1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 初めて、人前で泣きそうになっている夫を見た|障害を受け入れるまでのお話#8

初めて、人前で泣きそうになっている夫を見た|障害を受け入れるまでのお話#8

2017年に男の子を出産したゆみmama(@sou0228k)さん。ずっと子どもの右手が動きにくそうなことを不安に思っていたゆみmamaさん。6か月健診、個別の健診を経て紹介された病院で幼い息子はMRI検査を受けました。そしてついに検査結果を伝えられる当日になり…。「陳旧性 脳梗塞」という病気をもつ息子、そうちゃんの誕生から障がいを受け入れるまでの葛藤、思いを漫画化した『障害を受け入れるまでのお話』、今回は8、9話目です。ごらんください。

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

@sou0228k

6か月健診、個別健診、そして大きな病院でのMRI検査をへてわかったのは、そうちゃんが「陳旧性 脳梗塞」だったという事実。ずっと不安に思っていた「右手の動きにくさ」は利き手や発達の問題ではなく、脳梗塞だったから…。周囲の人が「治る」ことを諦めるような言葉を発する中、ゆみmamaさんの気持ちが爆発します…。

次回へ続きます。

きみと笑うため、一緒に病気と戦おう|障害を受け入れるまでのお話#最終話

関連記事:

きみと笑うため、一緒に病気と戦おう|障害を受け入れるまでのお話#最終話

2017年に男の子を出産したゆみmama(@sou0228k)さん。息子、そうちゃんは「陳…

ゆみmama(@sou0228k)さんのインスタグラム

出典元:

おすすめ記事

「障害を受け入れるまでのお話」「漫画」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧