切なすぎる...優しさと悪の心を持つロールパンナちゃんの秘密に迫る

アンパンマンのメインキャラクターの中でもとても人気があるロールパンナちゃん。メロンパンナちゃんの姉としてジャムおじさんが作ったアンパンマンワールドの住人の1人なのですが、ある事件がきっかけで善と悪の心の両方を持つことになってしまいました。そのあまりにも切なすぎる運命に、知れば知るほど涙が止まりません。

PIXTA

赤いハートと青いハート…人気キャラ「ロールパンナ」の秘密

アンパンマンシリーズの人気キャラクターの1人であるロールパンナ。ロールリボンと呼ばれる長~いリボンで「ルォォォォォラァァァァア!」と大きな声を出しながら戦う、カッコいい存在です。

子供たちからも人気が高いロールパンナですが、実はとっても重い運命を背負った存在であることを知っていますか?

また、厳しい運命に立ち向かう存在だからこそ語った、数々の名セリフも持った存在だったりもします。ロールパンナの秘密と名セリフを、たっぷりご紹介させていただきます!

知ってる?ロールパンナ誕生エピソード

実は知らない人も多い、ロールパンナ誕生のエピソードをご紹介します。

メロンパンナの姉としてジャムおじさんに作られた

アニメでは1994年の放送300回記念で初登場したロールパンナちゃん。メロンパンナちゃんの「お姉ちゃんが欲しい」という思いに応えて、ジャムおじさんが作ったパン戦士の1人です。

後から生まれたのに「お姉ちゃん」と呼ばれているのにはそういった経緯があったのですね!

「人に優しく、人に尽くすように」という思いがこめられた

愛情 PIXTA

メロンパンナちゃんが見つけたまごころ草という珍しい花の花粉と、メロンパンナちゃんのメロンジュースが生地に混ぜられており、「人に優しく、人に尽くす優しいパンになるように」という願いをこめられて作られました。

メロンパンナが「愛の戦士」として生み出されたパン戦士であるのに対し、「優しさと強さ」を両立した戦士として生まれてくるはずだったロールパンナですが、ある事件で運命が一変してしまいます。

ばいきんまんのいたずらで悪の心を持つことに...

しかし、このロールパンナを焼き上げる前、ばいきんまんはクモメカというロボットを使い、生地にばいきん草のエキスを混入させます。

小さなメカが発酵中にこっそり入れたバイキンエキスに気が付かず、そのまま焼き上げてしまったことで、ロールパンナは善と悪2つの心を持ってしまい、それが本人の意志と関係なく不定期で入れ替わってしまうようになってしまったのです。

ロールリボンの戦闘力は最強クラス?

武士 PIXTA

ロールパンナはロールリボンと呼ばれる、伸縮自在のリボンを使って戦います。ムチのように使ったり、敵を縛り付けたりもできる他、岩などを砕く破壊技や電撃を流す技まで多様な技を使いこなします。

その戦闘力はパン戦士最強クラスと言われています。

やなせたかし先生は戦争で多くの悲惨な事実を体験し、戦場で必要なのは武器ではなく「愛と勇気」という考えから、パン戦士のほとんどは素手で戦います。

それはやなせたかし先生の武器を持たせない美学でもあります。

それに対し、ロールパンナだけはいつも武器を使います。

その理由は、「武器を持ってでも守るべき『妹』という存在がいるから」という説があります。実際にやなせ先生がそう言ったわけではないようですが、ロールパンナは自分の厳しすぎる運命と「妹を守る」という使命の中で、結果として武器を持たざるを得ないのかもしれません。

バイキン草の力で悪の戦士ブラックロールパンナに...

草 PIXTA

ばいきんまんの力で、体内に眠るばいきん草のエキスを増幅させられてしまうと、悪の心を持つブラックロールパンナになってしまいます。

体の色は黒くなり、目が赤く見るからに悪の姿に…。 通常時のロールパンナよりも戦闘力がアップし、アンパンマンすらかなわないことも。

善の心の時の記憶が薄くなってしまうこともあるようですが、たいていの場合はメロンパンナの声かけで優しい心を取り戻します。

しかし、ばいきんまんがまごころ草の花粉を取り除いて、バイキン草の力を増幅させた時にはメロンパンナの声かけにも応じませんでした。

やはりメロンパンナへの愛情とまごころ草には深い関わりがあるようです。

みんなを傷つけるかもしれないから、近づかない

自分がいつ悪の心に支配されてしまうかわからないという思いから、普段はパン工場で生活しておらず、くらやみ谷や荒れた土地で独りぼっちで生活しています。メロンパンナちゃんら一緒にいてほしいと感じていますが、なかなかそれはかないません。

「華やかな世界は私には似合わない」と言い、すすんでみんなのいる場所へ行くことを拒みます。みんなの人気者で明るいメロンパンナに対し、どこか影がある印象を持たれる存在ですよね。

ロールパンナの泣ける名セリフ5選

アニメや劇場版でロールパンナが語った名セリフをご紹介します。

1.「いつか、きっといつか、一緒に暮らせる…」

家 PIXTA

「ロールとローラ うきぐも城のひみつ」の中でメロンパンナに向けた言葉で、アンパンマンファンの間では有名なセリフでもあります。

いつもはパン工場ではなく、くらやみ谷などで1人でいるロールパンナ。でも本当は大切な妹と一緒に暮らしたいんですよね。自分の運命のせいで大好きな妹と一緒にいられない...でも希望は捨てたくない。そんなロールパンナの本音を知ることができる一言でした。

ばいきん草のエキスの力で、良い心だけではいられなくなってしまったロールパンナの心は、いつもひび割れたガラスのように傷ついています。そして大好きなお姉ちゃんと一緒に暮らせないメロンパンナも、寂しい気持ちでいます。

ばいきんまんのイタズラの中で、ロールパンナにしたこのイタズラが、一番悪いことなのかもしれません。

2.「人はみんな役目をもって生まれてきている。」

猫 PIXTA

今でもレンタルで人気の高いアンパンマンの映画「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニィ」でロールパンナがメロンパンナにかけた言葉です。

大切に育ててきたニャニィを、夢猫の国に帰すことが嫌になってしまったメロンパンナに、ロールパンナはこう続けました。

「一緒にいなくても心は一緒にいられる。私もメロンパンナと離れていても、ここ(胸)にいるからさみしくない」

「この世に生まれてくる者は皆、何か役目を持っている。私はまだ自分の役目が分からない・・・でもニャニィにはきっと夢猫の国に大切な役目があるんだ。その役目を果たすことがニャニィの幸せだ」 出典: mokumoku-fantasy.cocolog-nifty.com

自分が何のために生まれてきたのかという問いに、まだ自分自身が答えられないロールパンナ。しかし、今目の前にいるニャニィには大切な役割があることを、メロンパンナに話しています。

そして「一緒にいなくても心は一緒」という言葉は、メロンパンナだけに向けた言葉ではなく、ロールパンナ自身に自分で投げかけた言葉のようにも聞こえますね。

3.「アンパンマンはそうなんだ。だけど、私にはできない。」

劇場版「アンパンマンといのちの星のドーリィ」で、ロールパンナがアンパンマンの正義の姿勢を認めながらも「私はアンパンマンのようにはなれない」と語るシーンです。

「何のために生きるのか」ということがテーマのこの物語で、「誰かのために愛と勇気を与え続けること」を生きる意味としているアンパンマンに対し、自らの運命から正義と悪が同居してしまっているロールパンナ。自分のいのちの意味を深く考えている様子がわかります。

正義と悪の心を持っていることは、実は珍しいことではなく、人間界では普通の事ですよね。みんなが善と悪を持っている。しかし、その現実に対して深く悩み、考えているロールパンナの姿には、大人がハッとさせられます。

4.「あなたが壊すというのなら、戦うというのなら、私も戦います。 私は…守るために戦う!」

兄弟 PIXTA

アンパンマンシリーズで1番の名言だと語る方もいるこの名言が生まれたのは「ふたりのロールパンナ」というお話。

ばいきんまんが、ブラックロールパンナがアンパンマンを倒せないのはまだ善の心が残っているからだと思い、ドクター・ヒヤリと結託してロールパンナから悪の心のみを引き出します。そうしたことで、良い心だけを持ったロールパンナと、悪の心だけを持ったブラックロールパンナが別れ、2人のロールパンナが生まれたのです。

ブラックロールパンナは街に行き、カレーパンマンもしょくぱんまんも、そしてアンパンマンをも倒してしまいます。そこへ、良い心を持ったロールパンナが現れ、「2人のロールパンナ」の戦いが始まるのです。

「私は、あなた。もうひとりの、あなた。」
「弱そうなお前がもうひとりの私だと!?笑わせるな!」
「あなたが壊すというのなら、戦うというのなら、私も闘います。私は守るために闘う!」

こうして2人は闘うのですが、最後はドクターヒヤリの薬の効果が切れ、もとの1人の姿に戻ります。

この「2人のロールパンナ」の中には、ロールパンナとメロンパンナが思い描く、「一緒に暮らす未来」を描写するシーンが含まれているなど、この2人の姉妹愛が大好きなファンとしてはたまらないお話になっています。

5.「メロンパンナの声を聞くと、わたしの赤いハートが輝いて、悪い心のときでも、良い心になることができるの」

心 PIXTA

メロンパンナへの愛情が感じられるこの名言。大好きな妹の声はどんなものよりもロールパンナの暴走を止める力があります。この設定にはきっと、やなせ先生の「戦いをやめるために必要なのは武器ではなく、愛と勇気」という思いが込められているのではないでしょうか。

対立する赤いハートと青いハートが胸に刻まれているロールパンナ。背負った運命は重すぎるものですが、メロンパンナの笑顔はロールパンナにとっての唯一の生きる希望なのかもしれません。

運命を背負いながら生きるロールパンナ...「生きる意味」を考えるきっかけに

心 PIXTA

アンパンマンのオープニングソングにある「何のために生まれて 何をして生きるのか」という言葉を象徴するかのようなロールパンナの存在。

子供向け番組とは思えないほど重い運命を背負ったロールパンナですが、その中でも大好きな妹への愛のために戦う姿や、みんなを傷つけてしまうことを悩み続ける姿は、私たちに大切なことを教えてくれます。

ロールパンナの持つ「良い心」「悪い心」はみんなが持っているもの。そうした自分の中の2つの心と向き合い、よく生きようとすることは、親として子供に教えていきたいことですよね。そして親自身も、「良い母でいたい」「うまくいかない」2つの面を感じていたりもします。

そんな「人間らしさ」を感じるロールパンナには、いつか必ずメロンパンナちゃんと一緒に暮らし、幸せな毎日を送ってほしいと、密かに幸せな未来を願う筆者なのでした。

「ロールパンナ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!