1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 育児の不安「大半が消し飛んだ」発達受診で得られた収穫|うちの子が支援級に移籍するまで

育児の不安「大半が消し飛んだ」発達受診で得られた収穫|うちの子が支援級に移籍するまで

これは、もっつん(@mocchan_diary)さんが小学一年生の息子の発達に悩み、支援クラスへの移籍を決意するまでのお話です。担任やスクールカウンセラーなど周りの力を借りながら、ありのままの我が子と向き合う母の葛藤を描きます。二度目に訪れた病院の先生はとても穏やかな人でした。『うちの子が支援級に移籍するまで』第64話をごらんください。

Ⓒmocchan_diary

第1話から読みたい方はこちら

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

発達障害は親のしつけや向き合い方で治るものではなく、生まれつきの脳機能に障害があることが原因と言われています。その子の特性を大人が理解しながら、適切な環境を整えることが大切なのです。

残念ながら、誤った認識により「親の甘え」「子どもを障害者にしたいのか」などと勝手な意見を耳にすることもあります。一部の言葉に惑わされず、わが子にとって必要なことは何かを軸に考えられるといいですね。

出典元:
発達障がいの息子に説明「あなたが薬を飲む理由」|うちの子が支援級に移籍するまで

関連記事:

発達障がいの息子に説明「あなたが薬を飲む理由」|うちの子が支援級に移籍す…

これは、もっつん(@mocchan_diary)さんが小学一年生の息子の発達に悩み、支…

全話読める
『うちの子が支援級に移籍するまで』

「ありのままのわが子」を受け入れる覚悟

Ⓒmocchan_diary

Ⓒmocchan_diary

授業中に座って話を聞くことができない。友達とのトラブルが絶えない。今回の漫画に登場したタクくんのように、我が子が発達障害かもしれないと思うような困り事に直面すると、親も対応に悩みますよね。

「他の子が当たり前のようにできることを、どうして我が子はできないのだろうか」「これまでの子育てに非があったのではないか」と子どもや自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、発達障害は生まれつきの特性なので、本人や親の力だけで解決するのは難しいのです。市・病院・学校などに相談し、専門家による適切な支援や療育を受け、我が子に合った環境を整えることが大切です。

もっつんさんはさまざまな葛藤を乗り越え、ありのままの我が子を受け入れる覚悟を決めました。一番近くに自分を理解してくれる味方がいるからこそ、タクくんは安心して成長できるのですね。

『うちの子が支援級に移籍するまで』は、子育てにおいて大切なことを教えてくれる作品です。

もっつん(@mocchan_diary)さんのインスタグラム

また比べてしまった…。私のメンタルはどん底|療育相談センターに通っていたときの話#1

関連記事:

また比べてしまった…。私のメンタルはどん底|療育相談センターに通っていたと…

わが子の発達度合や集団生活でのようすなど、子育てをしていると親として気…

「漫画」「発達障害」「支援級」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧