家計が助かる!ママにこそおすすめの金券ショップ活用術

結婚祝いや出産祝いでもらう機会の多い金券。一方、自分で金券ショップへ足を運んで買ったことのある方はそれほど多くないかもしれません。お店はよく見かけるけれど、足を踏み入れたことがない…なんてもったいない!金券ショップでは金券を額面より安く買えるため、差額分がそのまま節約になります。種類や用途もさまざまで、家計の節約に役立つこと間違いなし。今回は新橋駅からほど近い金券ショップ「ラッキーコレクション」にお邪魔し、ママにこそおすすめの金券活用方法をたっぷりと伺ってきました。

身近なようで意外と知らない"金券"の魅力

金券とはQUOカードや全国百貨店共通商品券、ビール券、おこめ券など、現金と同じように使えるものの総称です。結婚祝いや出産祝いでもらった、あるいは内祝いで買ったことのある方もいるでしょう。

そんな金券を販売するのが、街の金券ショップです。商品券はもちろん、映画やコンサートのチケット、電車や新幹線のきっぷ、切手、株主優待券まで、さまざまな金券を扱っています。

ご自身も金券を愛用しているという「ラッキーコレクション」のスタッフ、窪田ありささんによれば、「金券のメリットは額面よりも安く購入できること。割安なので節約に直接つながります」。

一方、地域によって差はあるものの「オフィス街や繁華街の駅前に金券ショップが集中している」ため、繁華街などに出ないと購入できないことはデメリットかもしれません。通信販売を行っている金券ショップもありますが、一定金額以下だと手数料や郵送料がかかるため、店頭で選ぶのが無難でしょう。

金券ショップスタッフに聞いた!店頭で人気の金券トップ3

編集部撮影

実際に店頭でよく売れる金券とはどんなものなのでしょうか。前出の窪田さんによれば、次の3種類が人気とのことです。

信販会社のギフト券

三井住友カードVJAギフトカードやJCBギフトカードなど、信販会社の発行するギフトカードは贈答品としても人気です。

販売価格は額面に対して一律98.7%(在庫状況によって98.4~98.8%と変動あり)。例えば1,000円分なら987円で購入できます。

「汚れやヨレがあって状態があまり良くないものは贈答用に向かないため、さらに価格を下げて販売することもあります」。通常より安く買えるので、自分で使うだけならお得ですよね。店頭でチェックしてみるといいかもしれません。

交通系のきっぷや株主優待券

新幹線 PIXTA

鉄道を利用するなら近距離きっぷや回数券、飛行機を利用するなら航空会社の株主優待券などが挙げられます。家族旅行や帰省で公共交通機関を使うなら、事前にきっぷや株主優待券を買っておけば交通費の節約になりますね。

例えば、東京~新大阪の新幹線回数券(バラ売り)が14,450円のところ13,200円で売られています。片道1250円、同じ価格で往復で買えれば2,500円分浮く計算になります。

ジェフグルメカード(全国共通食事券)

ジェフグルメカードは全国約35,000軒のファミリーレストランやファーストフード店などで利用できる食事券で、「世代を問わず人気がある」と窪田さん。額面500円の販売価格は475円~480円が相場で、まとめ買いするとさらに割引があります。

節約効果大!ママにおすすめの金券4タイプ

特に子育て中のママにおすすめの金券を挙げるなら、どんなものでしょうか?同じく窪田さんに教えてもらいました。

ドラッグストアの商品券や株主優待券

薬局 PIXTA

まずは薬局、ドラッグストアの商品券や株主優待券など。おむつや粉ミルクを買うだけでなく、衛生用品や食品・ドリンクなど幅広い品ぞろえの店舗もあり、ママたちにとっては身近な存在ですよね。

窪田さんによれば「金券ショップの店頭で近所の薬局の商品券や株主優待券が売っていたら、必ず買うべき」。毎月一定額以上の買い物をその薬局でするのであれば、確実に節約できます。

マツモトキヨシの商品券

マツモトキヨシの優待券は、額面500円のものが495円程度で売られています。毎月5,000円くらいはマツモトキヨシで買い物をするなら、10枚買っておくと、5,000円分の買い物を4950円(1%引き)で済ませることができます。

LINEクーポンやレシートクーポンで10%オフの日を狙えばダブルでお得。ポイントカードがあればポイントもためられます。

ツルハドラッグの株主優待カード

ツルハホールディングスの株主優待カードを持っていると、ツルハドラッグでの買い物が5%引きになります。ツルハホールディングスの株主優待カードの販売価格は、期限6ヶ月のもので4,500円が目安。毎月15,000円分の買い物で6回利用すればモトが取れることになります。

また、ポイントカードを持っていれば毎月1日・10日・20日のお客様感謝デーにはあわせて10%オフになり、さらにお得です。

ベビー用品専門店で使える商品券・優待券

子供服 PIXTA

西松屋や赤ちゃん本舗、トイザらスなどもママにとっては馴染みのあるお店でしょう。これらのお店で使える商品券や優待券も、子供の服やおもちゃなどを購入する際に用意しておくと便利です。

赤ちゃん本舗の商品券

赤ちゃん本舗の1,000円商品券の販売価格は960円が目安。もし売り切れていれば、セブン&アイ商品券もおすすめです。グループ会社である赤ちゃん本舗のほか、デニーズやロフトなどでも使えます。

こども商品券

「こども商品券」といってもあまり馴染みがないかもしれません。窪田さんによれば、実は用途が広く、「加盟店であればべビー用品だけでなく書籍や文房具にも使える」とのこと。タクシー会社によってはこども商品券をタクシー料金にあてられるところもあります。

なお、額面1,000円分の販売価格の相場は950~960円程度です。

遊園地の株主優待券

編集部撮影

子供の誕生日のお祝いに、普段なかなか行けないレジャーランドへ…! そんな遠出の計画をするママもいるでしょう。ただ、施設によっては年々値上げされており、我が子のためとはいえ躊躇してしてしまうこともありますよね。そんなときこそ金券ショップの出番です。

例えばサンリオ株主優待券はパスポートと同等に使え、1枚で1名入場が可能です(大人・子供の区分なし)。正規料金(休日)は大人3,800円、子供2,700円ですが、金券ショップでの販売価格は1,200円。大人は3分の1、子供は約半額とかなり割安であることがわかります。

なお、窪田さんによれば「夏の時期は遊園地+プールエリア入場券なども狙い目」とのこと。エリアによって金券ショップの品ぞろえも異なるため、レジャーの予定が決まったら金券ショップをのぞいてみるのも一つの方法です。

切手やはがき

意外と知られていないのが、金券ショップで切手やはがきも扱っているということ。郵便局で額面通りで買うよりもお得です。

例えば52円切手なら、販売価格の相場は49~52円。まとめ買いだと安くなり、10枚セットで1枚あたり49円、100枚セットで1枚あたり48円となります。

また、年賀状の販売もしています。「価格が安いうえに、実は絵柄も豊富。ショップ独自で発注しているところもありますよ」。時期が過ぎた年賀状やかもめーるなどはさらに安く販売されているので、懸賞でハガキを使うことが多いママにもおすすめです。

金券ショップをよりお得に使うためのコツ

編集部撮影

額面よりも割安に買える金券は、手に入れた時点ですでに節約していることになります。そんな金券をさらに安く買ったり、お得に使ったりするコツについても、前出の窪田さんに教えていただきました。

安いとき、安いものを狙って購入しよう

実は同じ額面の同じ商品券でも、時期によって店頭で販売されている価格が異なります。例えば百貨店や信販会社の商品券は、お中元やお歳暮の時期以降に在庫が増える傾向にあります。「いただいたけれど使わない……」という人が現金化するわけです。

また、「状態の悪いものは贈答用に向かないため、通常よりさらに安く販売されている場合があります」と窪田さん。有効期限が迫っているものも、値下がりすることが多いようです。掘り出しものがないか、店頭をまめにチェックしてもよいでしょう。

釣り銭が出るものと出ないものがある

釣り銭が出るかどうかも、金券を選ぶ上で注意したいポイントです。額面1,000円の商品券を980円で購入できたとしても、釣り銭が出ないからと買い物を1,000円以上にするために余計なものを買ってしまっては本末転倒です。

「商品券は釣銭が出る、ギフト券は出ない、というのが基本ですが、購入前には確認を」と窪田さん。もし釣り銭が出ない金券を買うなら、額面が小さいもの、例えば1,000円よりも500円のほうが使い勝手が良いでしょう。

ママでも気軽に立ち寄れる!金券ショップでお得生活

編集部撮影

金券ショップというとサラリーマンやOLのイメージがあり、足を踏み入れたことがない方もいるかもしれません。今回取材したラッキーコレクションも、新橋駅からすぐのビル内にあるからか、平日17時過ぎともなると仕事帰りのサラリーマンでにぎわいます。

ただ、客層はサラリーマンだけでなく、「親子連れの方もよく来られますよ。ゆりかもめでお台場方面へ行く前に立ち寄って、一日乗車券や回数券を購入する方もいらっしゃいます」とのこと。スタッフの方はどの金券がどのお店で使えるのかを熟知しているので、自分の用途に合った金券を教えてくれるでしょう。

賢く使えば家計の強い味方になってくれる金券ショップ。初心者なら、いつも行くスーパーや薬局などで使える商品券を買いに行ってみると良いかもしれませんね。

※本文中の金券の販売価格はいずれも2017年3月28日時点の情報です。時期や在庫状況によって変動します。

今回の取材先「ラッキーコレクション」

  • 住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F 113-B号
  • 交通:JR新橋駅 烏森出口より徒歩0分
  • 営業時間:平日10時00分〜19時00分、土曜日10時00分〜16時00分
  • 定休日:日曜日、祝日、第3土曜日
  • 電話番号:03-3597-1655

記事の感想を教えて下さい

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「使い方」「金券」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!