1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 大粒の涙があふれてしまう、結婚直前の別れ話を描いた漫画が切ない

大粒の涙があふれてしまう、結婚直前の別れ話を描いた漫画が切ない

相手を思うあまり、うまく自分の思いを伝えられないことはありませんか?これを言ったら傷つくのではないか、嫌われるのではないか…。そんなことを気にしていると、本音を伝えるのが怖くなってしまいますよね。今回紹介する作品はろく(@roku_2017)さんの恋愛連載漫画です。結婚を前提に付き合っているろくさんと結城さん。二人の心情を丁寧に描いた作品です。二人の将来はどのようになっていくのでしょうか。『もう一度』です。本編の見どころとなるシーンを抜粋したので、どうぞごらんください。

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ろくさんと結城さんは結婚を前提にお付き合いをしています。同棲をすることにした2人は物件探しをしています。

しかし、ろくさんにはある心配事がありました。それは、結城さんが子どもが好きではないということがわかったこと。2人の価値観のズレが少しずつ心の距離を広げていきます…。

価値観のは違っても「なんとかなる」と信じていた

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

子どもがほしいろくさんと、子どもはマストではないと考えている結城さん。価値観には違いがあるようです。

ろくさんはその違いに気づきながらも、自分の本心を飲み込んで結城さんとの会話を終わらせてしまいました。「価値観は違うけれど、このくらいならなんとかなるはず」。こうした思いが、すれ違いをさらに大きくしてしまったのかもしれません。

幸せな時間は本物、でも空虚感がぬぐえない

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

価値観のズレが二人の歯車を狂わせるまでに、時間はかかりませんでした。同棲を始めたのにも関わらず、二人の会話は減り、とても結婚を前提にしている新生活とは思えないような状況に。

お互いに愛し合っていたはずなのに、まるで同居人のような生活。2人の歯車はどこから狂ってしまったのでしょうか。それは本人たちにしかわからないのかもしれません。

別の道を歩く決断に

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

ⓒroku_2017

今後について話し合いをしようと思った矢先、結城さんから別れようという発言が。小さな価値観のズレは知らない間にどんどん2人の距離を広げ、気が付いたときは見据える方向すらズレてしまっていました。

ろくさんは、確かに自分の本心を言わなかったかもしれません。でも、それは結城さんを思ってこそ。しかし、結城さんにはそれが重荷になってしまったようです。

付き合うこと、結婚をすることは、相手の気持ちを尊重しつつ、自分の気持ちを伝えていくことが大切。そのバランスはとても難しいかもしれませんが、話し合いや共有を続けることが必要ですね。価値観は違っていても、お互いがどんな考えなのかを知り、認め合う段階さえ踏めれば、お互いへの理解度は違ったとも考えられます。

今回は別れるという選択肢をした二人。しかし、2人で過ごした時間や幸せだった時間はきっとろくさんと結城さんの人生において必要な時間だったはず。パートナーと人生を共にする難しさうれしさ、切なさを教えてくれる作品ですね。

デート中にスマホばかりの彼をとがめたら、思わぬ誤解につながってしまった|もう一度#プロローグ

関連記事:

デート中にスマホばかりの彼をとがめたら、思わぬ誤解につながってしまった|…

ろく(@roku_2017)さんは、お盆休みに恋人である結城さん宅に泊まりにきてい…

【全話読める】
もう一度
別れた後にSNSを見てしまいダメージ|マッチングアプリで付き合う直前に振られた話

関連記事:

別れた後にSNSを見てしまいダメージ|マッチングアプリで付き合う直前に振られ…

マッチングアプリで出会ったさとくんから、デートの約束をすっぽかされた上…

彼と別れに踏ん切りがついた。踏み出した一歩の先にあった末路は|浮気相手は私の方#22

関連記事:

彼と別れに踏ん切りがついた。踏み出した一歩の先にあった末路は|浮気相手は…

ようやく木多口さんから返事が来たものの、そこにあったのは「もう連絡した…

ろく(@roku_2017)さんのインスタグラム

ろくさんのブログ「ろくのコミックブログ」

おすすめ記事

「漫画」「恋愛」「別れ話」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧