げて祈祷をしてもらうことが可能です。

基本情報

  • 住所:京都府京都市北区衣笠天神森町10番地
  • 電話番号:075-461-7676
  • アクセス:JR京都駅より京都市営バス50,101,205号、地下鉄北大路駅より京都市営バス204,205号、京阪三条駅より京都市営バス15号、阪急西院駅より京都市営バス205号、いずれかに乗車。「わら天神前」下車すぐ。
  • 受付時間:8:30~17:00
  • 初穂料:4,000円(腹帯なし)、7,000円(腹帯付き)
  • 予約:不要
  • 駐車場:あり(無料)

安産祈願された方の声

わら天神に行きました⑅︎◡̈︎*
仕事してたので着けやすい物を買い持ち込みし+わら天神で購入し両方ご祈祷して頂きました⑅︎◡̈︎*
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
滋賀ですが
わら天神行きました!
子宝で有名ですし
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
わら天神に行きました!
腹帯は別で購入持参して4000円のお守りなどのセットと3000円で腹帯の祈祷などをしてもらいました。
さらしは使いづらいかなーと思ったからです。
お守りの性別は当たってました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

安産祈願として有名なわら天神宮は、近隣の県からも訪れる方がいるようです。お守りの中に入っている藁を確認するのも楽しみですね。

敷地神社(わら天神宮)

2.京都市右京区「梅宮大社」

安産祈願 PIXTA

京都で最も古い梅の名所として有名な梅宮大社。安産と子宝の御利益の他、酒造の御利益でも知られています。本殿奥の「またげ石」という石には石をまたぐと子宝の御利益があるといわれ、多くの夫婦が訪れています。

またげ石には、子授けの祈祷を受けた夫婦のみが案内されるため、希望される場合は梅宮大社に直接問い合わせをしてみるとよいでしょう。

基本情報

  • 住所:京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
  • 電話番号:075-861-2730
  • アクセス:JR京都駅よりタクシーで30分、阪急電鉄「松尾大社」駅から徒歩15分、京都市営バス3,28,29,71号にて「梅ノ宮神社前」下車のち徒歩3分
  • 受付時間:9:30~16:30
  • 初穂料:祈祷料 6,500円、岩田帯(さらし)1,500円
  • 予約:不要
  • 駐車場:あり(無料)

安産祈願された方の声

右京区の梅宮大社でしました。
一人ずつ丁寧にご祈祷してくれます。
ご祈祷のあとはお庭も無料で入れます。猫がたくさんいるので猫苦手ならオススメしませんが。
想像していたより良かったので満足でした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

梅宮大社は子授けから安産まで祈祷をお願いすることができます。季節ごとに異なる花や風景を楽しむことができるため、ご祈祷の後にゆっくりと散策するのもよいかもしれませんね。

梅宮大社

3.京都市左京区「岡崎神社」

安産祈願 PIXTA

岡崎神社は平安時代に建立された社(やしろ)で、境内一帯に野うさぎが生息しています。子供を多く生むうさぎは氏神様のお使いとされ、腹帯を持参して安産祈願する風習があります。

手水舎にある子授けうさぎ像は、水をかけてから、うさぎのおなかをさすりつつ祈ると、子宝と安産の御利益があるといわれています。

祈祷を希望する場合は、事前に予約する必要があります。岡崎神社の社務所に直接問い合わせをしてみるとよいでしょう。

基本情報

  • 住所:京都府京都市左京区岡崎東天王町51番地
  • 電話番号:075-771-1963
  • アクセス:京都市営バス32,203,93,204号「岡崎神社前」、5号「東天王町」下車、地下鉄東西線「蹴上」駅下車、京阪「神宮丸太町」駅下車
  • 受付時間:要問い合わせ
  • 初穂料:7,000円(祈願札、お守り授与)
  • 予約:必要
  • 駐車場:あり(無料)

安産祈願された方の声

安産祈願で有名な岡崎神社に行きました☺️💕
🐰さんだらけで可愛いですよ🥰
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

狛犬ならぬ狛兎が境内のそこかしらに配置されている岡崎神社。子授けうさぎのおなかをなでて、安産祈願にいらっしゃる妊婦さんが多いようです。

岡崎神社

4.京都市下京区「市比賣神社(いちひめじんじゃ)」

神社 PIXTA

市比賣神社は、御祭神がすべて女性の神様であることから、女性の守り神として信仰を集めています。特に「女人厄除け」の神社として有名ですが、女性にまつわるすべての願いごとの対してご利益があるとされていて、良縁、子授け、安産祈願に訪れる方も多い神社です。女性の神様ということで、まさに女性のための神社ともいえますね。

また、生後50日目もしくは生後100日目に行われる市比賣神社の「五十日百日之祝(いかももかのいわい)」は、「五十顆之餅」を授かり子供の口に含ませて健やかな成長を祈る儀式とされ、現在のお食い初めの発祥として知られています。

基本情報

  • 住所:京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
  • 電話番号:075-361-2775
  • アクセス:京都市営バス「河原町五条正面」より徒歩2分、京都バス「河原町五条」より徒歩2分、京阪「清水五条」駅より徒歩5分
  • 受付時間:9:00~16:30
  • 初穂料:5,000円(腹帯なし)、6,000円(腹帯付き)
  • 予約:不要
  • 駐車場:あり(2台のみ、無料)

市比賣神社

5.京都府八幡市「石清水八幡宮」

神社 PIXTA

石清水八幡宮は厄除開運、家内安全、交通安全などさまざまな祈祷を行っていますが、安産の神様としても信仰が深い神社として知られています。

また石清水八幡宮は、本殿をはじめ門や社殿の廊下部分である回廊(かいろう)が国宝指定された文化財です。お参りをしながらゆっくりと国宝めぐりをするのもよいでしょう。

石清水八幡宮の祈祷受付時間は年間を通して9:00~16:00ですが、正月の時期だけは日によって変動があるため、1月に安産祈願をしようと思っている方は、神社社務所に問い合わせてから行くようにしましょう。

基本情報

  • 住所:京都府八幡市八幡高坊30
  • 電話番号:075-981-3001
  • アクセス:京阪「八幡市」駅より男山ケーブル「男山山上」下車徒歩5分
  • 受付時間:9:00~16:00 ※正月時期は変動あり
  • 初穂料:10,000円
  • 予約:不要
  • 駐車場:あり(普通車500円、大型バス1,000円)

安産祈願された方の声

私は、京都府の石清水八幡宮で安産祈願してもらいました(^_^)
腹巻タイプの腹帯+サポーターを持参したら、一緒にご祈祷していただけましたよ〜♬*
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

石清水八幡宮では、腹帯を持参すると一緒に祈祷してもらえるようです。妊娠中に使用する腹帯だからこそ祈祷してもらえるのはうれしいですね。

石清水八幡宮

京都には安産祈願できる神社やお寺が数多くあります

祈願 PIXTA

京都で安産祈願できる神社やお寺をご紹介しました。戌の日の安産祈願は、妊婦さんと赤ちゃんの無事と安全を願う行事です。正式には妊娠5ヶ月に入って最初の戌の日に行うものとされていますが、お参りの時期にこだわる必要はありません。

祈祷をお願いする場合は祈祷料が必要となりますが、神社によって金額が異なります。また、祈祷は事前予約が必要な場合があるため、出かける神社が決まったら事前に問い合わせをしておくと安心です。

一緒にお参りに行かれるご家族の予定や妊婦さんの体調に合わせて、都合のよい日にお参りしましょう。

おすすめ記事

「安産祈願」「京都」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧