一番大切なことに気づいた末、たどり着いた答えは…「イヤイヤ期を乗り越えた話」最終話

娘さんのイヤイヤ期に手を焼いている、こーちゃんママ(@saori.itako)さん。どうすれば感情的にならず接することができるか考えてみると、いつの間にか「話せば分かってくれる」と娘さんに対し思い込んでいたことに気づきます。大きくなってきたといえど、幼いうちはできないことがあって当然。反省したあと、自身の改善策として取った行動や意識はどんなものなのでしょうか。

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

©こーちゃんママ

パパがいい、と泣く子。わたしは必要ないの?「イヤイヤ期を乗り越えた話」第1話

関連記事:

パパがいい、と泣く子。わたしは必要ないの?「イヤイヤ期を乗り越えた話」第1話

なかなか言うことを聞かず、ときにはつい感情的になってしまう「イヤイヤ期…

親として、すべてに笑って「いいよ」とはいえず…「イヤイヤ期を乗り越えた話」第2話

関連記事:

親として、すべてに笑って「いいよ」とはいえず…「イヤイヤ期を乗り越えた話」…

子育てをしていてどうしたらよいのか迷ったとき、ネットや育児本などで解決…

イライラする子供の行動に理由をつけてみたら、涙が…「イヤイヤ期を乗り越えた話」第3話

関連記事:

イライラする子供の行動に理由をつけてみたら、涙が…「イヤイヤ期を乗り越えた…

イヤイヤ期のお子さんに対し堪忍袋の緒が切れてしまうこと、一度は経験があ…

こーちゃんママ(@saori.itako)さんインスタグラム

出典元:

おすすめ記事

「イヤイヤ期」「対策」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧