1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 初めてのお話会、雰囲気がおかしい?|夜泣きに泣かされて

初めてのお話会、雰囲気がおかしい?|夜泣きに泣かされて

出産後、赤ちゃんへの育児の不安を抱いたまま始まった生活は、夜泣きで大きく苦しめられることとなったぽぽさん。ねんトレを続けるも、なかなか状況は改善しませんでした。睡眠不足は人を変えてしまうもの。そんな状態でわが子といても幸せを感じる心までなくなったりしますよね。ぽぽ。( @popo_baby0104)さんが夜泣きに悩まされた実体験を描いた、エピソード漫画をごらんください。

©popo_baby0104

息子さんの4か月健診(4か月児健康診査)でお世話になった保健師の戸田さんから連絡がありました。4か月健診で話していた、お母さんたちのお話会に参加しないかというお誘いです。

人見知りのぽぽさんでしたが、戸田さんの「息抜きに」という言葉に後押しされ、参加してみることにしました。

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

お母さんたちの集まりが、あまり明るい雰囲気ではない様子に感じましたね。この会にはルールがあるようですが、なんのためなのか。いったいどんなお話会となるのでしょう。16話に続きます。

初めてのママ交流の場は、ルールつきのお話会|夜泣きに泣かされて

関連記事:

初めてのママ交流の場は、ルールつきのお話会|夜泣きに泣かされて

皆さんは出産前と出産後で育児のイメージに違いはありましたか?赤ちゃんに…

【全話読める】
夜泣きに泣かされて

産後の心の不調は1人で抱えないで

©popo_baby0104

ぽぽ。さんのように産後、子育ての悩みからうつ状態になったり、心身に異変が出たりする方はいるでしょう。そんなとき、自分の心の声に耳をかたむけられていますか?

つい「私のことは後でいい」「みんな疲れているから言い出しにくい」と思ってしまうかもしれませんが、相談・受診をちゅうちょする必要はありません。

親になったからといって無敵になるわけではないのですから、忙しさや疲れで体調を崩すのは当然。そしてそのケアも当たり前に必要なのです。身近につらさを打ち明けられる相手がいるなら、抱え込まずに打ち明けましょう。

ぽぽ。さんのように身近な家族に言いにくいときには、産後の女性のケアをしてくれる自治体や民間の窓口を頼ったり、病院に相談したりする手もあります。厚生労働省は24時間悩み相談を受け付ける相談窓口などを紹介するウェブサイト「まもろうよ こころ」を開設しています。電話のほか、SNSでも相談できる窓口があります。

あなたにとって子どもや家族が大切な存在であるように、子どもや家族にとってもあなたは大切な存在です。自分をねぎらい、ケアすることにちゅうちょせず、自分自身を大切にしてくださいね。本作『夜泣きに泣かされて』はKindle版書籍で読むこともできます。(kindle版を読む方法は、著者・ぽぽ。さんのインスタグラムで紹介されています)

厚生労働省ウェブサイト「まもろうよ こころ」

虐待相談センターに電話してよかった、ママの胸の内|ういちゃんの夜泣き#最終話

関連記事:

虐待相談センターに電話してよかった、ママの胸の内|ういちゃんの夜泣き#最終話

虐待通報センターの職員と電話で話したことで、少し落ち着きを取り戻したみ…

気づいて反省しかなかった。娘の夜泣きがひどかった一因を知り絶句

関連記事:

気づいて反省しかなかった。娘の夜泣きがひどかった一因を知り絶句

夜泣きに付き合うのはとても体力がいりますよね。皆さんも大変だった記憶が…

ぽぽ。 ☞ 繊細っ子×繊細ママのリアル育児(@popo_baby0104)さんのインスタグラム

「夜泣き」「ママ」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧