1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 褒められるのは正直うれしいけど…この違和感は何?|ストーカーになった職場の男

褒められるのは正直うれしいけど…この違和感は何?|ストーカーになった職場の男

子どもと一緒に過ごす時間はかけがえのない宝物。しかし、終わりのない育児に向き合うには、ママにも息抜きが必須です。ときには漫画を読んでリフレッシュしませんか?今回ご紹介するのは、職場での人間関係のトラブルのお話。第一印象では優しそうに感じていた指導係の男性に、距離感の近さから少しずつ違和感を覚え始めたMikuma(@mikuma.k)さん。『ストーカーになった職場の男』第2話です。ぜひごらんください。

ⓒmikuma.k

20歳のころ、男性が9割という職場に就職した中村さん。男性の割合が高い職場だったものの、職場の雰囲気そのものは悪くありませんでした。

しかし、就職当時の指導係になった「立木さん」は中村さんが今まで出会った男性とはタイプが違っていたようです。

ⓒmikuma.k

ⓒmikuma.k

ⓒmikuma.k

ⓒmikuma.k

ⓒmikuma.k

ⓒmikuma.k

中村さんは、やさしく丁寧に指導してくれる「立木さん」のおかげで、仕事が楽しいと感じる日々を送っていました。

しかし、気になるのは距離感。なるべく気にしないように心掛けていたものの、必要以上に距離感が近いことがどうも気になってしまうようです。心を許せる相手でないと、簡単に受け入れられるものでは無いですよね。

ある日、同僚・星さんから、立木さんは彼女がいるのにも関わらず、自分を気に入ってくれていることを教えられます。彼女がいるのに自分に対してそんな発言をする不信感を抱きながらも、かわいいと言われて悪い気はしなかった中村さん。

それでも、このころから何だか妙に違和感が…。この違和感の正体は何なのでしょうか?

うれしかったはずが、どんどん不快になっていく…|ストーカーになった職場の男

関連記事:

うれしかったはずが、どんどん不快になっていく…|ストーカーになった職場の男

今回紹介するのは職場で起きた人間関係のトラブルのお話。教育係の男性から…

1話目はこちら

【全話読める】
ストーカーになった職場の男

人間関係の「困った」を解決するには?

ⓒmikuma.k

この作品の主人公・中村さんは、職場での人間関係に悩みを持ちます。今回の場合はいじめではなく、思いもよらない人からの好意でした。

誰かに好かれること自体はありがたい場合もありますが、一方で人間関係を気にしてはっきり「迷惑です」と伝えづらいケースもあるかもしれません。

中村さんのように、逃げ場が見当たらない場所や関係の中で人間関係の「困った」被害に遭った場合、どのように解決するのが良いのでしょうか。

今回、中村さんは上司や周囲の人に相談することで、立木さんとの関係から物理的に距離を置くことができます。周囲の理解があればこうして手段で解決できることもあるでしょう。

ただし、好意を持たれた本人や周囲の協力でも解決できない場合があります。そんなときは公的機関への相談も選択肢です。男女共同参画局によると、ストーカーなどの被害については警察署に直接相談するほか、警察相談専用電話(#9110)、厚生労働省所管の婦人相談所に連絡する方法があるようです。

一人で解決しようとせず、周囲の人や公的機関の手を借りて安全に解決したいところですね。

出典元:

Mikuma(@mikuma.k)さんのインスタグラム

「恋愛」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧