節約ママ必見!子供がいる家族の生活費の平均について

生きている限り日々かかってくる生活費。我が家は多い方なのか少ない方なのか、知りたくてもなかなか面と向かって聞けないものですよね。今回はそんなママのために、4人家族を基準にした時の毎月の生活費の平均を調査してみました。我が家の家計と比べてみて、節約ポイントが見つかれば幸いです。

4人家族、生活費の内訳

では、4人家族一般的な家庭での1ヶ月の生活費に関して、内訳を細かく追っていきましょう。

光熱費

12000~17000円の間の家庭が多い様でした。

この「光熱費」の内訳に関しては、「電気代」と「ガス代」が含まれておりますが、「オール電化」家庭だったり「プロパンガス・都市ガス」の家庭であったりと、契約状況によっても多少の誤差はある様ですね。

水道代

1ヶ月当たり、3500円~5000円と言う家庭がほとんどの様でした。

水道代の請求は2か月に1度なので、平均すると請求の際1万円程度である様。また、節水コマなどを利用して節約をしている家庭もありました。

通信費

16000円~20000円前後の家庭が多い様です。

こちらは、両親二人の携帯代+家庭のPC・プロバイダや有料チャンネルの料金が殆どのため、契約の状況によってだいぶ違いがある様です。

食費

40000~60000円当たりがほとんど。

こちらは旦那様の職業や、お子さんの年齢によっても左右される様。肉体労働のご主人がいる家庭の場合、やはり良く食べる点から食費は嵩む様ですね。

食材

日用品・雑費

20000円程度。

掃除用具や子供にかかる急な出費など。どの家庭も毎月想定外の出費は多少覚悟をしている様子。

保険代・医療費

28000~40000円ほど。

ご主人の保険を手厚くしている家庭などは、ここで大きく差が開く様。

また医療費に関しても、子供は基本0円の地域が多いですが大人は3割かかってしまうので毎月はかからないにせよ体調を崩すと出費も嵩みます。

夫婦のおこずかい

30000円程度が殆どの様でした。

こちらも、毎日お弁当のご主人の場合はおこずかいは少なかったり、たばこやお酒をたしなむ家庭は思った以上に多かったりと家庭ごとの差が激しいカテゴリでした。

お金

家賃・住宅ローン

0円~10万円。

こちらも、アパートやマンション住まいで家賃のかかる家庭から、実家住まいのため家賃は0円の家庭。また、住宅を購入し毎月ローンの返済の必要な家庭までそれぞれでした。

画期的な節約方法

子供が大きくなるにつれ、どんどんかさむ生活費。少しでも抑えようとママたちは様々な節約術を試していると思います。

その中でも特に効果のある方法をご紹介します。

5週間手法

数ある節約方法の中でも画期的なのが、食費は1ヶ月を5週間として先に割り振っておく「5週間手法」と言うものがあります。

これを利用し、お給料日が来たら食費をあらかじめ5週間分割り振って使っていくことで、最終的に食費のオーバーを防ぎ貯蓄に回すと言う節約を採用している家庭が多かったです。

出費を抑えて貯蓄に回す

家族 笑顔

毎月固定出かかってくる通信費や保険料を減らすことは難しいですが、食費や光熱費等は使い方次第で節約できるものです。

住んでいる地域や子供の年齢によっても生活費に変動はありますが、あまり贅沢せず賢く使うことによって、少しずつ貯蓄をしていけると良いですね。

「子供」「生活費」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!