産婦人科の初診料、相場はいくら?1回目の妊婦健診で用意すべき金額の目安とは

妊娠に気づいたら、産婦人科で妊娠検査を受けます。しかし初めて産婦人科を受診される方であれば、初診料がどの程度かかり、いくらお財布に用意していけばいいか気になるところでしょう。原則、妊娠にかかわる医療費には保険が適用されません。産婦人科初診料の相場は5,000円から1万5,000円ほど。病院によっても異なります。初めて妊婦健診を受ける際は、金額の目安を事前に病院に確認しておくと安心です。

PIXTA

初診料と診察料の違いは?

初診料とは、診察の内容に関係なく、初めての診察時に支払うべきとされている料金のことを言います。初診料は1回目のみ徴収されます。

2回目以降に支払うのが診察料(再診料)で、さらに尿検査や超音波検査など、必要に応じて受けた検査費用が発生します。

妊娠は病気ではないと判断され、原則的には健康保険が適用されず10割負担となります。そのため、母子手帳交付までに行われる妊娠の判定や診察においては全額を負担することになります。

初診は補助券無しで5,000円でした!
2回目以降は母子手帳交付して、補助券使用でずっと無料です
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
初診は補助券なしで8200でした!子宮ガン検診もしました。
次の検診までに母子手帳もらって来てねと言われたので次は補助券使えるかな〜。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

母子手帳をまだもらっておらず、補助券なしで1回目の妊婦健診を受けた先輩ママたちによると、1回あたり5,000円はかかったとのこと。1万円以上かかったという声もありました。

出典元:

産婦人科の初診料の相場は?

財布 PIXTA

また、そもそも初診料も診察料も病院ごとに異なります。受診前に初診料や診察料の金額、検査にかかる費用などを調べて用意しておくと安心ですね。

主な産婦人科のホームページを確認した限りでは、初診料の相場は5,000円から1万5,000円程度です。初回の妊婦健診時にはもう少し余裕を持って2万円くらい持っていけば安心でしょう。

また、産婦人科によっては支払いにクレジットカードを使えず、現金のみの対応になる場合もあります。念のため最初は現金を用意しておきましょう。

出典元:

産婦人科の診察料が安くなる時とは?

費用 PIXTA

妊婦健診は基本的に自費診療となるため、健康保険は適用はされません。ただし、妊娠高血圧症や切迫早産など特別な問題が起きた場合は、検査や治療にかかわる費用のみ保険適用となります。

妊婦健診を受ける場合は、お住まいの自治体からの補助券を使用することができます。健診費用の差額分は産婦人科の窓口で支払うことになります。

出典元:

産婦人科で妊娠検査を受けるべきタイミング

費用 PIXTA

生理周期が毎月ほぼ変わらない場合、高温期が続き生理が1~2週間遅れていたら妊娠の可能性があります。

しかし、妊娠検査は保険が適用されないため、妊娠に気づいていても遅いタイミングで産婦人科を受診しようと考えることもあるかもしれません。

実際、妊娠検査薬で陽性だったからと産婦人科を受診しても、胎芽(妊娠初期の赤ちゃん)や心拍確認までできない可能性があるため、再度受診することになります。

ただし、必ずしも正常妊娠であるとは限らないため、いずれにせよ妊娠検査薬で陽性が出たら産婦人科で正確な診断を受けることが大切です。

出典元:

産婦人科の初診料・診察料は事前に確認を

病院 PIXTA

産婦人科に初めて行く場合は、どの程度お金がかかるのかわからず不安ですよね。妊娠の診断では保険が適用されないため、診察を受けるのにどれくらいの費用がかかるのかわからないことが多いと思います。

初診料は病院によって設定金額が異なるため、心配な場合は受診する前にあらかじめ調べておくか問い合わせしておくとよいでしょう。

妊娠の経過には個人差があるので妊娠検査薬で陽性反応が出た場合や、高温期が続いていて生理も遅れているなどの症状があった場合はできるだけ早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

「産婦人科」「初診料」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧