男の子向けの出産祝いの選び方!贈り物の相場とおすすめ商品15選

男の子出産祝いは、爽やかな色味のものや車などの男の子に好まれやすいモチーフのグッズが好まれます。出産後すぐに使える実用的なものや、1つは持っているけれど洗い替えがあると便利なもの、名前入りのグッズ等がおすすめです。大切な人の出産をお祝いするときには、相手が使いやすいか、使うまでの保管に困らないかを考えて選ぶと良いでしょう。サイズが大きすぎるものは避け、内祝いの負担を考慮して高額すぎないようにしましょう。

PIXTA

出産祝いの予算と選び方

出産祝いの相場は、友人の場合は3,000円~15,000円程度、親せきの場合は3,000円~20,000円程度が目安です。金額にかなり開きがありますが、これは相手との親密度や続柄によって変動しています。

より親しい間柄であれば金額も高くなりがちですが、一般的に出産祝いに対しては3分の1~2分の1ほどの内祝いを送る慣習があります。内祝いの相手への負担も考慮した上で適度な価格のものを選びましょう。

グループでまとめてプレゼントを贈る場合は、1人当たり1,000円程度からとし、人数によって10,000円~50,000円ほどの商品を選ぶのが妥当でしょう。

自分自身の経験や周囲のママたちの声をもとに考えると、出産祝いは以下のようなものが喜ばれそうです。

1.生活用品や消耗品

タオル PIXTA

おむつやスタイ、タオルなどのよく使う生活用品はとても喜ばれます。また、枕やブランケットなど、洗い替えがあると便利なものも貰った側は嬉しいものです。

ベビー布団や抱っこ紐などは必需品ではありますが、自分で選びたい場合が多かったり、1つあれば複数は要らないものだったりしますので、あまりおすすめできません。こだわりすぎずに使える生活用品の方がよいでしょう。

また、サイズが大きすぎる生活用品も、相手側の負担になる可能性があります。例えば歩行器やベビーチェア等は、使わない時期の保管に困ってしまう場合もあり、また使用しないケースもあるため避けましょう。

2.新生児からすぐ使える

新生児からすぐに使えるものは、もらってすぐに開封して使い始められるので喜ばれやすいです。プレゼントをした日にすぐに使ってもらえると、あげた方も嬉しい気持ちになりますよね。

おむつもすぐに使えるのでおすすめですが、もしも出産後すぐに行けずに時間が経った場合には体重を聞き、サイズをあらかじめ確認しておくのがおすすめです。小さいサイズだとすでに履けなくなっている場合もあるので気を付けましょう。

ベビー服もすぐに使えるサイズを購入することもできますが、新生児~1歳ごろまではすぐに大きくなってサイズアウトしてしまうため、ぴったりのサイズを購入するのはおすすめできません。大きめのサイズを購入するか、洋服ではなくスタイやスリーパーなどの小物にしたほうが、長く使ってもらえます。

3.オリジナル感の出る名入れ商品

出産祝 PIXTA

出産祝いでは、赤ちゃんの名前を名入れしてくれる商品も多く販売されています。

赤ちゃんが一生使っていく大切な「名前」。もしも産後にママが名前を報告してくれたなら、ぜひその名前を入れた商品を送ってあげましょう。悩みに悩んでつけた名前が入ったプレゼントは、ママはとても喜んでくれるはずです。

一生に一度の名づけ。それを記念する名入れグッズは、ママと赤ちゃんの生活を彩る大切なアイテムになりますよ。

出典元:

男の子向けおすすめ出産祝い15選

男の子 赤ちゃん PIXTA

男の子向けの出産祝いとしては、青や白などのさわやかな色合いのものや、0~1歳ごろの男の子が好むことが多い「車」がモチーフとなったおもちゃやグッズがよく売られています。

また、男女問わず実用的で、ママが産後すぐ重宝するアイテムをプレゼントしても喜ばれるでしょう。見た目だけではなく、使い勝手も大切にしたグッズを選びましょう。

出典元:

1. 生まれたての小さな紳士に、可愛い蝶ネクタイのスタイセットを

マールマール スタイ3枚セット Dolce(ドルチェ)

スタイで有名なブランドのMARLMARL(マールマール)。ママ達のあったらいいなから生まれたこのブランドの商品は喜ばれること間違いなし。しかも3点セットのギフトは、デザインも充実して大切な人へのプレゼントにはもってこいです。

付けてみるとまるで蝶ネクタイをしているように見え、小さな紳士の可愛らしさに、ママはとっても喜ぶでしょう。生まれてからすぐに使えるのも嬉しいポイントですね。

MARLMARL(マールマール)のスタイが人気!おすすめ12選

関連記事:

MARLMARL(マールマール)のスタイが人気!おすすめ12選

少し値段が高いにも関わらず、依然として人気のMARLMARL(マールマール)。複…

2.男の子なら1度は通る車ブームに!ディズニー「カーズ」のおむつケーキを

おむつケーキ カーズ

男の子に大人気のディズニー映画「カーズ」に登場する、ライトニング・マックイーンのマスコットがついたおむつケーキです。男の子なら必ず通るともいわれる「車ブーム」にも喜ばれそうなマックイーン。おむつはサイズの変更も可能ですので、うっかり出産祝いを渡すのが遅くなってしまった場合にも大きめサイズにすれば安心ですね。

おむつは必ず消費するものなので、もらって嬉しくないママはいないはず。おむつをそのままプレゼントするのは味気ないと悩んでしまったときには、おむつケーキがおすすめです。

3.ベビーカーぐずぐずにピッタリ!アンパンマン おでかけメロディハンドル

アンパンマン おでかけメロディハンドル(おもちゃ)

子供たちが大好きなアンパンマンがデザインされたハンドルです。赤ちゃんをベビーカーに乗せるようになった時に、前方のバーに取り付けて遊ぶこともできます。(前方にバーのないベビーカーにも取り付け可能です)

慣れないベビーカーに赤ちゃんがぐずってしまって困ってしまったママに、おでかけハンドルはとても喜ばれるはずです。実用的なギフトとして選ぶ価値がありますよ。

4.赤ちゃんの敏感な肌を紫外線から守る!おでかけ必需品のUVエスケープ

紫外線からベビーを守るUVエスケープ

赤ちゃんの肌はとても敏感です。赤ちゃんを紫外線から守るUVカットケープは、おでかけの時にベビーカーに取り付けたり、抱っこ紐に取り付けたりとほぼ毎日使えるベビーグッズ。おでかけ先では汚れてしまうことも多く、1枚持っているママも2枚あると洗い替えになり、とても助かります。

特に紫外線が強くなる春~夏生まれの赤ちゃんには、UVカットケープが一押しです。

5.簡単に掴めるから、小さいうちからどんどん遊べる!oball ミニカー型ラトル

ミニカー型ラトル oball レッド ブルー ピンク パープル

タイヤの部分にカラフルなビーズが入った、ミニカー型のラトルです。oballは赤ちゃんの手の力が弱くても、指に簡単にひっかけて遊ぶことができるので、早い時期から夢中になって遊べるおもちゃです。

うつぶせで遊べるようになると、地面を走らせて遊ぶこともできるミニカータイプは、赤ちゃんの好奇心をくすぐり、楽しい遊びに発展させてくれます。おでかけにもベルトをつけて持ち運びしやすいため、とても喜ばれる定番おもちゃの1つです。

6.離乳食がスタートしたら毎日使える!くまのがっこうのナチュラルなランチプレート

FUNFAM 子供食器 くまのがっこう ジャッキー ランチプレートセット

くまのがっこうのジャッキーがモチーフの竹食器です。お顔の部分にメインの食事、お耳にはデザートや副菜を乗せて、おしゃれなランチプレートが完成します。

生まれたての赤ちゃんはまだ使いませんが、生まれる前に用意していないママもいるグッズなので、手持ちのものと重複しにくいギフトです。また、もし1つ持っていたとしてもかさばらず、食事によって使い分けることができるので喜ばれますよ。

乗せるだけで食事が楽しくなるランチプレートは、これから離乳食を頑張るママのモチベーションにもなりますよね。

7.おむつケーキに飽きたら新ジャンル!おむつバイクは嬉しいアイテムがぎっしり

おむつバイク  ディズニー

ディズニーグッズがたっぷり詰まったおむつバイクです。バイクのような見た目が新しく、とても楽しいですね。タイヤは主におむつでできていて、ライトの部分はストローボトルの底です。

生まれてからすぐに使える育児グッズがぎっしり凝縮されたセットは喜ばれること間違いなし。ディズニーが大好きな相手にはぜひ贈りたいギフトですね。

8.おでかけミルクの必須アイテム!サーモスの名前入り調乳ボトル

サーモス名前入り 調乳用ステンレスボトル

500mlのお湯が入れられるステンレスボトルです。無料で名入れサービスを受けられます。ミッキーの柄がとっても可愛らしいですね。

おでかけ先でミルクを飲ませるときの必需品と言えば調乳用の水筒。ステンレスで冷めにくく、調乳に適したたっぷり容量の500mlのボトルはとても嬉しいですよね。さらに赤ちゃんの名前入りは愛着が持て、長く使ってもらえそうです。卒乳をしてもお茶やお水を入れて持ち運べます。

9.楽しい列車柄!たっぷりサイズのおむつポーチ

おむつポーチ 巾着トートタイプ カラフル列車で行こう

可愛い列車の柄が素敵なオムツポーチです。外側のフラップポケットを開くと、おしりふきが収納でき、簡単に中身が取り出せます。裏側にはおむつ替えシートやビニール袋を収納しておけるポケットもついています。

裏地には撥水生地を使用しているため、万が一のちょっとした水濡れにも安心です。(完全防水ではありません)巾着型のトートになっているので、開口部が大きく開き、おむつが取り出しやすくなっています。

おむつポーチはおでかけの必需品。便利なポーチをもらうとママはとても嬉しいものです。

10.無くしやすい靴下は何足あっても嬉しい!オシャレなパッケージのSoggs

ソッグス (6足入) ボーイズ 卵のパッケージ入りベビー靴下

新生児~1歳ごろまでのサイズの靴下が6足入ったギフトです。靴下は洗濯時にうっかりなくなってしまったり、お出かけ先で落としてしまったりと、たくさんあると安心なアイテムです。

可愛らしい化粧箱は卵のケースをイメージしたもの。そのため商品名が「Soggs」となっています。一味違った出産祝いは嬉しく、印象に残るものになりますね。

11.お風呂とおでかけで大活躍!ベビーバスローブ&ベビーリュックのセット

天使の背まもり ベビーバスローブ&ベビーリュックセット

生まれたての赤ちゃんから使える、泉州タオルを使用したバスポンチョと、生後8ヶ月ごろから使えるベビーリュックのセットです。どちらも名前を入れることができ、オリジナルギフトとしてプレゼントできます。

赤ちゃんの肌にはふわふわしたタオルを使ってあげたいもの。綿花そのもののようなふわふわの触感を特徴とする無撚糸(むねんし)は、糸を撚(よ)らずに作った糸で、それを使った泉州タオルは赤ちゃんの肌にも優しいふんわりとした肌触りが魅力です。

リュックは軽量のわずか約140g。「自分で背負いたい」という赤ちゃんの思いにこたえる優しい設計です。

12.何枚あっても嬉しい!綿ハーフケットも名前入りでプレゼント

北欧 イルムスキッズ 名前入り 綿ハーフケット

かわいい北欧風柄のハーフケットです。綿ハーフケットは自宅でのお昼寝やねんねの時間はもちろん、おでかけ先にも防寒用に持参することもあり、何枚あっても重宝するものです。

また、赤ちゃんにとっても長く使う愛着のあるものになるので、よりオリジナル感のある名前入りはとてもいいですね。100×140㎝のサイズは、幼児期まで十分使えるサイズです。

13.赤ちゃんの肩とお腹を冷やさない!grobagはスリーパーの進化形

【grobag グロバッグ】トゥーザムーン/6ヶ月〜18ヶ月

日本では肩とお腹を寝冷えから守るためのスリーパーが一般的ですが、grobagはさらに足元が袋状になっていて、寝袋とスリーパーの間のような形をしています。

布団をかけなくてもこれだけで体を冷やさずに眠ることができるので、布団が顔にかかることもなく、毛布をはいでしまって明け方寒くなってしまうのを防ぐことができます。

赤ちゃんの寝冷えはママたちの共通の悩みなので、それを解消してくれるgrobagは出産祝いに最適です。

14.洗い替えがあると便利!抱っこ紐用よだれカバー

marietetie よだれカバー ドット柄 & 無地

抱っこ紐につけるよだれカバーです。赤ちゃんは抱っこ紐の肩ベルト部分を口に入れてしまうことが多く、その部分の清潔さを保つためにはよだれカバーがあると安心です。複数枚洗い替えを持っておきたいアイテムなので、出産祝いにプレゼントするととても喜ばれますよ。

名前を入れることができるので、出生後お名前がわかっている場合には名入れしてプレゼントするといいですね。

15.成長記録フォトにも大活躍!流行の王冠まくら

ナオミイトウ Naomi Ito POCHO 王冠まくら こんぺい

インスタグラムやSNSで流行中の王冠まくらです。赤ちゃんをこの枕に寝かせるだけで王子様のような可愛い写真が撮れますよ。中央は少しくぼんでいて、このくぼみに頭を乗せてあげることで硬い面で赤ちゃんの頭が変形するのを防ぎ、向き癖をつきにくくしてくれます。

枕はすでに持っていても洗い替えがあると便利ですし、王冠型まくらは見た目もキュートなのでお祝いにおすすめです。

生まれたてのプリンスとママに「おめでとう」の気持ちを伝えよう

バルーン PIXTA

男の子の赤ちゃんはまさに、小さな王子様。出産してすぐにはもちろん寝たままの赤ちゃんですが、数年すると元気に走り回り、やんちゃな一面を見せてくれることでしょう。

男の子向けの出産祝いは色々な種類がありますが、まずは生まれたての元気な男の子と、出産を頑張ったママに「おめでとう」の思いを伝えることが一番大切です。これから育児を頑張るママも、いつかプレゼントしたグッズを使ってくれる赤ちゃんも、楽しい気持ちになれるようなプレゼントを、心を込めて選びましょう。

「男の子」「出産祝い」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧