皆いくらもらってるの?養育費の年収ごとの相場

養育費はどんな理由があっても親は子供の為に支払う義務があります。でも額に決まりはありません。その為、相場で判断するしかないのが現実です。しかし家庭は各々事情が異なるので、「養育費算定表」という裁判官を含めた団体が作成した表を参考に、お互い納得の行くよう決める訳ですが、ここでは年収ごとのその額の相場について紹介します。

知りたい!年収ごとの相場の額

一般的には3~6万円位の支払いが多いようですが、下記の「養育費算定表」で計算した具体例を紹介しますので参考にしてみましょう。

養育費算定表

夫(会社員)の年収500万円、妻(専業主婦)0円の場合(子供0〜14歳)

  • 子供1人 4〜6万円
  • 子供2人 8〜10万円
  • 子供3人 8〜10万円

夫(会社員)の年収450万円、妻(専業主婦)100万円の場合(子供0〜14歳)

サラリーマン

  • 子供1人 4〜6万円
  • 子供2人 6〜8万円
  • 子供3人 6〜8万円

夫(会社員)の年収400万円、妻(会社員)300万円の場合(子供0〜14歳)

  • 子供1人 2〜4万円
  • 子供2人 6〜8万円
  • 子供3人 4〜6万円

単純に子供の人数が増えるにつれ、2倍3倍と計算する訳ではないようです。また妻が働いている事によって、夫からの額も減るなど両者の収入でもまた変わってくる訳ですね。

とにもかくにも話し合いです

家計簿

長い年月、継続して支払う養育費。また親の生活が苦しかろうと、親が生活している限り、親の義務として養育費は払わないといけません。

それぞれの家庭の事情が異なり、相場がいくらであろうとあくまで目安にすぎないので、何よりも、納得の行くまで話あった額にする事が大切です。

話し合いで決められた養育費については、支払いが滞ったり、トラブルになったケースはほとんどないそうです。養育費算定表を参考にしてみてください。

「養育費」「相場」「年収」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!