1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 死期が近い人がする「手の動き」看護師の一説を聞いて納得|20代、親を看取る

死期が近い人がする「手の動き」看護師の一説を聞いて納得|20代、親を看取る

寝たきりになった母親の介護のため、実家に戻ってきたキクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さん。ときに無理をしてしまったり、今までとは違う母親の姿に苦しんだりすることも。そんな中でも、ともに母親を介護する父親と協力しつつ、介護のプロ・ヘルパーさんにも頼りながらお世話をした体験を漫画化しました。せん妄という症状が出始め、昼夜問わず、両親を呼ぶようになったキクチさんの母親。キクチさんは精神的にもきつくなり…。『20代、親を看取る』第26話をごらんください。

©kkc_ayn

1話目はこちら

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

せん妄によって母親の様子に変化が訪れ、眠れない日々を送るキクチさん。疲れでどんどん痩せていってしまいます。

静かな時もありますが、それはそれでちゃんと生きているか不安になることも。しかし外部から人が来ると、また気分も少し違い、人と会うことは大事だなと改めて感じますね。

出典元:
次々と起こるからだの変化。そろそろと言われ、覚悟を決める…|20代、親を看取る

関連記事:

次々と起こるからだの変化。そろそろと言われ、覚悟を決める…|20代、親を看取る

せん妄が始まって以来、母親のからだに変化が出始めたのに気づいたキクチ│片…

【全話読める】
20代、親を看取る

親を看取るということについて考える…

©kkc_ayn

©kkc_ayn

この作品は、キクチさんが20代で母親の介護を経験し看取ったあとのことまでを、丁寧に描いています。母親とぶつかったり寄り添い合ったりしながら、何が一番母親のためになるのか、その都度考えて行動するキクチさんや周りの人たちの姿が印象的です。

高齢化が進む中、いずれは親の面倒を見なければいけないと思ってはいても、元気なうちはまだ大丈夫と考えている人もいると思います。しかし、いつ何が起こるか分かりません。

もしキクチさんのように、20代で親を看取ることになったら…あなたにその覚悟はあるでしょうか。いざというときのために、親が病気になったり、寝たきりになったりした場合どうしたらいいのか、家族で話す機会を持つようにするといいですね。

『20代、親を看取る』は、病気で寝たきりになった母親の介護を通して、命との向き合い方や、亡くなった後に遺族がすべきことを学べる作品です。

キクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さんのインスタグラム

家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の母へ#3

関連記事:

家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の…

この作品はとある女性(仮名:かなこさん)の実体験をもとにしたエッセー漫画…

2人目を妊娠中に夫が事故死。突然の別れから立ち直るまでの話『また会えた』が泣ける

関連記事:

2人目を妊娠中に夫が事故死。突然の別れから立ち直るまでの話『また会えた』が…

もしも、ある日突然、救急隊から電話があり身内の事故を告げられたとしたら…

「親」「漫画」「介護」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧