「妊娠・出産で還付金ゲット」ほかママリプレミアム限定記事(2018年1月)

ママリプレミアムとは、月額400円(税込)で各種クーポンや自転車保険などのお得な特典を受けられるサービス。実はこれらの他にも「プレミアム記事」といって、有料会員だけが読める記事があるのをご存じですか?小児科医や保育士、ファイナンシャルプランナーといった専門家によるアドバイスなど充実のラインナップ。2018年1月のおすすめ記事、ぜひご覧ください。

PIXTA

妊娠・出産をしたら医療費控除を受けよう!還付金のもらい方(1/9公開)

医療費がたくさんかかったとき、条件を満たせば医療費控除の対象となり、払い過ぎた税金を取り戻すことができます。

確定申告の手続きが必要ですが、順を追って理解していけば思いのほか簡単。妊活・妊娠・出産などでかさんだ出費を少しでも取り戻して家計に役立てましょう。

目次

  • 医療費控除とは?還付金がもらえる理由や計算方法
  • 医療費控除の対象は?妊活・妊娠・出産費用は含まれる?
  • 医療費が年間10万円ぎりぎりだと医療費控除は申告できない?
  • 医療費控除を受けたいときに必要な書類は?書き方のポイントも説明

この特集の記事一覧

早めに始めて心に余裕、保育園入園までに準備しておきたいこと(1/22公開)

意外と手間がかかる、保育園の入園準備。園から指定されたものを買いそろえ、すべての持ち物に名前を書くだけでも思いのほか大変です。さらに、お子さんにとっては初めての集団生活。親子が離れて生活することになります。

この特集では、0~1歳代での保育園入園を控えたママ向けに、入園グッズなどの実用面からママとしての心がまえの面まで、準備しておくとよいことをまとめました。

目次

  • 0~1歳児の保育園入園、練習が必要なことと不要なこと
  • 「1日1回のハグで愛情は伝わる」働くママがすべき発想の転換
  • 保育園の入園グッズ選び、ここがポイント!
  • 保育園の持ち物に必須の「名前つけ」時短テクや便利グッズを紹介
  • 保育園入園までに食べさせておきたい食材品目リスト
  • 保育園での感染症流行に備えて、受けておきたい予防接種リスト

小学校入学までに身につけたい生活習慣や学習習慣(1/29公開)

保育園や幼稚園での生活が終わり、4月からとうとう我が子が小学生に。親としては感慨深い一方、果たして我が子は小学校でやっていけるのか不安に思うかもしれません。

入学までの約2ヶ月、親子で準備するとよいこととは? 幼児教育に詳しく、自らも2児のママである教育コンサルタントがアドバイスします。

目次

  • 早寝早起きだけじゃない、小学校入学前に見直したい生活習慣8つ
  • 文字の読み書きに時計の見方、入学前にどこまで習得しておくと安心?
  • 「授業についていけない」を防ぐために。学びの下地づくりのポイント
  • 入学式までに万全にしておきたい!小学1年生の防犯対策
  • 通学路には危険がいっぱい?親子でおさらい、交通ルールと安全対策
  • 仲良しの子と小学校で離ればなれに…我が子に友達はできる?

育休明けの職場復帰、よくある不安と解消方法(1/29公開)

保育園入園が無事決まり、いよいよ4月から職場復帰。育休中、育児や家事だけで精いっぱいだったのに、さらに仕事もとなると、いくら自分で決断したこととはいえ不安になるものです。

ワーキングマザーとしての生活になるべく早く慣れるには、職場復帰までの事前準備がカギ。よくある不安と解消方法をセットでお伝えします。

目次

  • 育休からの職場復帰「これだけやっておけばOK」チェックリスト
  • 復職前の面談で職場に「報告」すること、「お願い」すること
  • 働くママは時間をどう使う?職場復帰後の生活をシミュレーション
  • 職場復帰後の家事はとことん省エネしよう!手抜きのアイデアを紹介
  • ファミサポや病児保育、働くママを支える身近なセーフティネット
  • 育児モードから仕事モードへ。職場復帰後「働く自分」に戻る方法

子供の病気・ケガで困ったらチェック!ホームケアの基本

子供の病気やケガについて、ママは気がかりなことがたくさんあるでしょう。「この症状はすぐに受診すべき?」「自宅で様子を見ているけれど、少しでも症状を楽にするには?」など、自宅で子供をケアする上での疑問は尽きません。この特集では、子供によくある体調不良について、ママが自宅でできるホームケアや受診の判断について詳しくお伝えします。

次回は1月22日(月)更新予定。テーマは「食事しても大丈夫?子供の下痢に対するホームケアのコツ」です。

この連載の記事一覧

時代が変われば常識も変わる。子育て今昔物語

子育てのセオリーは時間の流れとともに変わっていくもの。親世代からのアドバイスが現在の常識からは外れている。なのに押し付けられてストレスがたまってしまう。そう感じることはありませんか?世代間のギャップを解消し、双方なるべくストレスを感じないための秘けつを、イラストを交えて紹介します。

次回は1月29日(月)更新予定。テーマは「厚着させたい親、薄着にしたいママ。赤ちゃんの冬の服装、正解は?」です。

この連載の記事一覧

12ヶ月の成長記録:赤ちゃんの発達とお世話

0~1歳にかけての赤ちゃんの成長は著しく、月が変わるごとに体つきや表情、動きに変化があるでしょう。また、赤ちゃんの発達に合わせてお世話の内容も大きく変化していきます。そんな赤ちゃんの1年間を毎月追いかけ、発育発達、ママの心配ごとや愛用グッズを記録しました。

次回は2月5日(月)更新予定。お楽しみに!

この連載の記事一覧

プレミアム記事を読むには

ママリは、基本的な機能は無料で利用できるアプリですが、プレミアム記事を読むには月額400円(税込)のママリプレミアムに登録する必要があります(2018/1/10現在)。

ママリのアプリをダウンロードしている方

ママリのアプリを起動すると左上に表示される≡のマークをタップ

「ママリプレミアム」をタップ

「無料でお試し」をタップして、ママリプレミアムに登録してください(開始から1ヶ月間は無料で利用可能)

ママリのアプリをダウンロードしていない方

以下からアプリをダウンロードし、ママリプレミアムに登録すると読むことができます(開始から1ヶ月間は無料で利用可能)。

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

※特集や記事のタイトル、および更新日は変更の可能性があります。

「ママリプレミアム」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧