1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 盗難補償ってどこまで補償してくれるの?|何も盗まれなかった!?空き巣の手口#14

盗難補償ってどこまで補償してくれるの?|何も盗まれなかった!?空き巣の手口#14

ワーママとして2人の子どもの育児中のあおば(©あおば)さん。あるとき、知人が空き巣にあったそう。まりの家は新築戸建てですが、家を購入した際、火災保険の「盗難補償」に入っていました。今回も保険はききそうですが、わからないこともおおく…。空き巣被害が二度目となるため、何も盗まれなかった!?空き巣の手口、第14話です。

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

©あおば

火災保険の「盗難補償」。おおくの人は「まさか使うことはないだろう」と思っているのではないでしょうか。場合によっては保険の更新時に「必要ないな」と見直す部分かもしれません。しかしまり夫婦のように、二度もお世話になることもあるのですね…。

そしてまり夫婦が保険のことを整理しているとき、警察から一本の電話がかかってきました。次回へ続きます。

続きとバックナンバーはこちら

あおばさんのブログはこちら

あおば(@ao_ba0524)さんのインスタグラムはこちら

おすすめ記事

「漫画」「空き巣」「防犯」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事