なかなか開かない子宮口。痛みが限界、とうとう自力で○○に…!|アラサー初出産レポ#5

長引く陣痛に耐えながら、子宮口が開くのを待つもす(@mosumanga30)さん。朝の内診では4cmで、夕方の内診で「開いて来ましたね!」という言葉に一瞬喜ぶも、結果はたった1cmしか変わっておらず落胆…。助産師さんからは破水をしたら呼ぶように言われ、そのまま放置されてしまいます。陣痛のつらさが限界で、これ以上耐えきれないもすさんはあることを企てるのですが…。「アラサー初出産レポ」第5話です。

©もす

©もす

©もす

©もす

©もす

もす(@mosumanga30)さんのインスタグラム

そろそろ子宮口が開いてきた頃だろうと思ったら、たった1cmしか変わっていないとなると、絶望的な気持ちになるのも仕方がないですよね。いったいいつになったら生めるのだろうと不安になってしまいます。自力で破水を試みる気持ちも、思わず共感してしまうのではないでしょうか。

気になる第6話は、6月22日配信予定。次回をお楽しみに。※バックナンバーは下記のリンクよりごらんください。

「アラサー初出産レポ」
バックナンバー

おすすめ記事

「初」「出産レポ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧