おすすめのマタニティスカート15選!オフィス用やデニム素材など

マタニティ用のスカートならウエスト部分がやわらかいゴムや生地で覆われており、妊娠中でもスカートコーデを楽しむことができます。ウエスト部分を調整することで産後も履き続けることができるのも魅力の一つ。この記事では、オフィスでも使える上品きれいめなスカートから、スウェットやデニム素材のカジュアルスカートまでさまざまな種類を紹介します。また、マタニティコーデをアップしているインスタグラマーのスカートコーデも紹介しています。

PIXTA

おすすめマタニティスカート15選!

妊娠してからはおなかが楽なワンピースや、唯一購入したマタニティ用ボトムスを毎日のように履いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、マタニティスカートもたくさんのデザインが販売されています。ウエスト部分がゴムになっているためおなかが大きくなっても苦しくなく、さらにウエスト部分を調整することで産後も使えて一石二鳥のです。

カジュアルなデニムスカートから仕事でも活躍しそうなきれいめのペンシルスカートまで、季節問わず長く使えるマタニティスカートを筆者のおすすめ順に紹介します。

15位.CHOCOA(チョコア)「産前産後ストライプスカート」

産前産後ストライプスカート

サラリとした軽い素材で、春から秋まで使える爽やかなブルーのストライプスカート。

妊娠中はおなか部分がゆったりゴムのマタニティスカートとして、産後は腹帯部分をはさみでカットするか生地を中に入れ込むことで、普通のスカートとして長く着回すことができます。

程よい厚みもあり、シワにも強いため旅行にもぴったりです。「あったらいいな」が形になった、産前も産後も使えるありそうでなかったスカートです。

14位.KIDS PARA(キッズパラ)「マタニティレーススカート」

マタニティレーススカート

エレガントさ際立つ上品なこちらの商品は、マタニティ用としては珍しいタイトスカートですが、おなか部分はマタニティ用にゆったりしたつくりになっています。仕事のときはトップスにブラウスやカーディガンを、休日はトップスにTシャツを着用すればオンオフ共に着回すことができる優秀なスカートです。

2種類のデザインがあり、Aタイプはひざ下の落ち着いた丈感、Bタイプはひざ丈のスタイリッシュなデザイン。Aタイプにはバックスリットが入っており動きやすさとセクシーさを兼ね備えています。カラーはAタイプはブラックとアイボリー、Bタイプはブラック、ネイビー、グリーンから選ぶことができます。

13位.Lani(ラニ)「マタニティマキシスカート」

マタニティマキシスカート

ラニはアメリカLAで生まれたファッションブランド。ラグジュアリーでありながら着心地もよく、モデルの梨花さんが愛用していることでも知られています。

シンプルなマキシスカートはベアトップ風のワンピースとしても着用可能な2wayデザインです。柔らかくて伸縮性のある素材、軽くてしっとりとした質感で着心地抜群でマタニティ時期にぴったりですね。

伸縮性のあるウエスト部分は折り返して丈の調節ができるため、身長が小さい方や体形の変化に対応することができて安心です。

サイズはS/M/L、カラーデザインはブラックやグレーを基調としたシンプルな7種類の展開です。

12位.kirakirashop(キラキラショップ)「裏起毛スカート」

裏起毛スカート

冬はスカートだと寒い…でも妊娠中はスカートが楽…そんな方の気持ちに応えた商品ではないでしょうか。スカートの裏側にファーのような起毛がついており、寒い冬でもあったか楽に過ごせるスウェットスカートです。

全7色、3タイプのデザイン展開で、妊娠中の方は伸縮性の優れたウエストリブのついたハイウエストタイプがおすすめ。くるぶしまでのマキシ丈になっているため、おなかが大きくなってスカートの前部分が少し持ち上がっても安心ですね。

11位.ODETTO(オデット)「マタニティロングタイトスカート」

マタニティロングタイトスカート

着丈が77㎝とひざ下の長さで、上品でありながら前にスリットが入っている部分が女性らしさを忘れない、ロングタイトスカートです。

おなかに優しい伸縮性のあるとろみ素材を使用しており、タイトな見た目ながら妊娠中でも無理なく着ることができる着心地のよさがポイントです。

別売りで同素材の授乳口付きトップスを合わせると、オフィスやフォーマルな場でも活躍してくれるセットアップとして着こなすことができます。

カラーは3色展開ですが、サイズはワンサイズしかないためサイズ感を確かめてくださいね。

10位.ANGELIEBE(エンジェリーベ)「ヴィンテージサテンギャザーロングスカート」

ヴィンテージサテンギャザーロングスカート

ウエストのたっぷりギャザーがふわりと広がって、大きなおなかをさり気なくカバーしてくれるロングスカートです。上品な落ち感と微光沢が美しいヴィンテージサテンで、旬な雰囲気を演出してくれます。

アジャスター付きのウエスト調整が可能なゴムで、産後も長く使うことができます。ふわりとした軽い生地にため、秋冬はタイツと重ねて、春夏はさらりと1枚で着られますよ。

明るい色を中心に8色展開で、ビタミンカラーが妊娠中も元気に外に連れ出してくれそうですね。人気色は売り切れている場合も。早めにチェックしましょう。

9位.Marshel(マーシェル)「マタニティマキシ丈フレアスカート 」

マタニティマキシ丈フレアスカート

マタニティウェアに見えない、産前産後まで長く使えるシンプルなマキシ丈のスカートです。フレアデザインが入っており、動くたびにきれいに揺れるスカートが女性らしさを際立たせてくれます。

スウェット素材でも部屋着に見えることがないその美しいデザインが魅力の一つです。

カラーがブラック、カーキ、グレーとシンプルな色展開のためトップスの柄やデザインが限定されず、コーディネートも悩むことありませんよ。

8位.ANGELIEBE(エンジェリーベ)「ハイストレッチデニムスカート」

ハイストレッチデニムスカート

妊娠中だと一番縁遠く感じる、デニムスカートにもマタニティ用が登場しました。伸びのよいハイストレッチデニムは、軽さと柔らかさも魅力で妊娠中も無理なく着こなすことができます。

おなか部分はもちろん柔らかい生地で着心地抜群。デニムでも大人っぽく着られるタイトシルエットと、裾が広く動きやすいボックスシルエットの二つ、デザインが用意されています。

カラーはきれいめコーデにも活躍のネイビーと、カジュアルコーデにうれしい、明るいブルーの2色から選ぶことができます。

7位.SWEET MOMMY(スウィートマミー)「マタニティキャリアスーツ」

マタニティキャリアスーツ

妊娠中もスーツを着る機会が多いママにおすすめのオフィス用スーツです。このスーツの最大の魅力は妊娠中だけでなく、産後も着用できるというところ。

ウエスト部分のファスナーを下げると、リブ生地のアジャスターになっており、おなか周りのサイズを調整することができます。だんだん大きくなるおなかや産後の体形の変化にも柔軟に対応してくれます。

マタニティ専門店だからこそできる、こだわりのパターンで、シンプルに見えるデザインの中にもストレッチの効いた上質素材、洗練されたきれいめシルエットをかなえました。

スーツは高い買い物だからこそ、長く使えるものを選びたいですよね。サイズがS~LLサイズと幅広く展開されています。

6位.CHOCOA(チョコア)「マタニティロングスカート」

マタニティ ロングスカート

リブ素材がシンプルな中にもおしゃれ感を演出してくれる、こりらのマタニティ用スカート。体形にぴったりと沿いながらも伸縮性があり、締め付けられることがなく、妊娠中も女性らしいコーデに。

ウエスト部分は調整できるゴムアジャスター付きで、産後に体形が戻った後も長く着用することができます。ほっこりあたたかくなるような素材で秋冬の季節に1枚ほしいアイテムです。

グレー、カーキ、ワインなどの5色展開です。

5位. 犬印本舗「涼感マルチウェイセットアップ」

涼感マルチウェイセットアップ

犬印本舗は、妊娠初期から後期のマタニティインナー、マタニティアウターから産後ケア商品まで展開するマタニティウェアのメーカーです。

こちらは着たまま授乳できる、トップスとロングスカートがセットになったセットアップアイテムです。授乳するときに服をめくりあげることなく、両脇にある授乳口からサッと授乳することができます。

涼感素材で春から夏の部屋着やカジュアルコーデに活躍間違いなし。スカートはウエストを折りたためば産後も長く使うことができますよ。

4位.ANGELIEBE(エンジェリーベ)「タックフレアスカート」

タックフレアスカート

おなかをしっかりカバーしながらも、絶妙なタックとフレアの美シルエットが魅力の産前産後に対応しているスカートです。

日々変化するおなかを伸びのよい布地が優しく包み込み、産後はそのウエスト部分を折り返して使い続けることができます。スカート全体はしっかり目の詰まった高品質コットンで、薄く軽い生地でも高級感がありますよ。

イエロー、ミントグリーン、ラベンダー、ピンクの4色のポップなカラー展開は気持ちをパッと明るくしてくれそうですね。

3位.ODETTO(オデット)「マタニティタイトスカート」

「楽ちんなのにきれいにキマる」がキャッチコピーのマタニティタイトスカートです。

程よい厚みとハリのある生地にもかかわらず、スポンジのように軽く、伸縮性のあるウエスト部分はまるで履いていないようなフィット感で締め付けが苦手な方にもおすすめです。

流行に左右されないシンプルなデザインは、デイリー使いはもちろんオフィススタイルにもぴったり合いそうです。ブラック、ネイビー、グレー、カーキと使いまわし力抜群の定番4色展開。

2位.CHOCOA(チョコア)「産前産後デニムスカート」

産前産後デニムスカート

スカートの正面に深くスリットを入れることで、マタニティデニムでもカジュアルすぎず女性らしい着こなしをすることができます。短すぎず長すぎず、程よい丈感とタイトすぎないシルエットがポイントです。

ストレッチがよく効いているため、デニムにありがちな窮屈感がなく、妊娠中もストレスフリーに着ることができます。

産後はウエスト部分の生地をカットするか、中に入れ込むことで普通のデニムスカートとして長く着ることができます。デニムは季節に左右されずオールシーズン楽しむことができ、一つ買っておきたいアイテムですね。

1位.ANGELIEBE(エンジェリーベ)「ハイクオリティジョーゼットVネックブラウス&タイトスカートセットアップ」

オフィスでも活躍しそうなきれいめのトップスと、マタニティタイトスカートが一緒になったセットアップ商品です。トップスには上品なデザインでありながら授乳口が付いており、産後もたくさん着ることができます。

スカートはタイトシルエットですが、ストレッチ性があるため妊娠中でもきつく感じることはありません。単品でも着まわすことができ、一組持っていると産前から産後まで長く活躍しそうです。

定番のベージュ×ブラックからピンク×ブラックやキャメル×ブラックなど女性らしい色合いまで、コーディネートに迷う必要ないセットアップデザインは5色展開です。

妊娠中にスカートはこう着こなす!おすすめコーデ

実際に妊娠中はどのようにスカートを着こなせばよいのでしょうか。インスタグラムで日々コーディネートをアップしている妊娠中ママを参考にしてみましょう。

マタニティ用のものに限らず、ネット通販でお手頃に購入したスカートをうまく着こなしているのが印象的です。

上下ユニクロの細見えペンシルスカートコーデ

2人目のお子さんを妊娠中にインスタグラムでマタニティコーデを披露していた___icchan0716___さん。GUやユニクロなどのプチプラブランドを上品に着こなすテクニックが見事です。

こちらはユニクロの黒のペンシルスカートに、ユニクロのクルーネックTをインした上下ユニクロコーデ。きれいめなペンシルスカートもTシャツと合わせることで、カジュアルなかわいい印象の仕上がりになっています。

こちらのスカートはマタニティ用ではありませんが、ウエストがゴムのため少し大きめのサイズを購入すれば妊娠中も挑戦することができそうです。

ロックT×チュールスカートで上級甘辛ミックスコーデ

細かい網目模様のチュールレースがかかった、エレガントなスカートの上にロックTを合わせるという、究極の甘辛ミックススタイル。

光沢のあるグリーンの素材がすてきなスカートですが、黒いチュールレースがかかることで大人の落ち着いた雰囲気になっています。中が透けているトレンドのシースルーバッグとの相性も抜群です。

マタニティ用ではないスカートもゴムのウエスト部分を胸の下に持ってくることで、無理なく着こなすことができそうですね。

デニムの上のレーススカートでさりげなく体形カバー

妊娠7ヶ月目に撮影されたレーススカートのコーデ。デニムの上からふわりとしたレースがかかることで、上手に体形カバーができ、お尻などが気になるママにおすすめの着こなしです。

女性らしいレースが主役のコーデにも足元にスニーカーを持ってくることで、かわいくなり過ぎないカジュアルな仕上がりがすてきです。

中のデニムはウエスト部分がゴムのマタニティデニムを着用すれば、締め付けの心配もなさそうですね。

妊娠中だからこそ楽しくなるスカートコーデに挑戦してみて

スカート PIXTA

「マタニティ」とつく商品は妊娠中にしか着られなくてもったいないというイメージがあるかもしれませんが、ウエスト部分が調節できることで産後も活用できるものばかりです。

また、コーディネート紹介では取り入れやすいプチプラのブランドで少し大きめのサイズのスカートを購入するなど、マタニティコーデの幅が広がるアイデアもたくさん散りばめられていましたね。

おなかが大きいからこそ楽しめる期間限定のファッションスタイル。たくさんの商品やアイデアと共に楽しみましょう!

「マタニティ」「スカート」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!