1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 上司の態度は変わったけれど…激増する業務量と違和感|職場のクラッシャー上司

上司の態度は変わったけれど…激増する業務量と違和感|職場のクラッシャー上司

このお話は、部署異動をきっかけに上司からパワハラを受けるようになった、おと(@oto_ppu)さんが、深く傷つき悩みながらも周囲の人のあたたかさに触れ、自分にとっての幸せを見つけるまでの体験談です。直談判した直後から改善されたクラ田課長の態度を見て、ホッと胸を撫で下ろしていたおとさん。「指示を具体的にしてほしい」という要望通りにはなったものの、思っていたものとは違う態度に、違和感を抱く結果となってしまいました。『職場のクラッシャー上司』第13話をごらんください。

©oto_ppu

第1話から読みたい方はこちら

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

具体的な指示を出してくれるようにはなったものの、今度は内容が細かすぎて、業務量が増えてしまう結果に。おとさんの言葉をそのまま受け取っているだけなのか、嫌がらせでしているのか、疑念を抱いてしまいますね。

あまりにも極端すぎるクラ田課長の変化に、喜んでいたおとさんもモヤッとしてしまったようです。

「明日で良くない?」勤務時間外の電話やLINEにモヤモヤ|職場のクラッシャー上司

関連記事:

「明日で良くない?」勤務時間外の電話やLINEにモヤモヤ|職場のクラッシャー…

このお話は、部署異動をきっかけに上司からパワハラを受けるようになった、…

退職も一つの選択肢。自分を大切にして幸せになれる行動を

©oto_ppu

©oto_ppu

©oto_ppu

ある日、「経験を積むため」と部署異動を告げられ、張り切っていたおとさん。しかし、異動先で直属の上司・クラ田課長から、数々の陰湿なパワハラを受けることに…。社内で必死に相談するものの、改善するどころかパワハラはさらにエスカレート。心身ともに限界を迎えたおとさんは退職を決意しました。

会社でパワハラを受けたら、社内の相談窓口や、全国に設置された労働局に相談できます。そのときは、事実関係を整理しやすいよう、パワハラの内容や日時などを、メモや録音・録画で証拠として記録しておきましょう。おとさんのケースのように、相談しても改善が見られなかったり、十分な支援を受けられなかったりした場合には、法テラス(国が設立した法的トラブル解決の総合案内所)を利用するのも選択肢です。

パワハラされた側が心を病んでしまうことも少なくありません。自分の心身を守るために、退職するのも自分を守る手段ですね。『職場のクラッシャー上司』は、限りある人生を笑顔で穏やかな心で過ごせる選択をするよう、背中を押してくれる体験漫画です。

出典元:
「明日で良くない?」勤務時間外の電話やLINEにモヤモヤ|職場のクラッシャー上司

関連記事:

「明日で良くない?」勤務時間外の電話やLINEにモヤモヤ|職場のクラッシャー…

このお話は、部署異動をきっかけに上司からパワハラを受けるようになった、…

【全話読める】
職場のクラッシャー上司

おと| コミックエッセイ(@oto_ppu)さんのインスタグラム

ドキドキの就活!面接官からの予想外な一言が…|パワハラ女上司に洗脳されかけた話

関連記事:

ドキドキの就活!面接官からの予想外な一言が…|パワハラ女上司に洗脳されかけ…

専門学校を卒業し、就活に励む主人公が会社の面接にやってきました。一生懸…

「漫画」「パワハラ」「退職」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧