1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 帝王切開後も管につながれ…壮絶さを物語る|まさかまた!?異常分娩フラグ

帝王切開後も管につながれ…壮絶さを物語る|まさかまた!?異常分娩フラグ

このお話は、作者星田つまみ(@hoshi.da)さんが陣痛中に常位胎盤早期剝離を起こし、緊急帝王切開で次男を出産した実体験が描かれています。分娩時の異常は予期できないこともあります。妊娠中に自分自身でどんな備えができるか、考えるきっかけとなるお話です。緊急帝王切開での出産を終え、目を覚ました星田さんが見たものとは・・・?『まさかまた!?異常分娩フラグ』第20話をごらんください。

©hoshi.da

第1話から読みたい方はこちら

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

帝王切開で出産を終えて1時間後に目を覚ましました星田つまみさんは、全身が管に繋がれて体が動きません。そんな星田さんのところへやってきた医師は、今回の異常分娩について説明してくれると言いますが、医師の体力ももう限界のよう。

陣痛中の看護師からの話によれば、大変な出産が多かった日とのこと。医師も大変だったのかもしれませんね。

無事に生まれてよかった。異常分娩の原因とは?|まさかまた!?異常分娩フラグ

関連記事:

無事に生まれてよかった。異常分娩の原因とは?|まさかまた!?異常分娩フラグ

このお話は、作者星田つまみ(@hoshi.da)さんが陣痛中に常位胎盤早期剝離を起…

【全話読める】
まさかまた!?異常分娩フラグ

出産の不安要素は、事前に医師に相談を

©hoshi.da

©hoshi.da

©hoshi.da

この漫画は作者・星田つまみさんの第2子出産を振り返るエッセー作品です。長男の出産時に常位胎盤早期剝離を起こした星田さん。今回は「大丈夫だろう」と医師からも説明を受けていたのですが、結果としてまたもや常位胎盤早期剝離の状態となり、緊急帝王切開に。

夫や子どもの立ち会いなど、バースプランに頭を悩ませた星田さんでしたが予想通りの出産とはなりませんでした。一時は自分の命すら危ないと感じた星田さん、とにもかくにも母子ともに命に別状なく出産を終えられたことが何よりでしたね。

出産を振り返り、不安要素はもっと担当医に確認すればよかった、また、NICUのある病院を選びたかったなど自身の反省もあるという星田さん。星田さんの見聞きしたことや経験を通して、読者も出産に関する知識を得たり、今後の出産をシミュレーションしたりできそうな作品です。

星田つまみ(@hoshi.da)さんのインスタグラム

8年たった今でも胸を締め付ける。出産した日のこと|産声を聞かせて#1

関連記事:

8年たった今でも胸を締め付ける。出産した日のこと|産声を聞かせて#1

出産は何が起こるか分からないもの。2人の男の子のママである星田つまみ(@ho…

下痢? 生理痛? 痛いけれどとにかく食べる…。「壮絶、出産エピソード」第1話

関連記事:

下痢? 生理痛? 痛いけれどとにかく食べる…。「壮絶、出産エピソード」第1話

出産はわが子が生まれるその瞬間までさまざまなことが起こります。人それぞ…

おすすめ記事

「出産」「異常分娩」「体験談」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧