離婚するときの4つの方法とは?手続きの流れを解説

ずっと迷い続けてきたけれど、やっぱり離婚したい、そのほうがいい。そう心が決まった今、知りたいのは離婚の進め方ではないでしょうか。離婚する方法はいくつかあり、当人同士の話し合いで合意できればよいですが、状況によっては専門家の介入が必要な場合も。誰も教えてくれない離婚の種類、離婚の条件、話し合いの仕方など、離婚の知識をご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

離婚するのに必要な条件とは

法律上、離婚が認められるためには条件があることをご存じでしょうか。民法770条1項には、「こういう状況であれば離婚できる」という条件がしっかりと明記されています。詳しくは次のようになります。

  • 配偶者の不貞行為
  • 配偶者による悪意の遺棄(生活費を入れない、家から追い出すなど)
  • 配偶者の生死不明(3年以上)
  • 配偶者が回復の見込みのない重度の精神病にかかったとき
  • その他、重大な事由があるとき

ただ、こう定められているからといって、条件に当てはまる方以外は離婚できないというわけではありません。本人たちが離婚するということで合意すれば、理由が上記に当てはまる必要はないのです。ちなみに、現在は、本人たちの話し合いによって離婚に至るケースが実に9割となっています。

上記の条件は、一方が離婚に応じず、離婚話が裁判に行き着いてしまった場合に、はじめて基準として生きてきます。そして、裁判になった場合、上記の条件にあてはまらないと判断されれば「離婚不可」の判決が出てしまうことも…。結婚がひとりではできないように、離婚もひとりの意志で行うのは困難というわけです。

離婚の種類とは

家庭裁判所 PIXTA

離婚が妥当かどうかを法律に照らして争う裁判以外にも、離婚にはいくつかの方法があります。方法は大きく分けると、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類となります。

協議離婚

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「方法」「種類」「離婚」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧