1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. 季節のイベント
  4. 2019年最新版!関東で開催される花火大会

2019年最新版!関東で開催される花火大会

日本の夏といったら、花火ですよね。この記事では、2019年に関東地方で行われる最新の花火大会情報を紹介していきます。東京や栃木、茨城など各所で特色の違う花火大会が開催されます。花火大会によってテーマが異なり、見どころが多くあるため、ポイントをチェックしてみてくださいね。早めに計画を立てて、夏の楽しい思い出を関東地方の花火と共に彩ってみるのはいかがでしょうか。

PIXTA

2019年の夏に関東で開催される花火大会をご紹介

2019年の夏に、関東地方で開催される花火大会を紹介します。各花火大会の特徴が異なるため、気になる大会をチェックしてくださいね。

花火大会へ行くときですが、会場には駐車場のない場所がほとんどです。車でしか行けない場所であれば、必ず周辺の駐車場を事前に確認するようにしましょう。当日は公共交通機関が混雑する可能性があります。利用する方は、交通機関の時間も事前に確認するようにしてくださいね。

また子供を連れて行くときは、住所や電話番号などの連絡先を記載した名札を付けて参加すると迷子防止になるでしょう。

1.千葉県松戸市「松戸花火大会」

花火 PIXTA

千葉県松戸市で開催される松戸花火大会は、「みんなであげる夢花火」をテーマとした花火大会です。花火の三原則である光と音、色を大切にした伝統的なものや、連続で打ち上げられる花火などを楽しむことができます。松戸花火大会では、約10,000発の花火が打ち上げられます。

会場には駐車場がないため、電車などの公共交通機関を利用しましょう。

松戸花火大会詳細

  • 開催地:江戸川河川敷
  • アクセス:JR常磐線・松戸駅西口徒歩約10分
  • 開催日時:2019年8月3日(土)19時15分から20時20まで
  • 駐車場:なし

松戸花火大会

2.東京都足立区「第41回足立の花火」

浴衣 PIXTA

東京都足立区で開催される第41回足立の花火は、夏に東京都で行われる花火大会の中で最も早く開催されます。2019年の花火大会では、約13,000発の花火が打ち上げられる予定で、二重に掛けるWナイアガラやレーザーなど迫力満点の演出が見どころです。

第41回足立の花火は雨天の場合は中止となるため、行く予定の方はホームページを確認しておくようにしましょう。夏休みの思い出作りに、足立の花火で満喫してみてはいかがでしょうか。

足立の花火詳細

  • 開催地:荒川河川敷
  • 開催日時:2019年7月20日(土)19時30分から20時30分まで

足立の花火

3.栃木県芳賀郡茂木町「サントリー ザ・プレミアム・モルツ 音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典」

花火 amana images

栃木県芳賀郡茂木町で行われるサントリー ザ・プレミアム・モルツ 音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典は、国際レーシングコースの夜空を舞台に、音楽と花火のコラボレーションが楽しめる劇場型花火大会です。2018年に行われた大曲全国花火競技大会で、内閣総理大臣賞を受賞した菊屋小幡花火店が花火大会を担当し、約14,000発の花火が打ち上げらます。

雨天の場合は、次の日8月12日(月)祝日の開催です。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典詳細

  • 住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
  • アクセス:北関東道真岡ICより約50分、常磐道水戸ICより約40分
  • 開催日:2019年8月11日(日)
  • チケット:あり(600円~)

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典

出典元:

4.東京都江戸川区「江戸川区花火大会」

浴衣 PIXTA

東京都江戸川区で行われる江戸川区花火大会は、八つのテーマで構成されており、それぞれ違った音楽と花火を楽しむことができます。2019年のテーマはスペースアドベンチャーで、ワクワクした物語仕立ての花火大会は、最後まで飽きることなく見られるでしょう。

打ち上げられる花火は約14,000発です。八つあるテーマの中には、虹色サマータイムや情熱のSPARK&FLASH!など、興味深いものばかりですよ。

江戸川区花火大会詳細

  • 開催地:江戸川区周辺
  • アクセス:京成バス「南小岩二丁目」から徒歩10分
  • 開催日時:2019年8月3日(土)19時15分から20時30分まで
  • 駐車場:なし

江戸川区花火大会

5.埼玉県鴻巣市「燃えよ!商工会青年部!!第18回こうのす花火大会」

花火 PIXTA

埼玉県鴻巣市で行われるこうのす花火大会は、世界最大級の四尺花火が打ち上げられる花火大会です。平成26年にギネスに認定されたほどですよ。今年も四尺玉、三尺玉などさまざまな種類の花火が約20,000発、打ち上げられます。

中でも連続で打ち上げられる花火は、日本一の大きさを誇ります。過去の花火大会の様子はホームページで写真を見ることができます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

こうのす花火大会詳細

  • 開催地:埼玉県鴻巣市糠田運動場、荒川河川敷
  • アクセス:JR鴻巣駅から徒歩15分、東武東上線東松山駅から徒歩20分
  • 開催日時:2019年10月12日(土)18時00分から
  • 駐車場:あり(2,000円)
  • チケット:あり

燃えよ!商工会青年部!! 第18回こうのす花火大会

6.東京都葛飾区「葛飾納涼花火大会」

浴衣 PIXTA

東京都葛飾区で行われる葛飾納涼花火大会は、観客席から打ち上げ場所までの距離がとても近く、臨場感あふれる花火を楽しめる大会です。打ち上げられる花火の数は、約13,000発で昨年は約77万人という大勢の人が訪れました。

車では混雑が予想されるため、電車での来場が推奨されています。会場までの道のりは、柴又帝釈天参道といった下町情緒あふれる街並みがあり、江戸の夏を満喫することができます。ぜひ、下町の雰囲気と花火を楽しんでみてください。

葛飾納涼花火大会詳細

  • 住所:東京都葛飾区柴又七丁目17番13号地先
  • アクセス:京成線柴又駅から徒歩約10分、JR線金町駅から徒歩約20分、北総線新柴又駅から徒歩約15分
  • 開催日時:2019年7月23日(火)19時20分から20時20分まで

葛飾納涼花火大会

7.茨城県土浦市「土浦全国花火競技大会」

花火 amana images

茨城県土浦市で行われる土浦全国花火競技大会は、経済産業大臣賞をはじめとする賞が授与される花火の競技大会です。連続で打ち上げられる花火の部と10号玉の部、創造花火の部、3部門で構成されています。伝統的な花火や近代的な花火と、さまざまな形で大会を楽しむことができますよ。

当日は混雑が予想されるため、公共交通機関の利用をおすすめします。土浦駅からシャトルバスが出ているため、そちらを利用するとよいでしょう。また、こちらの花火大会を見るために宿泊を予定している方もいるようです。

荒天の場合は、10月27日(日)か11月2日(土)のいずれかに延期予定です。

土浦全国花火競技大会詳細

  • 開催地:茨城県土浦市佐野子地内桜川畔
  • アクセス:JR常磐線土浦駅からシャトルバスで10分、徒歩で30分
  • 開催日時:2019年10月26日(土)18時00分から20時30分まで
  • チケット:あり(11,000円~)

土浦全国花火競技大会

8.東京都立川市「立川まつり」

花火 PIXTA

東京都立川市行われる立川まつりは、国営昭和記念公園内で行われる花火大会です。三寸玉やスターマイン芸協玉、匠玉などの種類豊富な花火が、約5,000発、打ち上げられます。昨年は、約23.7万人の方が足を運びました。

当日、国営昭和記念公園は18時以降無料で入場することができます。混雑が予想されるため、有料にはなりますが18時前から会場入りすることをおすすめします。国営昭和記念公園には、豊富なアスレチックがあるこどもの森や水遊び広場など昼から子供が遊べる場所がたくさんあるため、花火が始まる前からでも楽しく過ごすことができるでしょう。

立川まつり詳細

  • 住所:東京都立川市緑町3173
  • アクセス:JR中央線・立川駅下車徒歩15分
  • 開催日時:2019年7月27日(土)19時00分から20時00分まで
  • 駐車場:あり(花火大会専用のものはなし)
  • 入場料:450円(18時以降無料)

立川まつり

出典元:

9.千葉県佐倉市「佐倉花火フェスタ」

花火 PIXTA

千葉県佐倉市で行われる佐倉花火フェスタは、関東最大級の花火を見られる大会です。音楽と連動し、約10分間に8,000発の花火、ビッグスターマインが連続で打ち上げられます。直径約500メートルの大輪が夜空に咲く二尺玉も佐倉花火フェスタの目玉です。

開会式は19時からで、打ち上げ花火が始まるのは19時20分頃からです。当日は、混雑を予想し周辺道路に交通規制をかける場合があります。早めに会場へ向かうことをおすすめしますよ。

佐倉花火フェスタ詳細

  • 住所:千葉県佐倉市臼井田2714
  • アクセス:京成臼井駅下車、徒歩30~40分、京成佐倉駅下車、徒歩40~50分
  • 開催日:2019年8月3日(土)19時00分から開場
  • チケット:あり(2,000円~)

佐倉花火フェスタ

10.栃木県宇都宮市「うつのみや花火」

花火 PIXTA

栃木県宇都宮市で行われるうつのみや花火は、「絆」をテーマとした花火大会です。2019年の花火大会では、約30,000発の花火が打ち上げられます。

2019年6月29日、6月30日の2日間、宇都宮市内にある幼稚園や保育園、子供発達センターなどの年長児童による創作花火の展覧会が行われます。飾られた絵の中から抽選で、実際の花火となって打ち上げられます。子供の夢をかなえつつ、地元愛にあふれた花火大会ですね。

うつのみや花火詳細

  • 開催地:宇都宮市道場宿緑地
  • アクセス:JR宇都宮駅からシャトルバス
  • 開催日時:2019年8月10日(土)18時30から20時15分まで(予定)
  • チケット:あり(1,500円~)

うつのみや花火

迫力満点の花火大会を関東で楽しもう!

花火 PIXTA

関東地方での行われる花火大会は、開催地ごとにテーマが異なりどれも見ごたえがありそうなものばかりですね。宇宙をテーマにした花火や、劇場型の大会などどれも楽しめそうです。

当日はどの花火大会も混雑が予想されるため、周辺状況はこまめに確認することをおすすめします。

おすすめ記事

「花火大会」「関東」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧