卒園のときに先生に贈るプレゼント!定番5つを紹介☆

卒園のときにお世話になった先生に贈るプレゼント…主に卒園対策委員さんが選ぶ事になると思いますがこちらではその定番のお品について5つ紹介します。お花や寄せ書きなどどれも月並みではありますが、世界に1つだけのものを贈れば先生もきっと喜んでくれます!卒園式の日にはママだけでなく先生も泣かせちゃいましょう。

卒園のときに先生に素敵なプレゼントを☆

卒園式といえば色々ありますよね。園児たちの歌や出し物、卒園アルバム、卒園記念品…でも忘れてはいけないのがお世話になった先生への記念のプレゼント!基本的には謝恩会などに渡すもので卒園対策委員さんが中心となって選ぶと思います。

ここではそんなプレゼントについて定番のものを5つ紹介します☆1年間またはそれ以上に子供たちのために一生懸命に頑張ってくれた先生に、感謝の気持ちを言葉や品に表して贈りたいですよね。組み合わせても良いですし、気持ちのこもったもの1つでも良いかもしれません。予算との兼ね合いもあるかと思いますが参考にしてみてください!

卒園式には欠かせない!卒園対策委員ってなあに?

関連記事:

卒園式には欠かせない!卒園対策委員ってなあに?

3月は別れの季節‥。卒園式では子供たちはお友達と離れてしまって寂しい思い…

卒園式の卒園対策委員のお仕事ポイント5つ☆

関連記事:

卒園式の卒園対策委員のお仕事ポイント5つ☆

3月になると、保育園や幼稚園で次の年度の役員や、年長クラスは卒園対策委員…

1.まずは定番お花☆

卒園のお祝いや感謝の気持ちを表すのに定番で、誰もがもらって嬉しいお花。豪華なお花も素敵ですが、謝恩会などで園児全員から1輪ずつあげても良いですよね。

お花は季節のものが素敵。春だとやはりチューリップが定番かも知れませんね。先生の好きな色などを事前にリサーチしておけば完璧です☆

2.寄せ書き、ビデオレターも◎

こちらも絶対もらって嬉しい寄せ書きやビデオレター。ライター自身も寄せ書きは3回ほどもらった事がありますが未だに時々見返して懐かしく嬉しく思います。

園児たちからの言葉や折り紙などを貼ってももちろん、ママからも一言添えるとボリュームのある寄せ書きになりますね。ビデオレターは編集の手間などがあるので、こういった作業が好きなママが引き受けてくれる場合には良いと思います!

3.こちらも嬉しいアルバム!

寄せ書きよりもっと写真のボリュームを増やして、写真主体にしたものが記念のアルバム。卒園アルバムを作る園もあると思いますが、こちらは先生をメインとした写真で作る先生のためのアルバムです。

集合写真はもちろん、園児からのページに寄せ書きのようなものを載せても良いですよね。また専門の会社に頼んで本格的なものを作っても良いと思います。予算と相談してみてくださいね☆

卒園アルバムを作ろう!ネットで注文できるおすすめサイト5選☆

関連記事:

卒園アルバムを作ろう!ネットで注文できるおすすめサイト5選☆

卒園アルバムを作りたい!でも手作りは苦手、時間も無いし…そんなママにおす…

4.刺繍などを入れて…手作りの小物♪

卒園にあたって手作りの品を先生へのプレゼントとすれば、気持ちが伝わりますよね。品はハンカチやポーチなど小さいものでも先生にとっては嬉しいハズ。刺繍やアップリケで「○○ぐみ △△せんせい」など名入れをすれば今後も使えます。

特に定番はエプロンと言われます。園での仕事中にいつも着けるエプロンは先生たちの必需品。園児たちが作った小さいお花のアップリケなども付けられればなお良いと思います♪

5.みんなの写真が入った記念品☆

最後はネットなどで注文できる、写真や名前入りの記念品!具体的にはマグカップやお皿、時計などが定番のようです。飾っても良し使っても良しのこれらのお品であれば先生にも喜ばれますね。

また卒園記念品として卒園児みんなの分を作るという場合もあるでしょう。その場合は先生の分ももちろん作ってみんなでお揃いというのが記念になりますね!

もうすぐ卒園!謝恩会での先生たちへのプレゼントは何が良い?!

関連記事:

もうすぐ卒園!謝恩会での先生たちへのプレゼントは何が良い?!

たくさんお世話になった先生方に向けての、卒園時のプレゼント選びはなかな…

素敵なプレゼントで先生を泣かせちゃいましょう♪

卒園のときに先生に贈るプレゼントとして様々な定番を紹介しました。いかがでしたか?他にもアイデアと気持ちで色々なプレゼントができると思います。

どんなものであっても先生への感謝の気持ちを込めて選べばきっと喜んでくれるはず。子供たちやママたちからの想いに思わず泣いちゃうかも知れません!?ぜひ素敵なプレゼントを贈ってくださいね☆

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!