1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. たった数秒でも…「1人でいる子」を狙う不審者『子どものころの誘拐未遂』で学ぶ防犯

たった数秒でも…「1人でいる子」を狙う不審者『子どものころの誘拐未遂』で学ぶ防犯

祖父との幼稚園の帰り道、わがままを言って祖父に置いて行かれてしまったふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さん。ひとりぼっちになってしまった直後、ふくふくさんの元に1台の怪しい車が忍び寄ります…。もしも不審者が現れたときにどうやって対処するべきか、子どもを危険から守るために保護者はどう行動するべきなのか。とても考えさせられるお話です。

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

心を鬼にする祖父

幼稚園のお迎えはいつも祖父。帰り道には駄菓子屋によることが日課になっていたふくふくさんでしたが、その日に限って祖父は駄菓子屋に寄ることを許しませんでした。

ふくふくさんは駄々をこねますが、祖父はそんなふくふくさんを置いて先に歩き出してしまったのです。「自分が先に行けば孫はついてくるだろう」と思っていたのでしょう。しかし、ふくふくさんは意地をはってその場から動きませんでした。

近づいてくる、不気味な車

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

祖父がふくふくさんを置いて歩いて行ってしまった直後、男性の乗った車が近づいてきました。男性から「1人でどうしたの?」と声をかけられたふくふくさんですが、このとき相手の男性のことを不審に思っていなかったようです。

祖父が視界から消えてから、ほんの20秒程度のできごと。男性は、ふくふくさんが1人になる瞬間に狙いを定めていたのでしょうか。

幼稚園で教わったこと

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

見知らぬ男性から車に乗るようにうながされたふくふくさんは、幼稚園で教えられた話が頭に浮かび、車に乗ってはいけないことに気づきました。幼稚園では「大きな声を出して助けを求める」と教えられましたが、男性からの逆恨みが怖くて大きな声を出すことができません。

子どもを危険な目に遭わせないために、たとえ少しの時間であっても、子どもを1人にすることは避けなければいけませんね。

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘拐未遂#1

関連記事:

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘…

日々、日本のどこかで起きているさまざまな事件…。なかには幼い子が巻き込ま…

【全話読める】
子どものころの誘拐未遂
学校から家まで徒歩10分の距離で起きた、身の毛がよだつ体験|子どもを狙う不審者#1

関連記事:

学校から家まで徒歩10分の距離で起きた、身の毛がよだつ体験|子どもを狙う不…

子どもが見知らぬ人から声をかけられたり、不審者に遭遇したりする事例が後…

女子大のトイレに不審人物が!平和な日常に突如起きた大事件|女子トイレに覗き魔#1

関連記事:

女子大のトイレに不審人物が!平和な日常に突如起きた大事件|女子トイレに覗…

大学の休み時間、なにやら騒がしい廊下。不思議に思いながら、ぽちまる@育…

ふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「誘拐」「防犯」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧