結婚式にも普段着にも使い回しが効く!0歳からはけるベビータイツ12選

寒い時期、赤ちゃんの足元はどうやって温めていますか。少し厚めのズボンや裏地が暖かい素材のものなどを用意する方もいらっしゃると思いますが、ワンピースやスカートをはくときにはタイツがおすすめです。赤ちゃん用のタイツといっても、サイズがあるのかなと思いますよね。ネットでは、生後3ヶ月の赤ちゃんからはけるサイズも販売しています。お呼ばれの結婚式や発表会などにもはいていける商品や普段使いできるものなど幅広く紹介します。

PIXTA

生後3ヶ月からはける商品も!ベビータイツのおすすめ12選

赤ちゃんの防寒対策としておすすめしたいのは、ワンピースやスカートに合わせてはけるタイツです。数枚持っていると、普段使いだけでなく、結婚式やフォーマルの場でも使えるかと思います。この記事では、0歳からはけるベビータイツを紹介していきます。小さいサイズはあまり見かけないため、ぜひチェックしてくださいね。

12位.ANGELIEBE (エンジェリーベ)「フリルタイツ」

フリルタイツ

マタニティ用や授乳服、ベビー服を販売しているエンジェリーベ。こちらのブランドからは、足元のフリルがかわいいタイツを紹介します。

フリルの部分は、ミサンガなどによく使われている平編みです。足の裏には、室内で転ばないように滑り止めが付いています。フリルがアクセントになっていますが、カラーがシンプルで、普段使いからフォーマルなシーンにも使えるアイテムではないでしょうか。

サイズは75cmと85cmで、カラーはグレー、ブラック、紫の3色です。

11位.Combi mini(コンビミニ)「タイツ(ケーブル)」

タイツ(ケーブル)

赤ちゃん用品を専門として販売しているコンビミニからは、寒い時期に足元からおしゃれができるカラータイツを紹介します。こちらの商品は、素材が厚手のため、冷えやすい足元を暖めてくれる秋冬仕様のベビータイツです。柄は、縄のように編み込んだケーブル柄です。

足の裏には滑り止めが付いており、室内で転ぶ心配が減りそうです。また記名できる箇所があります。カラーはマスタードと普段使いに便利なブラック、グレーの4種類です。サイズは80cmと90cmがあります。

10位.ATSUGI(アツギ)「キッズタイツ」

キッズタイツ

こちらの商品は、価格が税込み600円以下と他の商品に比べてお買い得なベビータイツです。80デニールと厚手で、素材はナイロンを使用しています。また抗菌防臭加工が施されているため、においを軽減してくれますよ。さらに汗をかいてもすぐ乾くように、吸汗加工も施されています。公園で遊ぶときなど、動き回っても快適に過ごすことができるアイテムでしょう。さらに、乾燥している時期に多い静電気も防止してくれるような加工がされているのもうれしいポイント。

カラーはホワイト、ベージュ、ブラック、ローズピンク、パープルの5色です。サイズは95cmからあります。口コミでは、「生地がしっかりしていました。」、「園で普段使いに購入しました。安いので助かります。」などの声がありました。

9位.FunkyLegs(ファンキーレッグス)「柄タイツシリーズ」

柄タイツシリーズ

個性的なタイツを探している方におすすめしたいのは、こちらの柄タイツシリーズです。柄が星やりぼん、水玉、ひげ、鳥など種類が豊富です。カラーもピンク、ブラック、ベージュ、マスタード、グリーンなど多くあり、柄とカラーの組み合わせで17種類のデザインからお気に入りのアイテムを選ぶことができますよ。

サイズは、70cmから80cm、80cmから90cm、100cmから110cm、120cmから130cm、130cmから140cmです。70cmからのサイズは生後6ヶ月からはくことができますよ。サイズも幅広く用意があり、きょうだいでおそろいにしてもかわいいですね。普段使うときはシンプルな服装に合わせると違和感なくはけるかと思います。

8位.Anna Nicola(アンナニコラ)「お尻うさぎフロート編みタイツ」

お尻うさぎフロート編みタイツ

子供、ベビー服を中心に販売しているアンナ二コラは、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで人気のあるブランドです。そんなアンナニコラから紹介するこちらの商品は、お尻部分に刺しゅうが施されているうさぎがなんともかわいい、フロート編みのタイツ。フロート編みは、生地に凸凹を付けて柄を浮き出す編み方で、柄一つ一つが立体的でデザイン性のある技法です。また足の裏には滑り止めと、名前を書く箇所があります。

カラーは画像にある紫、ネイビー、グレーの3色です。ネイビーとグレーはお尻の刺しゅうがくまになっていますよ。サイズは65cmから10cm単位で95cmまであります。

7位.Primavera「ベビータイツ」

ベビー タイツ

こちらの商品は、上品なデザインで入園式や発表会、七五三などのフォーマルシーンに活躍しそうな、ケーブル編みのベビータイツです。編みがねじれたようなデザインのケーブル編みは厚みがあり、防寒対策としてもおすすめしたいデザインです。

カラーはホワイト、ダークグレー、ピンクの3色です。秋冬の服装に合う色合いですね。サイズがcmではなく、年齢表記となっており一番小さいサイズで生後3ヶ月から1歳、真ん中のサイズが1歳から2歳、一番大きいサイズが2歳から4歳です。

6位.Anna Nicola(アンナニコラ)「リブ編み風タイツ」

リブ編み風タイツ

綿やアクリル生地を使用しているこちらの商品は、手触りがよくはき心地のよいベビータイツです。厚みはそこまでなく、薄すぎることもないため、秋冬だけでなく肌寒い日なども使えるかと思います。また毛玉が出にくいように工夫して糸を編み込んでいるため、お手入れも簡単に済みますよ。

カラーは画像のエンジとグレー、ブラック、ホワイトの4種類です。リブ編み風でシンプルなデザインとなっており、数枚持っていても使えそう。サイズは65cmから10cm単位で105cmまであります。キッズサイズの105cm以外は、足の裏に滑り止めが付いていますよ。

5位. Sunny Step(サニーステップ)「ベビータイツ」

ベビータイツ

こちらの商品は、シンプルな色合いでお呼ばれだけでなく、普段も使うことができるベビータイツです。足の裏には、滑り止めが付いているため、転ぶ心配が減るでしょう。ウエスト部分には、前と後ろに大きめのマチがあり、おむつをしているお尻をすっぽりと包んでくれます。

カラーはブラック、ホワイト、グレー、の3種類で、デザインはシンプルなリブ柄です。サイズは80cmから90cmと90cmから100cmの二つあります。

4位.Combi mini(コンビミニ)「タイツ(ドット)」

タイツ(ドット)

コンビミニが販売しているこちらの商品は、ドット柄のデザインがさりげなくてかわいらしい印象を与えるベビータイツです。薄手のピンクは、カジュアルなデニムスカートに、淡いグレーのドットが印象的なブラックカラーは、上品なワンピースなど幅広いコーディネートに合うアイテムではないでしょうか。

サイズは80cmと90cmです。口コミでは、「冬のワンピースに合います。」、「ドット柄がさりげなくてかわいいです。」などの声がありました。

3位.F's MAUMU「綿タイツ」

綿タイツ

こちらの商品は、伸縮性がありウエストやお尻、足を締め付けず快適にはくことができるベビータイツです。デザインが編み込み柄でかわいく、色によって印象が変わって見えるかと思います。素材には、赤ちゃんの肌に優しい綿を使用しています。

カラーは、ブラック、ダークグレー、グレー、ダークピンク、コーヒー、ホワイトの6種類と豊富な展開です。サイズは、生後0ヶ月から6ヶ月までと、70cmから80cm、80cmから90cm、90cmから100cm、100cmから110cmです。サイズ展開も幅広いためきょうだいでおそろいも楽しめそうですね。

2位. I LOVE BABY(アイラブベビー) 「ハートチェーン柄キッズタイツ」

ハートチェーン柄キッズタイツ

こちらの商品は、程よい厚みで秋から春にかけてはくことができるベビータイツです。デザインは、ハート柄をチェーン織りで編み込んでいるため、お出かけやお呼ばれのときに活躍するアイテムではないでしょうか。

カラーはホワイトとブラックの2種類です。真っ白な色合いはドレスやワンピースに合いそうですね。サイズは、75cm、85cm、95cm、105cm、120cmと幅広い展開です。

1位.Laraandlory(ラランドリー) ベビータイツ

ベビータイツ

こちらの商品は、毎日のコーディネートではいても飽きのこないシンプルなデザインのベビータイツです。素材には、コットンと伸縮性に優れているスパンデックスという素材を混在して使用しているため、赤ちゃんの肌に優しく、着脱がしやすいでしょう。カラーはホワイト、ピンク、グレー、の3種類です。サイズは年齢表記となっており、0~6ヶ月、6~12ヶ月、12~24ヶ月の3サイズです。

秋冬は暖かいタイツでおしゃれをしながら乗り切ろう!

タイツ PIXTA

赤ちゃんの防寒対策にぜひおすすめしたい、ベビータイツ。気になる商品はありましたか。タイツは、デザインこそシンプルですがカラーが豊富にあるため、ママやきょうだいでおそろいの色を探しやすいかと思います。リンクコーデにもおすすめですよ。

楽天で「ベビータイツ」をもっと見る!

Amazonで「ベビータイツ」をもっと見る!

おすすめ記事

「ベビータイツ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧