1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 入院最後の日「やっと満腹になれたんだね」水分制限が解除|長女の心臓の穴を7か月で手術した話

入院最後の日「やっと満腹になれたんだね」水分制限が解除|長女の心臓の穴を7か月で手術した話

手術から10日後、はなちゃんの退院が決まりました。退院の前日に水分制限が解除され、ぷにらー(@non_bilion)さんもはなちゃんにおなかいっぱいミルクを飲ませてあげられました。そして、入院生活最後の夜には院内で開かれたクリスマス会に参加し、おだやかに過ごすことができました。生まれつきの心臓病「心室中隔欠損症」と闘った母娘の物語『長女の心臓の穴を7か月で手術した話』第23話をごらんください。

©non_bilion

第1話から読みたい方はこちら

©non_bilion

©non_bilion

©non_bilion

©non_bilion

©non_bilion

入院生活最後の日まで順調に回復していったはなちゃん。

とても大変だった入院生活…夫や両親たちのサポートがあってこそ頑張れたことでしょう。はなちゃんの手術を通じてぷにらーさん一家の絆が深まりました。

「心室中隔欠損症」を乗り越え7歳になった長女|長女の心臓の穴を7か月で手術した話

関連記事:

「心室中隔欠損症」を乗り越え7歳になった長女|長女の心臓の穴を7か月で手術…

現在、はなちゃんは7歳になりました。学校での心臓検査で再検査になるものの…

【全話読める】
長女の心臓の穴を7か月で手術した話

「心室中隔欠損症」と向き合う親子の物語

©non_bilion

©non_bilion

©non_bilion

ぷにらーさんの長女・はなちゃんは生後4か月で生まれつきの心臓病「心室中隔欠損症」と診断されます。生後2か月のときに受診した小児科で「心臓に雑音がある」と言われたはなちゃん…。その後、大学病院で精密検査をし、病名が確定します。さらに9㎜の穴が空いていることが分かり、「自然に閉じることが難しい大きさ」とされ、手術が決まりました。

ぷにらーさん親子は何度も入院や検査を繰り返して手術を迎えます。術後、はなちゃんは順調に回復して退院。7歳になった現在、傷跡も目立たなくなり元気に生活しています。

長女を出産してから手術を終えて退院するまで、ぷにらーさんは何度もめげそうになりました。そんな中、育児相談会で出会った助産師さんからの励ましや同じ悩みを抱えるママたちとの支え合いで前を向くことができたといいます。

『長女の心臓の穴を7か月で手術した話』は生まれつきの心疾患を持つ赤ちゃんとその親の奮闘を描く物語です。

出典元:

ぷにらー(@non_bilion)さんのインスタグラム

体調不良が続く息子はただの風邪?|息子がIgA血管炎と診断されました

関連記事:

体調不良が続く息子はただの風邪?|息子がIgA血管炎と診断されました

この漫画は、いもやまようみん(©mamayoubi)さんが、うっちーさんの息子さん…

障害は高齢出産のせいと責められても、心が折れなかった理由|息子に障害があると知った時のこと#1

関連記事:

障害は高齢出産のせいと責められても、心が折れなかった理由|息子に障害があ…

37歳で息子・あきくんを出産したS←manga(@sue__manga)さん。生まれてきたあ…

「漫画」「心室中隔欠損症」「手術」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事