株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

プロフィール

講演・研修・執筆・相談による幸せ社員づくり支援・個人のライフステアリング支援を行う。フレキシブル、最短で目指すところにたどり着くように、お金、ライフプラン、キャリア支援の知識と知恵を結集し、積極的な情報発信&コンサルティングを心がけている。

URL

http://lifevela.co.jp/

監修記事一覧

  • 食費や住居費は1ヶ月いくら以内に抑える?理想の支出割合とは

    食費や住居費は1ヶ月いくら以内に抑える?理想の支出割合とは

    普段やりくりを一生懸命やっているつもりでも「実は使い過ぎているのでは」と疑問に感じることがありませんか?食費、住居費、水道光熱費、通信費など、日常生活には何かとお金がかかります。毎月それぞれ一体いくら以内に抑えておけばよいのか、目安だけでもわかると安心かもしれません。この記事では世の中の平均データに加え、数多くの家計診断をしてきたファイナンシャルプランナーが「理想の支出割合」をご紹介します。

    横山晴美

  • 共働き夫婦、財布は一緒にすべき?別管理でOK?

    共働き夫婦、財布は一緒にすべき?別管理でOK?

    夫婦共働き世帯は、そうでないケースと比較して、夫婦間で財布を別にする割合が高いように思います。自分が稼いだお金を自分で管理するのは当たり前にも感じられますが、「お金を貯める」という視点からはどうなのでしょうか。夫婦共働きの家計管理は一括管理がよいのか、それとも別管理でもよいのか、ファイナンシャルプランナーとしての観点からアドバイスします。

    横山晴美

  • 夫婦でお金に対する価値観が異なっていて困る!解決方法は?

    夫婦でお金に対する価値観が異なっていて困る!解決方法は?

    夫婦であっても、それぞれ自立した一人の大人。育ってきた環境や常識が異なれば、価値観だって異なって当たり前といえます。ただ、こと「家計に対する価値観の違い」は、放っておくと夫婦関係の悪化につながる可能性も…。そうならないための予防方法や、今まさに悩みを抱えている方に知ってほしい解決方法をファイナンシャルプランナーがお伝えします。

    横山晴美

  • 我が家はいくらの家なら買える?平均相場からFPがアドバイス

    我が家はいくらの家なら買える?平均相場からFPがアドバイス

    「憧れのマイホームを購入したいけれど、住宅ローンの返済に追われるのは不安」「そもそも現在の家計状態で住宅購入なんてできるの?」なにぶん住宅購入は大きなお金が必要であり、それだけ不安も大きくなります。安心してマイホームを手に入れるため、物件価格や頭金をどのように考えておけばよいか、ファイナンシャルプランナーの視点で解説します。

    横山晴美

  • 子供の独立前に定年を迎える可能性も。高齢出産のマネープラン、注意点は?

    子供の独立前に定年を迎える可能性も。高齢出産のマネープラン、注意点は?

    高齢出産をすると、子供にかかる教育費などのピークは必然的に後ろ倒しになります。子供がまだ経済的に独立しないうちに親自身が定年退職を迎える、あるいは自分たちの親の介護をする必要が出てくる……高齢出産にはマネープランの面で特有のリスクがあると考えられます。高齢出産を予定している方やすでに高齢出産をした方がどのような備えをすればよいのかを、ファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

    野村智恵

  • 歴史的な低金利。住宅ローンの借り換えをしたほうが得な人とは?

    歴史的な低金利。住宅ローンの借り換えをしたほうが得な人とは?

    2016年日銀のマイナス金利政策が導入されて以降、住宅ローン金利は歴史的に低い水準が続いています。2017年に入ってからもほぼ横ばいの状況が続き、新たに住宅購入を検討している方にとっては、またとないチャンスといえるでしょう。一方、すでに住宅を購入してローン返済を続けている方にとっても、「借り換え」によってトータルの返済額を抑えられる可能性が。借り換えで得する人の条件をファイナンシャルプランナーが解説します。

    野村智恵

  • 扶養範囲内に抑える?もっと稼ぐ?ママの賢い働き方を考える

    扶養範囲内に抑える?もっと稼ぐ?ママの賢い働き方を考える

    年末になると、収入調整のためにパートタイムのシフトを削る方がいるでしょう。教育費の足しに、あるいは生活のゆとりのためにと、望んで仕事をしているにもかかわらず、なぜ稼ぐことにストップをかけるのでしょうか。また、平成30年から「配偶者控除」の枠が拡大されることを受け、「今後はもっと稼いでも大丈夫かな」と思っている方がいるかもしれません。今回はこの「扶養範囲内」についてファイナンシャルプランナーが説明します。

    野村智恵

  • 妊娠出産を機に退職したが、また働きたい。どのような準備が必要?

    妊娠出産を機に退職したが、また働きたい。どのような準備が必要?

    妊娠出産を機に仕事を辞める女性がいます。さまざまな調査データからわかるように、中でも正社員に比べてパート社員などの退職率が高いのは、育児休業制度を使いづらい環境にあることが影響していると考えられます。一方、いったん離職したとしても、子供の手が離れるころには再就職したいと考えている方もいるでしょう。ただ、理想の働き方と現実ではギャップがあるようです。ファイナンシャルプランナーが複数の観点から解決策を探ってみました。

    野村智恵

  • 出費は常に2倍?双子育児のマネープラン

    出費は常に2倍?双子育児のマネープラン

    もし、授かった子供が双子だったら。多くのプレママは宝物が一挙に2つ訪れる喜びを感じる一方、出産準備の段階から2人分かかる費用に驚くかもしれません。双子育児にかかるお金の目安や注意点、そして利用できる公的手当についてファイナンシャルプランナーが解説します。

    横山晴美

  • 時間を味方につければ意外と簡単?老後資金をコツコツ積み立てる方法

    時間を味方につければ意外と簡単?老後資金をコツコツ積み立てる方法

    現在のやりくりに加え、子供の教育資金やマイホームの頭金のことで、今は自分たちの老後資金まで考える余裕がない方。または、遠すぎてイメージがわかないという方もいるかもしれません。子供が独立し教育費の負担がなくなった50歳代から集中して老後資金を準備しようとしても、親の介護など予期しないことが起こる可能性があります。定年退職直前にあわてることのないよう、今からでも少しずつ準備を始めて老後に備える方法をファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

    野村智恵

  • マイホームは何歳までに買う?定年までに住宅ローンを完済すべき?

    マイホームは何歳までに買う?定年までに住宅ローンを完済すべき?

    定年退職までに住宅ローンを返し終えたいなら、マイホームはなるべく早く買ったほうがよいと考えられます。とはいえ、誰もが希望通りのタイミングでマイホームを購入できるわけではありません。結婚した年齢や子供が生まれた時期、給料の水準、貯金額など、さまざまな条件に左右されます。家庭によって異なる住宅購入のタイミング、その判断基準をファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

    横山晴美

  • 2017年10月からの「育休2年」。働くママにとって本当にメリットがある?

    2017年10月からの「育休2年」。働くママにとって本当にメリットがある?

    出産後も仕事を続けたい方なら誰でも気になるであろう育児休業制度。実は、2017年10月に大きな改正があったことをご存知でしょうか?最大の改正点は育休期間が2年間に伸びたことですが、延長を喜ぶ声ばかりではないようです。改正のポイントと育休2年のメリット・デメリットを、ファイナンシャルプランナーの視点から解説します。

    横山晴美

  • シングルマザーは収入がいくらあれば安心?収入増に役立つ制度も紹介

    シングルマザーは収入がいくらあれば安心?収入増に役立つ制度も紹介

    離婚をしたいけれど、自分一人の収入で子供を育てながら生活しているかどうか不安。あるいは既にシングルマザーとして生活しているけれど、生活が苦しい。そんな悩みをもつ方々へ向けて、一体いくら収入があれば親子で安心して暮らしていけるのか、ファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

    野村智恵

  • 平成30年分扶養控除申告書の様式が変更に。配偶者控除等の改正が影響

    平成30年分扶養控除申告書の様式が変更に。配偶者控除等の改正が影響

    年末が近づくと勤務先で配布される年末調整の書類。その中でも「扶養控除申告書」の書式が平成30年分から変わっています。理由は、平成30年から配偶者控除と配偶者特別控除が改正されるため。前年つまり平成29年分と異なる点を比較しながら、記入上の注意点をまとめました。

    内村しづ子