思わず共感!ねここ あんな。(@necoco_anna)さんの「育児あるある」

ねここ あんな。さんは、もうすぐ2歳になる男の子のママ。日々の慌ただしい育児の様子を漫画にして、インスタグラムへ投稿しています。そんなねここ あんな。さんの育児漫画を今回はご紹介。一番最後に紹介する漫画は、なんと「いいね!」が1.2万回超えという共感を呼んだエピソード。子育てをするママなら、きっと一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。育児に悩むママに、ぜひおすすめしたい漫画です。

画像:scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

読者の心を引きつける育児漫画を描く、ねここ あんな。さん

ねここ あんな。(@necoco_anna)さんは、2017年2月生まれの「きっくん」とメガネをかけたパパの3人家族で、日々の子育てに関する話題を中心に、ほんわかしたタッチのイラストにしてインスタグラムに投稿しています。

印象的なのが、投稿される漫画の内容。ねここさん自身がインスタグラムの紹介ページに記載している通り、「子育てってホントしんどくて楽しいですよね」という内容ばかりをネタにしていているので、読んでいて「そうそう!」と共感できるものがたっぷり詰まっています。2018年11月時点でフォロワー数1万2千人を超えている点からも、多くの方からの支持を得ていることが分かります。

ときに、有名漫画のパロディを散りばめた投稿もしているので、見ていて「懐かしい!」と思わずくすっとしてしまうかも。

決して飾ることなく、子育ての楽しい部分やつらい部分を赤裸々につづっているねここさんのイラスト。皆さんも読んで気持ちをリフレッシュさせませんか?

さまざまな「あるある!」がたっぷり詰まった漫画5選

ねここさんの投稿する漫画は読んでいて、「わが家のことを漫画にしたの!?」と思ってしまうほど心当たりがある内容ばかり。

今回は投稿された漫画の中から特におすすめのもの、読者の反響が大きかったものをピックアップして紹介します。画像内右側「>」に触れると2枚目以降の投稿も見ることができます。ぜひ読み進めてみてくださいね。

1.なんというリアクション!

1枚目の写真を見ると「なにかのどにつっかえてしまった瞬間なのか?」と思ってしまいがちの内容ですが、読み進めていくと「ふふっ」と笑ってしまう、とある日のきっくんの食事風景です。

お豆腐大好きなきっくんは、近頃お豆腐を食べるたびにリアクションがこの様になってしまうそう。しかも、親が反応するまでやり続けるなんて、想像するだけで顔がほころんでしまいますね。

いいね!が1,100件以上付いていることからも、想像以上にリアクションが大きいという点は意外と小さな子供を持つママにはあるあるネタのようです。最後2コマが野球漫画のパロディになっていて、懐かしさを感じるママもいるかもしれませんね。

2.これぞ母の勘だ!

こちらは筆者自身「うちの娘もしていたな~」と、懐かしさとあるあるを感じた作品でした。

なんだか妙に静かなまま1人で遊び続け、次第に落ち着きなくうろうろし始めたきっくん。「ウンチしたいのかも。注意して見てて」とパパに伝えるも、半信半疑で様子をうかがっていたら…本当にし始めた、という展開に。普段から子供のことをよく見ている母親だからこそ、ピンときたのでしょうね。

それにしても、子供はなぜ物陰に隠れてウンチをしようとするのか不思議です。寄せられたコメントを読んでいると、カーテンに隠れて、暗い和室でなどといろいろなパターンがあるのにもかわいいな、と思わずにいられませんでした。

3.わが子に天性の才能を感じた瞬間

こちらはきっくんの1歳6ヶ月検診でのひとコマ。

きっくんが、キッズスッペースで見つけたとあるおもちゃに大興奮し大きな歓声を上げていると、周りの子供たちが集まってきて人だかりに。別のおもちゃで遊んで大喜びしていると、またまた周りの子供たちが集まってきて…という光景です。

きっくんは興奮すると「フンフンフンフン!」と鼻息が荒くなってしまうよう。その光景がキュートに描かれたイラストもたまらないですね!

4.世の旦那さんよ、この言葉は言うべからず

こちらは4,000件以上のいいね!がついた投稿です。読み進めると筆者まで怒ってしまいそうになるほどで、最後の1コマには「よくぞ言ってくれた!」と、拍手を送りたくなりました。

子育てをしていると、さまざまな理由でイライラしてしまうことがありますよね。そんなときに「イライラしないでよ」と言われたらどれだけ反論したくなることか…。ねここさんが、2コマに渡ってパロディテイストなイラストで心の叫びを書き連ねている気持ちが痛いほど分かります。

ねここさんは一旦怒りを沈め後日笑顔で指摘した、とありましたが筆者の場合絶対にマシンガントークで即言い返してしまいそうだな…と感じました。パパたちは、どうか大変そうなママに「イライラしないで」と言わないでくださいね!

育児のもやもや・イライラを投稿を読んで吹き飛ばそう

©ねここ あんな。

決して「楽しい」という言葉だけではひと括りにできず、むしろ思い通りにいかないことだらけでイライラの連続な育児。ときにはうんざりしたり、放り投げ出したくなったりすることもあるでしょう。

そんなときは、ぜひねここさんのインスタグラムをのぞいて育児の悩みを緩和してみましょう。読み進めていくうちに「自分だけがこんな気持ちになるわけじゃないのだな、みんな同じように悩んだり不安になったりしているのだな」ときっと思えるはずです。コメントやいいね!を寄せている読者の多さからも、世の中のママたちの心情を感じとることができますよ。

育児は肩肘張りすぎなくていいもの、と思わせてくれるねここ あんな。さんのインスタグラム。次回はどのよう漫画が投稿されるのか今後も楽しみにしたいですね。

今話題の記事

「育児漫画」「インスタ」「ねここ あんな。」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧